fc2ブログ

木次線デジタルスタンプラリー参戦!

 こんにちは! のぼうです。

 年末まで10日を切りましたが、ブログは未だに11月5日!です。(笑)

 さて、今回の記事は・・・・秋が深まりつつある日のこと。 マダイ奥さまから久しぶりの招集、木次線に乗りに行くけど行かん?   
 
 どうやら”木次線デジタルスタンプラリー”に参加するとのこと。

 ※木次線デジタルスタンプラリーとは、JR木次線に乗って、木次線車両内、木次線沿線の駅や周辺の観光スポットに設置しているスタンプ(QRコード)を獲得するラリーで、獲得したスタンプ数に応じて特産品の抽選に応募できるとのこと。

 どの時間、どの電車に乗って、どう動くのが効率が良いかは、マダイさんが緻密に計算しているとのこと。

 勿論、二つ返事で参加です。(笑)




 三良坂でマダイさんご夫妻&ともちんと合流して、先ずは備後落合駅へ



DSC_0531_20231220213954d19.jpg

 ここで、備後落合駅と停車中の電車のスタンプを獲得!(幸先良い)

 更にマダイさんが綿密に計算したルートに沿って移動します。



DSC_0535_2023122021395733e.jpg

 備後落合駅のトイレの張り紙です。

 みんなが使う駅のトイレ、便器に感謝されるようキレイに使いたいですね。



DSC_0537_20231220214013846.jpg

DSC_0540_202312202140176d9.jpg

DSC_0542_20231220214018499.jpg

 続いて、道の駅”奥出雲おろちループ”でスタンプを獲得(一番上の画像)、更に”三井野原駅”に転進してスタンプを獲得すると共に乗車予定の電車を待ちます。

 ところで、この三井野原駅ですが、標高726mにありJR西日本最高所駅だそうです。

 
 
DSC_0547_20231220214020f1b.jpg

DSC_0544_2023122021402004c.jpg
 
 三井野原駅で乗車し、出雲坂根駅を目指します。

 今回は、スタンプラリーに加えて、”スイッチバック”を体験することが目的なのです。
 ところで、スイッチバックとは、以下HPから借用
「JR木次線の出雲坂根駅から三井野原駅間(標高差170m、約6500m区間)の急こう配を、列車が前後に折り返して運転する方法で、登っていきます。」とのこと。

 

DSC_0549_20231220214020f77.jpg

DSC_0550_20231220214020127.jpg

 画像では分かりにくいかも知れませんが、右側の線路をスイッチバックする切り替え?場所に向かっています。

 切り替え場所で一旦停車、そうすると運転士さんは駆け足で、反対方向にある運転席に向かい着席、出発準備をします。(この汽車は前後に運転席があります。)



DSC_0552_202312202140208fd.jpg

 その後、右側に見える線路で出雲坂根駅に向かいます。



HORIZON_0001_BURST20231105100658167_COVER.jpg

 出雲坂根駅に到着です。

 この時、画像の右側から駅に入ってきましたが、出発する際は、再び右側にむかって走り出し、その先にある分岐点で入ってきたときと別の線路に入り、次の駅を目指します。(分かりにくい説明で😣)



DSC_0561_20231220214021907.jpg

 出雲坂根駅のスタンプを獲得! ここで、ひとり車で移動してくれたマダイさんと合流し、次のポイントを目指します!



DSC_0563_20231220214020fd6.jpg

DSC_0568_20231220214021107.jpg

TRIPART_0001_BURST20231105103526006_COVER.jpg

DSC_0569_20231220214020fa0.jpg

 上の画像は、R314沿いにある奥出雲町立八川小学校で見掛けたきれいなイチョウです。

 出雲横田駅、雲州そろばん伝統産業会館でスタンプを獲得! ちなみにこの会館、窓が”そろばん”になってました。

 

DSC_0573_20231220214021e74.jpg

 道沿いに立つユニークな案山子達、”無事故は家族の願い” まさにそうですね。

 真ん中の案山子さん、妙にリアル、夜道で出会ったらちょっと恐いなぁ。(笑)



DSC_0584_20231220214045ba7.jpg

DSC_0578_20231220214024b41.jpg

DSC_0582_202312202140225af.jpg

 JR木次駅でスタンプを獲得してから昼食です。

 マダイ奥さまの案内でやって来たのは、雲南市木次町木次にあるお食事処”おくい”さんです。

 「焼きさばすし」が有名なのですが要予約だったので、ちょっと珍しい ”もつ丼”を注文。 柔らかい鶏肉&鶏皮&鳥モツがしっかりと載っていました。 とても美味しかったですよ。(また食べに来よう)



TRIPART_0001_BURST20231105124841118_COVER.jpg

 食後、イベントを開催していた”雲南市立木次小学校”に立ち寄りました。

 島根県警がパトカーを持ってきて、子供達を乗せたりしていましたが、その傍らに”子供用”の制服が・・・画像は見事に着こなしているともちんです。 ところで胸に付いている階級章ですが”警視”でした。

 ”翔んでる警視 ともちん”です。(笑)

 
 その後も、順調にスタンプを獲得し、特産品の抽選に応募できる数に達しました!(やった)
 ・・・が、ともちんだけ1個スタンプが足りません。
 みんなと比較してみると、JR出雲三成駅のスタンプがうまく取り込めなかったようです。 まあ、帰り道だしと思い出雲三成駅を目指します。 



