こんにちは!のぼうです。

 やっとブログの記事も8月に突入しました(#^.^#)

 ところで、半世紀以上人間をしているのぼうですが、未だに嫌いなものが・・・
  香味野菜・・・食べれない
  黒と黄色のツートンの蜘蛛・・・百足、ゴキブリは大丈夫!
  高いところ・・・高所恐怖症
  ゾンビ映画は大丈夫だけど、本当にあった怖い話は無理(笑)
なんとも弱点だらけの親父です(笑笑)

  そんな親父の弱点を少しでも克服するため、久しぶりに行ってきました。
  ひとりっきり男キャンプ!(笑) ・・・・今回は四国山中へ、ひとりでキャンプに行くのは2年ぶりです。


DSC_0433.jpg
 8月11日(金) いつもの竹原市忠海港、7時30分発のフェリーで出発です。

DSC_0444_201708242151271cb.jpg
DSC_0441.jpg
 快晴のしまなみ海道を駆け抜けます。

DSC_0446_2017082421512925d.jpg
 今朝の見近島、既に何人もの方が前日から幕営されていました。

DSC_0447_2017082421513015e.jpg
 来島海峡大橋を渡り、いよいよ四国へ
 大三島の盛港から四国上陸まで約1時間、いつものフェリー便だと9時には今治に上陸できます。

DSC_0450.jpg
 今治から、R317~県38~R193~県13を経由して、R194へ
 まずは寒風山トンネルを目指します。
 いつもは、長い(新)寒風山トンネルを抜けてから左折、瓶が森林道を目指しますが、今回は、(新)寒風山トンネルの手前から左折し、(旧)寒風山トンネルを目指します。

DSC_0451_2017082421513329c.jpg
 (旧)寒風山トンネルへの道はこんな感じ、途中で小さい落石などありましたが、乗用車でも大丈夫でした。(何台も対向車とすれ違いました。)

DSC_0454_20170824215135a17.jpg
DSC_0455_20170824215136f51.jpg
 いつもは、反対方向から見ている(旧)寒風山トンネルです。
 トンネル内は照明がなく、暗いトンネルです。
 いよいよ瓶が森林道へ、今夜の幕営を予定している「しらさ野営場」を目指します。

DSC_0464.jpg
DSC_0468_2017082421513994a.jpg
DSC_0484_20170824215142acb.jpg
 少しガスってましたが、いつもの絶景が目の前に広がります。
 標高1000mも超えると、やはり涼しいですね。体感気温は春です。
 さあ、少し早いけど、幕営地へ・・・

DSC_0487_20170824215145a4c.jpg
 シラサ峠近くにある、「山荘しらさ」です。
 野営場の利用は、まず山荘で受付とネットで確認していましたが、閉鎖されて久しい雰囲気です。
 どうしよう・・・。

DSC_0486_20170824215144a50.jpg
 看板がありました。ネット情報では、ここに受付などの案内が張ってありましたが、張り紙などは一切ありません。
 看板の横に下れる小道があったので、とりあえず探検を(笑)
 少し降りると、立派なトイレが、でもその周辺に野営できる雰囲気はなく草木が茂っていました。あんまり、降りると「本当にあった怖い話」みたいに何か出てきそうなので、早々に退散(笑)
 やむなく、もう一つの幕営予定地「白猪谷オートキャンプ場」を目指します。

瓶ヶ森
 ↑ここです。
 しらさ野営場(跡地?)からよさこい峠へ、県40を下っていきます。
 県40沿いにあるので、迷うことはありません。
 約20分くらいで白猪谷オートキャンプ場へ到着しました。

DSC_0489_201708242151476c9.jpg
 到着したのは午後3時過ぎでした。
 のぼうの他に、キャンピングカーの方が一人、車で来られた方が二人、既に幕営されてました。(ちょっと安心
 白猪谷オートキャンプ場は、炊事棟、トイレなどきれいに整備されていました。外灯もいくつか設置されていて、夜、トイレに行くときも寂しくありません(笑) 勿論、トイレも照明が点灯します。
 適度な広さの2面の幕営地があり、利用は無料です。(画像を撮り忘れました。
 幕営地の地面はやや固く、石など埋まっている感じでしたが、それほど苦労することなくペグを打ち込めました。
 あと、電波状況は悪くて、電話は不通に。ネットも時折繋がったりしましたが、まず繋がらないと思った方が良さそうです。

DSC_0493_201708242151481a2.jpg
 キャンプ場の横を流れている川で行水です。
 周りに人もいないので、生まれたままの姿で川につかって・・・まあ、誰も見たくないと思うけど(笑)

