fc2ブログ

曇天の小豆島 ~ 瀬戸内芸術祭の残影を求めて~

  こんにちは! のぼうです。

 今週は猛烈な寒波の襲来で日本全国冷え込みましたね。

 なかなかバイクに乗れないことから、昨年、11月以降の古ネタで繋いで行こうかと(笑)

 さて、手始めの古ネタは11月中旬のこと、”寒霞渓の紅葉”と”ライハオーナーの生存確認”のため、小豆島に渡ったときのお話です。

  
CENTER_0001_BURST20231111161631164_COVER.jpg

 「スター・アンガー」という作品で、坂手港の灯台跡地に設置されています。 

 光り輝く球体の上で、水の神様として知られる龍が叫びをあげています。 なかなか奇抜な作品です。



DSC_9999_2024012322094641f.jpg

DSC_0009_20240123220921da7.jpg

 この日は雲の多い日でしたが、雨は降りそうになかったので予定どおり、10時10分のフェリーで新岡山港から小豆島土庄港を目指します。

 11時20分小豆島土庄港に到着、1時間10分の船旅はお昼寝に丁度良いです。



DSC_0026_20240123220924f96.jpg

DSC_0015_20240123220921713.jpg

 いつものお約束、まずは”おおみねのうどん屋さん”でお昼ご飯です。

 喉ごしいいんですよね、ここのおうどん。(好き)



HORIZON_0002_BURST20231111124236866.jpg

 まずは、目的のひとつ、寒霞渓の紅葉ですが・・・ちょっと早かったかな。

 この段階で、ツーリングの目的は、”ライハオーナーの生存確認”が繰り上がります。

 寒霞渓ロープウェイ紅雲亭駅に駐車して、ここから歩いて登ります。 

 思えば、この道を登るのは3年前にむらさんと歩いた以来です。 →晩秋のお遍路と小豆島
 


HORIZON_0001_BURST20231111125407769_COVER.jpg

HORIZON_0001_BURST20231111125459183_COVER.jpg

 途中、少し晴れ間が見えましたが、ほんの束の間でした。 約1時間で山頂へ到着です。 

 

DSC_0047_202401232209246c4.jpg

 山頂の展望台付近から望む風景です。 空はやっぱり曇天です。



DSC_0058_20240123220925634.jpg

DSC_0097_20240123220928c1e.jpg

 3年前は歩いて下山しましたが、今回はロープウェイで下りました。

 これまで幾度となく小豆島を訪問しましたが、実は初ロープウェイでした。(笑)




DSC_0102_2024012322092818c.jpg

 寒霞渓を後にして、瀬戸内芸術祭の作品を巡ります。

 二十四の瞳映画村前の駐車場横に設置されている「愛のボラード」(清水久和作)と言う作品です。



DSC_0119_20240123220931f96.jpg

DSC_0131_20240123220933307.jpg

 「アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社(ビート神社)」です。

 HPから「高さ8メートルの彫刻が井戸に出現! 井戸に登場する巨大な彫刻。古井戸の底に潜む地霊的化け物が、人々を脅かすという寓話的な設定だ。」とのこと。

 手形は、ビートたけし×ヤノベケンジ(制作者)のものです。 ヤノベさんは「スターアンガー」の制作者でもあります。

 
 
DSC_0132_20240123220934611.jpg

 買い出しを済ませ、この日の最後に立ち寄ったのは、「オリーブのリーゼント」です。 

 ヘアスタイルがリーゼントで、オリーブに似た顔型の立体作品です。くぼんだ部分には野菜や果物が置ける仕組みだそうです。
 

 さあ、今年(令和5年)2回目の”ライハのツボ”訪問です。




HORIZON_0002_BURST20231112075910383.jpg

 オーナーの生存を確認しました。(笑)

 この日は、他に2人の宿泊があり、晩ご飯はお鍋でした。(ご馳走様でした)
 
