先日のキャンプ(まだアップしてないけど)で、親方が持ってきたスキレット・・・なかなか面白そう。
 話を聞いていると、ニトリのスキレットが人気があるとか
 と言うわけで、早速、買ってきました!

DSC07158.jpg
 スキレットは、鋳鉄製の厚手フライパンです。
 今回は携帯性も考慮して15cmスキレットを2個購入しました。(2個でも千円でおつりが来ました)
 スキレットの長所は、
 ①自然に鉄分の補給が出来る
 ②熱効率が良く短時間で調理出来る
 ③熱が均一に伝わり素材の旨みを引き出せる
 ④外がカリッと中がフワっと焼ける
 ⑤料理を熱々でそのまま食卓に出せる
ちょっと引用させて貰いました

 使用する前に、「シ-ズニング」という儀式を行う必要があります。
 これは、新品時に塗られているサビ止め油を洗い流し、新たに食用油でサビ止めを行うなどの作業です。
 色々ネットで見る中、比較的簡単な方法で行ってみました。 

DSC07158.jpg
① 水を入れて沸騰させ、しばらくして水を捨てます。その後、しばらく空だきをします。

DSC07160.jpg
② 薄く食用油(のぼうはオリ-ブ油を使用)を塗って、バーナーにかけます。
  焼けてくると、煙が上りますが、気にせず焼きを入れていきます。焼けてくると、少し白っぽくなります。
  バーナーから降ろして冷めるのを待って、オリーブ油を塗って・・・

DSC07167.jpg
③ 柄の部分も忘れずに・・・。

DSC07162.jpg
 ここでちょっと失敗・・・熱く焼けたスキレットを鍋敷きに置いたら、焼けちゃいました

DSC07175.jpg
 ノボウは②の作業を4回ほど繰り返しました。
 その後、オリーブ油をキッチンペーパーで塗り込んで終了しました。
 ネットで紹介されている中には、この後、くず野菜等を炒めるとかもありましたが、今回は省略しました。

 さて、儀式が終わると試してみたくなるもの
DSC07202.jpg
 オリーブ油にローズマリーの葉を加えて・・・。

DSC07206.jpg
 お試しは、トンテキにチャレンジ!
 塩胡椒、お酒で下ごしらえした豚肉に、マダイさんの奥様から戴いた魔法の粉をふりかけて

DSC07215.jpg
 出来上がり! 
 思ったより短時間で焼けました。
 均一に火が通っていて、美味しく焼けました!(美味しいのはマダイ奥様の魔法の粉のおかげ大です
 スキレットのまま食卓へ

DSC07220.jpg
 食べ終わったら、まずはキッチンペーパーで拭き取って、水を入れて沸騰させます。
 その後、水を捨ててキッチンペーパーで水気を拭き取り、オリーブ油を塗り込んでおきます。
 
 安価なフライパンですが、いろいろと使えそうです
 次回のキャンプでは活躍してくれそう。
 親方、kageさん、アツアツの料理をご馳走するからね

 なお、シーズニングの方法は色々とあるようで、のぼうの方法はその一例です。
  


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gsraider.blog.fc2.com/tb.php/202-8fbafb2b