FC2ブログ

ぶらりカブ散歩 ~沈黙の要塞編~

 こんにちは! のぼうです。
 この週末は穏やかな天気でしたね。 
 
 というわけで、本日(1月21日)久しぶり(でもない)に”しまなみ海道”を駆けてきました。
IMGP1938.jpg

IMGP1934.jpg
 いつもの7時30分忠海港発のフェリーに乗るべく、やっぱりいつもの(失礼!)ざわさんと港で待ち合わせです。

IMGP1946.jpg
 大三島に上陸後、定番の”聖地”で今年初のショット!

IMGP1957.jpg
 続いて立ち寄ったのは、大島にある「石文化運動公園」です。
 特産の大島石を使った公園とのことで、野球場、多目的グラウンドがあり、その周囲に公園がありました。

IMGP1962.jpg

IMGP1963.jpg
 色々な作品が展示されています。
 くり抜かれたピカチュウです。(どうやって作るんだろ?)

IMGP1964.jpg
 石の滑り台、残念ながら使用禁止でした。

DSC_1143_201801212007305a2.jpg

DSC_1142.jpg
 多目的グランドの周囲には、村上水軍の兵士などの石像が並んでいます。

IMGP1972.jpg
 しまなみ海道でも随一(と思う)の展望が広がる亀老山展望公園です。
 眼下に見える来島海峡大橋ですが、その先に今日の目的地である「要塞」が浮かんでいます。
 要塞には、馬島発10時30分のフェリーで向かいます。

IMGP1974.jpg
 フェリーに乗り、来島海峡大橋を下から眺めます。
 時間がなくて、馬島のフェリー乗り場の画像はありませんが・・・

IMGP2005.jpg
 これが、今治の波止浜港~来島~小島(おしま)~馬島を結ぶ、フェリー(?)です。
 前方には、軽自動車1台分くらいのスペースがありますが、今は自動車の搬送はできないそうです。

IMGP2002.jpg

IMGP1999.jpg
 バイクもカブで3台が精一杯ですね。

IMGP1982.jpg

IMGP1976.jpg
 馬島を出港し、時折、潮の流れに揺れながら(結構揺れました)、「芸予要塞 小島」へ渡ります。 

IMGP2001.jpg
 馬島から10分の航海で小島に到着しました。
 ところで、このフェリーですが、結構良いペースで走りますが、接岸に際しては、絶妙の操船でピシャリと決めてくれます。
 接岸から、乗り降りを済ませて、出発するまでが早い!(ちょっと感動)

 さて、芸予要塞 小島ですが・・・観光HPから借用「小島は愛媛県今治市沖の来島海峡に浮かぶ小さな島です。
この小島には日清戦争当時、日露戦争を予感した大日本帝国がロシア海軍の侵攻を防ぐために築いた海岸要塞があります。明治32年から2年間の突貫工事で、当時の30万円の巨費を投じ、砲台や赤煉瓦の兵舎、火薬庫などが作られました。こうした施設が当時のまま残っている貴重な遺跡です。」とのこと。

 短い期間で用済みとなり、その後、被災することもなかったので、当時の面影がそのまま残っている訳です。

IMGP2015.jpg

IMGP2012.jpg
 小島の桟橋から見えるところに、「28cm榴弾砲」が据え付けられています。
 実は、NHKの「坂の上の雲」の撮影のため忠実に復元されたものを譲り受けたものだそうです。
 レプリカですが、重厚な金属製で迫力があります。
 砲身にはライフルも刻まれていました。

IMGP2014.jpg

IMGP2008.jpg
 この芸予要塞には、実際に「28cm榴弾砲」6門が据えられていましたが、旅順要塞攻略のため、2門が旅順に送られたそうです。

IMGP2019.jpg

IMGP2028.jpg
 要塞の島を巡ります。
 南部砲台跡の地下室(弾薬庫?)です。

IMGP2043.jpg
 北部砲台跡にある発電所跡です。

IMGP2044.jpg
 北部砲台跡です。向かって左側に、砲台設置箇所と地下室が並んでいます。
 小島の道路は、殆どがこの画像にあるコンクリート道で、幅も1m余りで車の走行は出来ません。(というより、車は上陸できませんが・・・。) 枯れ葉が堆積している箇所も多く、自転車もあまりお勧めできません。
 観光の際は、徒歩がベストかな。(バイクなら原付まで)
 徒歩でも1時間半で一通り、回れます。(看板にそう書いてありました(笑))