DSC_0496_20170824215218ac8.jpg
DSC_0494_20170824215150c28.jpg
 晩ご飯は、途中で買い出しした、松山名物鍋焼きうどんと何故か北海道のジンギスカン。
 愛媛県に乾杯!(白猪谷オートキャンプ場は高知県ですが。)

DSC_0502.jpg
 簡単に晩ご飯を済ませていると、車で来られていた二人組の方、Nさん、Kさんから、「良かったら、寄られませんか」と暖かい声を掛けていただき・・・図々しくも(手ぶらで)訪問させていただきました。

DSC_0516_20170824215226a45.jpg
 ↑ここです(笑) 
 画像は、翌朝のものですが、目に飛び込んで来たのは、重厚な4WD「ランドローバーディフェンダー」。
 率直に、かっこいぃ~(男のあこがれ
 オーナーのNさんに伺ったところ、総アルミボディで軽量、2500ディーゼルエンジンと排気量は控えめだけど、軽量なのでぐいぐいと走り、燃費も良いよとのこと。(いいことずくめ
 ただし、販売代理店がメンテできないとのことで、Nさん自らメンテナンスしているとのことでした。(この段階でのぼうには無理

 さて、夜の話にもどります。
 Nさん、Kさんに、ハイエースオートキャンパーのHさん、そこにのぼうも参加させていただきました。

DSC_0508.jpg
 新鮮な鮎の塩焼きに・・・。

DSC_0510_20170824215224576.jpg
 いさき(間違ってたらごめんなさい)のお造りをいただき、遠慮なく(図々しくも)いただきました
 いやあ~美味しかったです。
 四国の山中で、美味しいお造りをいただけるとは思ってもいませんでした。(普通そうです)
 車、バイク、リタイア後の楽しみ方などの話題で盛り上がり・・・。
 楽しい時間を過ごすことができました。
 Nさん、Kさん、Hさんありがとうございました。
 11時過ぎた頃に就寝・・・。

 今回の表題「四国山中、男ひとりっきりキャンプ」を改めます。
 題して、「四国山中、新鮮な鮎に舌鼓、宴キャンプ!」(笑)

 そうそう、白猪谷オートキャンプ場には、外灯が設置されてますが、のぼうが幕営したのは外灯の直下、おかげで夜中にトイレに行くのも寂しくありませんでした(笑) 弱点の克服までには遠い道のりだなぁ(笑笑)

 後編に続く
 こんにちは!のぼうです。

 お盆も過ぎたというのに、ブログは未だ7月末です(笑)

 さて、記憶も少し怪しくなってきた(歳なもんで)、奥出雲オロチづくしツーリングの後編です。
 けっこう厳しい雨に打たれながらも、初志貫徹・・・三人が着いたのは、広島県東広島市福富町久芳にある県央の森公園キャンプ場です。
 以下HPから「鷹の巣山の中腹にあり、自然林に囲まれたテントデッキ、テントサイト、炊事等を備えたキャンプ場。作業棟などの施設は有料で事前の予約が必要だが、キャンプ場施設は自由に利用可能。」ということで、無料のキャンプ場です。
 
kennou.png


 実は、ざわさん、初バイクキャンプです。

DSC_0404_201708212016035f7.jpg
 まずは、居酒屋「のぼう」の開店準備です。
 オレンジさんは日帰りですが、晩ご飯までノンアルで参戦です。

DSC_0406.jpg
 まずは、乾杯です!

DSC_0408.jpg
 メニューはちょっと豪華に焼き肉です。
 使い捨てコンロを使いましたが、気楽で良いですね。
 縁のアルミをめくれば、炭の補充もできるし、なかなか優れもの(笑)

DSC_0411_20170821201607d1f.jpg
 ご満悦のざわさんです。
 ここで、日帰りのオレンジさんを見送り、そうそうオレンジさんもツーリングテントを買ったとか、次回は幕営しようね!
 
DSC_0413_2017082120160840e.jpg
 宴会途中で雨が降り出して、炊事棟に避難、さらに宴会は続く(笑)
 なんや、かんや語り尽くして(ざわさん、おもしろくない話ばかりでゴメンなさい。)、雨が止んだのを見計らって、就寝です。

DSC_0418_20170821201611331.jpg
 昨夜、あんなに飲んだのに、元気なざわさん、朝のメニューは・・・

DSC_0416_20170821201610ec1.jpg
 やっぱり塩ラーメンですね。
 汗とともに失われた塩分をしっかり補充できます。夏のツーリングの必需品(笑)

 さて、この日の予定は、このまま帰宅です。
 キャンプ場を引き上げるまえに、ちょっと施設等の説明を・・・。

DSC_0427_20170821201620a9b.jpg
 山間のキャンプ場で、標高(忘れた)もそれなりにあるので、真夏以外は結構涼しく過ごせそうです。
 ただ、全体的には少し斜面になっています。南側の石垣で囲まれたところと、北側の駐車場横は平面になってますよ。