 さて、ライハのツボのシステムをちょっとご紹介です。
 宿泊が一人だけの場合、基本素泊まりになります。 
 二人以上いる場合は、オーナーが晩ご飯を用意してくれます。(内容はお任せ)
 晩ご飯がある場合は、飲み物と朝食を持参することとなります。(ない場合は、夕食と朝食を持参)
 大凡、一般の家庭にある調理器具は揃っているので、料理も可能です。
 ちなみに、素泊まり@1,000円、一泊夕食付き@2,000円、物価高騰の折ですが、初めて訪問した5年前から変わっていません。 合わせて、オーナーはきれい好きです。施設内もきれいに掃除されていて、寝具もとっても寝心地のよいものです。

 詳しくはこちら → 灼熱の小豆島へ


 翌朝、オーナーがお気に入りの珈琲を炒れてくれました。(美味しかった)



 さあ、瀬戸内芸術祭の作品巡りに出発ぅ~
 

 
DSC_0160_20240123220939c93.jpg

 夏の訪問の際にも立ち寄った「ヒトクサヤドカリ」(尾身大輔作)です。

 HPから借用「家を貝殻に見立てた巨大なヤドカリの木彫。苔、木の枝などで、島々や山の連なりを想像させる。家には、海を渡ってきた生き物と人をモチーフにした彫刻が置かれ、この土地の人たちが海の生き物と格闘してきた歴史が表現される。」

 そんな歴史が表現されているかはよく分かりませんが・・・単純に面白いです。

 ところで、ヤドカリの頭に乗っかっている白い物体は、野良猫です。(笑)



DSC_0165_202401232209404bb.jpg

HORIZON_0002_BURST20231112100035570.jpg

 一番のお気に入り「ダイダラウルトラボウ」(伊東敏光作)です。

 作品の紹介に「日本の山河を造ってきた巨人 次を構想し、しばし休憩する」とありました。
 日本を造られた偉大な巨人なのですね。

 さて、この辺りからポツポツと雨が降り出したので、”道の駅 小豆島ふるさと村”で雨宿りです。



 空を見上げても、なかなか小雨は止みそうにありません。 



 その後、小雨の中、土庄港に向かい帰路へ

 まあ、ライハオーナーの生存確認が出来たからよいかなと。 
 帰りのフェリーではしっかり昼寝、カモメがしっかりいたのに、えびせんをあげるのを忘れてました。(後悔)


 
 早足のブログ記事ですいません。

 
 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。





スポンサーサイト



神龍(しぇんろん)さまにお参りに行ってきました!

 こんにちは! のぼうです。

 今年もマイペースで記事の更新をしています。 遅いっ!と思われると思いますが・・・笑ってこらえてください。

 今回は、ご神木から来年の干支「龍」出現しとるという、ブログでお世話になっているむらさんの記事を見て、ご利益にあやかりたいと思い、1月14日(日)、マダイさんご夫妻、トモチンをお誘いして岡山県真庭市上中津井にある”髙岡神社”まで行ってきました。

 東広島市を出発し、途中で皆さんと合流して真庭市に向かいます。





 10時過ぎに髙岡神社に到着です。

 大きな石の鳥居を潜って駐車場を目指しますが、昨年12月に山陽新聞や毎日新聞で紹介されたそうで狭い駐車場は満車、しばらく順番待ちして駐車しました。

 駐車場から”禊橋”を渡り、身を清めて神社に向かいます。

 さて、「龍」は何処だろう・・・・探すまでもなく直ぐ目の前に現われました。



DSC_0215_202401162141055eb.jpg

 あっ、ここじゃ! と指さしているのはマダイさんご夫妻です。

 さて、その指の先には・・・・



1705236310606.jpg

DSC_0241_20240116214112c8c.jpg

 上の画像はマダイ奥さまの撮影、下の画像はのぼうが撮影したものです。

 どうでしょう、「龍」に見えますか。

 見る角度によって、表情が変わります。



HORIZON_0002_BURST20240114104950748.jpg
 
 この角度から見ると龍というより”エイリアン”っぽいです。(でしょ)

 辰年の始まりにとても縁起の良さを感じます。(ご利益確実か!)