IMGP2048.jpg

IMGP2050.jpg
 北部砲台跡の一部は、爆撃演習の的にされて、一部が破壊されていました。

IMGP2055.jpg

IMGP2061.jpg
 上は、中部砲台跡の兵舎跡です。
 下は、中部砲座跡と来島海峡大橋です。
 この砲座に28cm榴弾砲が据えられていました。

 1時間余りで散策を終了し、芸予要塞を後に、先ほどのフェリーで今治市波止浜港へ向かいます。
 
IMGP2071.jpg
IMGP2074.jpg
 小島を出航後、まずは来島へ寄ります。
 この島もかつて来島村上水軍の本拠地として、難攻不落の天然要塞だった(要塞つながり)そうです。
 
IMGP2082.jpg
IMGP2092.jpg
 左右に造船所が並んでいる中を進んでいきます。波止浜港の待合室の隣にある灯明台です。「和式灯台」とも呼ばれ、明治になって洋式灯台が築かれるまでは、灯台の役目を果たしていたそうです。

IMGP2098.jpg

IMGP2095.jpg
 お昼ご飯は讃岐うどん「松製麺所」へ
 ネット検索で評判の高いうどん屋ということで選択しました。お昼時だったので、結構行列が出来ていましたが、回転が早いので、15分程度で食べれました。
 のぼうは、”かけ”ですが、いりこの効いただしはあっさりと美味しく、腰のある麵はのどごし良く、評判どおり美味しいお店でした。

IMGP2102.jpg
IMGP2100.jpg
 食後は、近くにある「海山城展望公園」へ
 360度が見渡せる公園で、とびしま海道の大崎下島と岡村島を結ぶ橋もしっかりと見えました。
 桜の木が多く、春には花見客で賑わっていそうです。

IMGP2116.jpg
IMGP2112.jpg
DSC_1147_20180121200731cd5.jpg
 最後は、今治市の北の先っちょとなる「大角海浜公園」へ
 ここにはキャンプ場もあって、夏場には海水浴で賑わっていそうです。

 しばらくまったりと過ごして帰路へ(いつものとおり、時間がなくてノンストップ(笑)で盛港へ)

 今年初めてのしまなみ海道でしたが、これまで訪ねたことがないところを回ってみました。
 芸予要塞跡は、100年前にタイムスリップしたような感じでした。当時はロシア艦隊が瀬戸内海に侵入することまで考えていたのですね。使われることなく廃止されましたが、幸いだったのでしょう。
 現代も、あまり変わることなく、先進国でも軍備拡張が行われてますね。そういうものに頼らなくてもよい時代がくると良いのですが・・・。

 ざわさん、新年早々、お付き合い(既に2回目)いただき、ありがとうございました。
 また、次回、宜しくお願いします(笑)

 親父の備忘録ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。


 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!
写真のフェリー、GSを載せてみたいけどきっと断られそうですね(笑)
しまなみ海道の小さいものも含めフェリーって
調べてみるとたくさんあるんですね!

淡路にもありますが(こちらは紀伊水道)、
瀬戸内海の防衛拠点って各地にありますね。
使われる事がなかったのが幸いですが
当時の外国に対する備えが感じ取られる遺構は見てるとタイムスリップした気持ちになりますね。

浪費男さん、コメントありがとうございます!

 かわいいフェリーですが、GS1台なら乗せてくれそうです。(料金設定もあるので)ただ、芸予要塞は、徒歩上陸はカブ程度が良さそうですね(笑)

 当時は、大国ロシアの艦隊に席巻されると考えて、知恵を絞って対抗策を考えたのでしょうね。遺構を回って感じましたが、当時から100年以上経過しても、あまり変わっていないということです。(今はミサイル防衛になっただけ)
 必要がなくなる時代が来ると良いですね。
 

いいですねー

やっぱりしまなみっていい!

ゆっくりしまなみ探索したいです(>w<)

他の島もいろいろ歴史があるからおもしろそうですね♪

ゆーさん、コメントありがとうございます❗️
しまなみ海道も随分と走った気になってましたが、まだまだ未知の場所がありました(笑) 多島日と歴史と兎に触れあえるしまなみ海道、是非、お越しください❗️
迎撃に、もといご案内しますよ(笑)
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数