DSC_0424.jpg
DSC_0420_20170821201613ebe.jpg
 炊事棟です。きれいに整備されていて、水道も使えます。
 ツーリングテントなら中に張ることができます。雨の際などの避難にも使えます。

DSC_0425_20170821201617b11.jpg
DSC_0426_20170821201619cf6.jpg
 トイレ棟です。トイレ棟は1カ所ですが、画像のとおりきれいに整備されています。

 のぼうん家から30分程度で行ける位置にあります。
 きれいで無料のキャンプ場、使うときはマナーを守ってきれいに使いたいですね。

DSC_0423_201708212016141d7.jpg
 初キャンプを終えて、満足そうな表情のざわさん。
 昨夜の酒の影響で、ふらふら撤収にもたつくのぼうより、よっぽど手際良かったです(笑)

 今回を振り出しに、またキャンプしようね!

 親父の備忘録ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 いよいよ8月だぁ~(笑)




こんにちは!のぼうです。
 
 暑い日が続きますね。
 最近は更新も滞りがち
 周回遅れから、2周回遅れになってしましました
 
 と言うわけで、7月29日(土)、神話の里奥出雲へオロチ(謎)を求めて行ってきました(笑)


 道の駅湖畔の里福富で同行してくれる、ざわさん、おれんじさんと合流です。
 ざわさん、最近よく一緒に出かけるけど、家庭は大丈夫なのか・・・ちょっと心配です。

 R375~備北広域農道~R183~R314へ

DSC_0363_20170815212812747.jpg
 奥出雲”おろち”ループへ

DSC_0354_20170815212808ff6.jpg
 向かい側にある鉄の彫刻美術館(無料)へ

DSC_0356_201708152128090c2.jpg
 近代芸術というのでしょうか、凡庸なのぼうにはちょっと解りにくい芸術作品が一杯です。

DSC_0360_20170815212810a00.jpg
 鉄の美術館で、”おろち”像を発見!

 奥出雲おろちループから次の”おろち”を求めてR314を北上します。

IMGP1338.jpg
IMGP1347.jpg
 やかわ駅で、次の”おろち”を待ちかまえます

DSC_0372_201708152128155eb.jpg
IMGP1343.jpg
 やってきました!トロッコ列車「奥出雲”おろち”号」!  見るだけだけど・・・。
 JR木次線/木次駅~備後落合駅間を1日1往復しているそうです。

IMGP1340.jpg
 窓のないオープン車両のお客さんが、弁当とか購入されてました。
 右端に写っている売り子?のおじさん、上下とも白い服だったので、なんの人だろうと思ってました(笑)

 やかわ駅から奥出雲へ、お昼は「山県そば」さんに寄りました。

IMGP1350.jpg
 お店の前で”おろち”発見!

 注文は、奥出雲産そば粉を100%使った「”おろち”そば」です
DSC_0375_20170815212822f82.jpg
 目の部分は蕎麦の実と古代米を使用しているとことでした。
 蕎麦の香りがちょっと幸せな気持ちにさせてくれます。
 人気店らしく、お客さんは切れることはありませんでした。日曜日のお昼は、結構待つようです。 

DSC_0376_20170815212824cf5.jpg
 ざわさんが注文したのは麺Wです。ざわさん、蕎麦大好きとのこと。

DSC_0377_20170815212825373.jpg
 おれんじさんも、負けずに麺Wです。
 二人とも、麺Wなのに、ささっと平らげてました

DSC_0381_20170815221226692.jpg
 食後は、そば湯でいれた珈琲のサービス、まったりとした飲み心地でした

 食後は、美肌の湯を求めて、斐乃上(ひのかみ)温泉にあるかたくりの里「民宿たなべ」さんへ
DSC_0388_20170815212833011.jpg
DSC_0387.jpg
 アルカリ性単純温泉は無色透明無臭で、ねっとりとした湯質の湯は、含まれる成分が薄く刺激が弱いため、つかったときの心地が良く、アルカリ塩類によって肌がすべすべ、つやつやになる! そうです。

DSC_0396.jpg
 サービスショット!です
 青いハートの下には、”おろち”が隠れています(笑)
 温泉の居心地が良かったので、バイク談義などなど1時間以上つかってっました。

 ”おろち”三昧のツーリング、何匹の”おろち”がいたでしょうか(笑) 

 さあ、次の目的地(東広島市福富町 県央の森キャンプ場)へ向かいます。
 この日は、ざわさんのバイクキャンプぷちデビューでした。
  
 後編に続く・・・

DSC_0399_2017081521285599d.jpg
 (おまけ)
 キャンプ場に行く途中、雨に降られました。
 笑顔でカッパを着るざわさん、思えばざわさんと走る時はよくカッパを着ている気がする。
 雨男云々ではなくて、降水確率をあまり気にせず走っているから(笑)
 でも、それも楽しく思えてしまう。
 


  




こんにちは!のぼうです。

 相変わらずの1週間遅れの更新です

 
 先週23日(日)、山の神の下命により、家族を連れて神戸市北区にある神戸三田アウトレットパークまで行ってきました。
 10時のオープン前に到着して、山の神ご一行をお見送り・・・行ってらっしゃいませ!
 