 ここで手を合わせて祈ります。 
 「神龍(しぇんろん)さま、どうか、のぼうに誰もが二度見するような大きなイ○モ○を下さい!(爆)」

 
DSC_0224_20240116214107437.jpg

 「龍」が現われた平安杉ですが、裏側には”蛇”がいる!と(お参りに来られた女性二人組が話をしているのを聞いて)探してみると、1本だけ白っぽい枝が伸びていて、”蛇”に見えなくもない。(ご利益は薄そう)

 でも、一応手を合わせて
 「のぼうに大きなイ○モ○を下さい!」



HORIZON_0001_BURST20240114111406177_COVER.jpg

 ちなみに、この平安杉の樹齢は800年以上、幹周りのサイズ感はこんな具合です。




 DSC_0233_2024011621411216f.jpg

DSC_0232_20240116214109a88.jpg

 長い石段を登った先の境内はきれいに掃除されていました。

 お参りを済ませてから、御朱印をいただきました。



DSC_0230_202401162141076bc.jpg

 どうぞご利益がありますように!

 ところで、神龍(しぇんろん)さまにお願いした・・・・”イ○モ○”って「いいもの(良い物)」という意味です。

 大きな良い物・・・のぼうは欲張りなのです。(笑) 
  


DSC_0249_20240116214116833.jpg

 髙岡神社を後にしてく真庭市上中津井にある”ベンダーショップ もみぢの里”にやってきました。



CENTER_0002_BURST20240114112220818.jpg

 隣接する自販機コーナーには珍しいうどんの自動販売機もありました。(350円)



DSC_0270_20240116214121f16.jpg

 画像は、のぼうが注文した”カレーうどん(大盛り)”と”ちまき”です。(合計1,050円)



DSC_0261_2024011621411911f.jpg

 「こりゃ~ええでぇ」、マダイさんご協力ありがとうございます。

 でも、本当に美味しいうどんでした。 程よいコシでいくらでも食べれそう。



DSC_0259_202401162141180ab.jpg

HORIZON_0002_BURST20240114113204894.jpg

 上の画像は店内で咲いていた「金のなる木」(とマダイ奥さまに教えて頂きました。)です。

 金のなる木って本当にあるのですね。 (誰がそんな名前を付けたのだろう?)

 お店の中央には大きなストーブも置いてあり店内はとても暖かかったです。





続きを読む

令和6年 初乗りはここから

 こんにちは! のぼうです。 


 元日には能登半島地震が、二日には日航機と海保機の衝突などと令和6年は災害と事故で幕開けとなりましたね。

 この度の災害や事故により被害に遭われた方々へお悔やみとお見舞い申し上げます。





DSC_0049_202401082037537ce.jpg

HORIZON_0001_BURST20240102143204163_COVER.jpg

 令和6年の初乗りは正月3日、初号機Vストローム650でのプチツーから

 画像は呉市昭和町にある「アレイからすこじま」です。
 バックに映っているのは海上自衛隊第1潜水隊群の潜水艦です。
 数えてみると9隻係留されていました。

 初乗り画像の背景としては、とっても豪華!…ですよね。(1隻あたり仮に600億とすると、総額5,400億!) 