 しばしの間ですが、自由の翼を得て今回は神戸から北上します。

 今回の目的地は、神戸の浪費男さんのブログで見かけたライダーに人気のお店

 三田から県308で北上します。
 県308で見かけた、お茶のつみ取り作業です。このルートではあちこちに茶畑が広がっていました。



 途中、篠山城へ

IMGP1281.jpg

IMGP1284.jpg
 徳川家康の命で慶長14年に築かれた篠山城。
 元々天守閣は築かれていなかったそうです。
 
IMGP1305.jpg

IMGP1300.jpg
 石垣は当時の原形を保っています。
 西国の諸大名ににらみを効かせるために築城された実践向けの城郭は、今も威圧感があります。

 ここから、県702~R173へ
 目指すは・・・

DSC_0339_20170730181152130.jpg
 「風輪里(ふわり)」さんです。

IMGP1322.jpg
DSC_0329.jpg
 店内には、ホンダGL400が展示されてました。
 実は、のぼうも色違いのGL400に乗っていました。いやぁ~懐かしい

IMGP1328.jpg
DSC_0338.jpg
 店内は、バイクぐっずなどもあり、ライダーに人気なのがよくわかります。
 注文したのは・・・

IMGP1323.jpg
 浪費男さんのブログに習って「豚カレーうどん」と「ひまつぶし」・・・思えば、浪費男さんの記事は3月初旬、この暑い時期にカレーうどんかと一瞬躊躇しましたが、やっぱり美味しそう!
 太麺でこしのあるうどんでした。
 懐かしいカレー味で、ちょっと病みつきになりそな美味しさでした。

IMGP1335.jpg
DSC_0340.jpg

 風輪里からR173を南下し、篠山から県49へ
 立ち寄ったのは、バイカーズカフェ虎亀さん
 この日は、時折、雨模様の天気でしたが、ライダーさん達が寄っていました。
 店内には、色々なチームのステッカーが貼ってあり、一瞬、KY企画のステッカーをと思いましたが、車で寄ったただのおっさんの出で立ちだし、聞く勇気もなく(笑)
 コーヒーを飲んでいると、山の神から「お迎え」指令が入り、早々に退散。
 
 お買い物の袋を抱えた山の神ご一行をお迎えして帰路へ
 皆さん、お買い物疲れか、よく寝てらっしゃいました
 山の神さま、今回のポイントは何店でしょうか(笑) 

 
 これで、またあちこちへ遠征できそうです 



 こんにちは! のぼうです。

7月16日(日)、 四国遠征二日目の朝です。
 ざわさん、朝から爽やかな笑顔です



 今日は、足摺岬、そして柏島を巡る予定です。

DSC08991.jpg
 民宿「清龍」さん、お世話になりました。
 シャッター付きの地下駐車場は、バイク乗りにはとっても嬉しかったです。

DSC08994.jpg
 民宿から県27(西回り)で足摺岬には、30分あまりで到着。

DSC08995.jpg
 ジョン万次郎の銅像前にて

DSC08993.jpg
IMGP1234.jpg
DSC_0229.jpg
 足摺岬灯台の先に小道を発見、早朝で人気もないので、ちょっとカブでまわってみました。
 
 足摺岬から県27(東回り)~R321~県43経由で、いよいよ柏島へ

DSC_0258_20170725202432c44.jpg
 先に見えるのが柏島です。
 確かに、海の色が違うっ!!!
 瀬戸内海じゃお目にかかれない

DSC_0239_20170725202419997.jpg
IMGP1246.jpg
 柏島に渡る橋のところにある海水浴場です。
 海の透明度に驚きです。

DSC_0252.jpg

DSC09016.jpg
 カメラを構えていると、橋の上からダイビングしてました

DSC09019.jpg
 無事着水!

 とにかく海の透明度がすごくて、きれいな海でした。
 次回は、秋くらいに誰もいない海を見てみたいですね。(また来よう!)

DSC_0255_20170725202429e55.jpg
 柏島の手前、観音岩展望台にて

 柏島から県43~R321~(宿毛)~R56~(四万十市)~R441で四万十川を上っていきます。
... 続きを読む