HORIZON_0001_BURST20240102155025995_COVER.jpg

DSC_0079_20240108203756f6b.jpg

 「アレイからすこじま」を後にしてやって来たのは、呉の街を一望できる呉市阿賀町の「灰ケ峰」展望台へ

 ちょっとHPから拝借です。「灰ヶ峰は標高737m。日本三大夜景の函館山より2倍以上の高さがあり、その夜景は、まるで天上から眺めているようです。宝石のような街の灯り、呉港に揺れる船、そして月あかり。まさに呉のロマンチックスポットです。光の筋が「くれ」と読めると、そのカップルは結ばれるという噂も…。」

 ほんとだろうか・・・。

 この日は陽が傾きかけてちょうど逆光になってしまい画像はうまく撮れませんでした。
 
 陽が傾くにつれて冷え込んできたので、早々に帰宅・・・。



 次いで、正月があけた6日、二号機ADV160でのプチツーです。

HORIZON_0002_BURST20240106113236084.jpg
 
 やって来たのは、東広島市高屋町造賀にあるハンバーガー屋の「コティー」さんです。

 休日にはバイカーで賑わっているお店です。



DSC_0097_20240108203756892.jpg
 
 店内に入ると、前回(今回は2度目)訪問した際にお渡しした「のぼうステッカー」を発見!(ありがとうございます)



DSC_0109_20240108203804f9a.jpg

DSC_0102_202401082038013fe.jpg

DSC_0104_20240108203801135.jpg

 注文したのは、HIROSIMAバーガーのセットです。

 さて、どうやっていただくか。 
 ボリューム的には、ぐっと押さえ込んでハンバーガー的に食べれるギリギリでしょうか。(笑)
 それでも、残り3分の1位は、それぞれパーツ毎にフォークでいただきました。

 美味しかったですよ。



DSC_0107_2024010820380442c.jpg

 店内は色々な楽しい小物が置かれていて、見ているだけで楽しくなりますよ。



DSC_0112.jpg

DSC_0113_202401082038074a1.jpg

 続いてやって来たのは、府中市上下町矢多田 JR「備後矢野駅」です。

 お目当ては・・・・



DSC_0115_2024010820381016b.jpg

 備後矢野駅内にある「びんご矢野駅内食堂」の”福縁阡うどん”・・・。

 よもぎ・きび・梅の3色のお餅が入っていて柔らかくて美味しいです。 さっき、ハンバーガーを食べたばかりですが、しっかりお汁まで飲み干してしまいました。(笑)



DSC_0116_20240108203810ca4.jpg

 そして、この御守りです。 

 以前にも買っていたのですが、紐が切れてしまい、再度の購入です。

 どうぞ、今年も色々な出会いのご縁がありますように。



CENTER_0002_BURST20240106132140332.jpg

 食事の後、備後矢野駅構内の辻堂にある布袋様?にお参りです。

 「本年は年明け早々から災害などで多くの方が亡くなり、傷ついたりされましたが、残る1年が何卒平穏に過ぎますように」

 お賽銭はちょっと奮発しました。



 親父の備忘録ブログでありますが、本年もどうぞ宜しくお願いします。

 ご訪問いただきありがとうございました。

 

2024年 謹賀新年!


 新年明けましておめでとうございます。

 本年も引き続き宜しくお願いいたします。







 昨年の想い出の地を年賀状としました。

 兜を被ったり、陣羽織を羽織ったりと、東は阿蘇山、南はひろめ市場、北は隠岐の島、西は岡山市内でむらさんと一杯と近場中心のツーリングでしたが、なんとか無事故・無違反で年末を迎えることが出来ました。
 (でも、11月に免許更新したら青になっちゃいました。)

 還暦を迎えて既に2年が経過・・・最近、同年代の知人等の病気や訃報の連絡を受けることが増えたように感じます。
 思えば、健康寿命まであと10年くらいでしょうか。
 10年と言えば長く感じますが月換算で120ヶ月です。 そう思うともうあんまり時間がないなぁなんて考えたりしています。
(年寄りの1ヶ月って早いのよ。(笑))

 2024年は、自分の健康維持により一層留意しながら、もっと足を延ばして元気に駆け回りたいと思います。

 どうぞ本年も引き続き宜しくお願いいたします。 
 
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、ADV160を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数