DSC_0587_202312202140499c0.jpg

 出雲三成駅にはちょうど「奥出雲おろち号」が停車していました。(ラッキー)




DSC_0588_20231220214049a2a.jpg

DSC_0593.jpg

 「奥出雲おろち号」はJR木次線/木次駅~備後落合駅間(60.8km)を1日1往復していた観光トロッコ列車でしたが、車両の老朽化に伴い、今年11月23日をもって運行を終了しました。



HORIZON_0001_BURST20231105150845306_COVER.jpg

TRIPART_0001_BURST20231105151145903_COVER.jpg

DSC_0600.jpg
 
 この姿を見るのは最後になるなぁと思いつつ、見送ります。

 
 ともちんもスタンプをゲットして全員で特産品を目指して応募します!(笑)

 
 思えばマダイさんの綿密な計算のもと、しっかりとスタンプをゲットし、更には木次線スイッチバックを体験することも出来ました。

 マダイさんご夫妻、ともちん、大変お世話になりました。




DSC_0601_202312202141347b3.jpg

 ところで、↑ これはマダイさんに教えていただいた道の駅”たかの”で購入した黒ニンニクです。

 どうも、色々な黒ニンニクを試したけど、これが一番”効いた”とのこと。(笑)

 余りニンニク臭くなくて食べやすかったですよ。 効果? 今も元気にバイクで駆けています! これが一番!(笑)


 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。






スポンサーサイト



3G(スリー爺ぃ)の四国遠征 ~鳩は何を食べている?編~

 こんにちは! のぼうです。

 暦は12月も折り返しで、今年も残り2週間あまりとなりましたが、ブログは未だ11月の頭!(笑)
 
 まあ、マイペースで進むしかないわけで・・・なんて毎年同じような言い訳をしています。





 さて、3Gの四国遠征も3日目の最終日です。

 この日も快晴で日頃の行いに感謝しながら、朝が早い年寄りはホテル周辺を散策します。



HORIZON_0002_BURST20231030073657804.jpg

 宿泊したビジホ近くで、無心に朝食を摂っている鳩の集団を発見! 近寄ってみますが、一心不乱に朝食をついばむ鳩たちは不意に近づく不審者も気に掛けません。

 こんな路上で何を食しているのだろう。

 分からないまま、ビジホに帰着、kawakouさん、カイさんが出発準備をしています。
 
 さあ、今日も元気に駆け回りましょう!



HORIZON_0001_BURST20231030085252240_COVER.jpg

DSC_0491_20231211214829e6b.jpg

 高知市街を抜けR194を西進します。

 立ち寄ったのは、高知県高岡郡日高村名越屋にある名越屋沈下橋です。
 
 仁淀川にかかる最下流の沈下橋で全長191mだそうです。
 これまでカブ旅で高知を幾度となく訪問しましたが、毎回、この沈下橋に立ち寄っています。



PA300057.jpg

PA300059.jpg
 
 その理由は理由は、最後の清流、仁淀川のこの透明な川の流れです。

 澄んだ大河を眺めていると、嫌なこともちょっと流れていくような気持ちになります。(笑)



HORIZON_0001_BURST20231030092542293_COVER.jpg

 道の駅”633美の里”に立ち寄り、トイレ休憩と昼ご飯の買い出しです。

 ところで ↑ この読み方ですが、”むささびの里”と読むそうです。

 ここから更にR194を北西に進み、県40に入り、瓶が森林道を目指します。



DSC_0510_20231211214831d07.jpg

DSC_0512_20231211214832059.jpg

PA300064.jpg

 県40は1~1.5車線の道幅が多く、ゆっくり進みます。

 途中、”白猪谷オートキャンプ場”でトイレ休憩です。 このキャンプ場は無料で利用でき、夏場は横を流れる川で行水が出来たりします。

 県40から瓶が森林道に入り東進します。

 画像は、瓶が森登山口からちょっと西側に位置する”瓶ヶ森展望所・石鎚山系鳥瞰図”です。
 
 遠くに石鎚山を望む展望所です。



DSC_0514_202312112148347cf.jpg

DSC_0516_20231211214835831.jpg

 先の展望所から西進すること約300m、瓶が森登山口にあるベンチで昼食です。

 ”むささびの里”で買った炊き込みご飯のお握りと唐揚げです。
 美味しかったです。

 ところで、下の画像は登山口にあるトイレです。 思えば、標高1200mは(たぶん)あるような場所の公衆トイレ、清掃されるのも大変なこと。 利用させて頂く際は、いつもより増して一歩前、更に半歩前、あっ、便器にあたりそう!(笑) なくらい前進して、汚さないように気を付けています。



HORIZON_0002_BURST20231030115359652.jpg

DSC_0518_2023121121483991b.jpg

DSC_0521_20231211214839e5b.jpg

CENTER_0001_BURST20231030120409755_COVER.jpg

 昼食を終え、亀ヶ森林道の風景を楽しみながら、東進します。

 一番上の画像は、”瓶が森”です。一番高いところが女山で瓶が森の山頂になります。

 二番目の画像は、よくCMなどにも使われている亀ヶ森林道を代表するビュースポットです。 三番目の画像は、そこから望む四国の山々です。

 

DSC_0523_202312112148423ea.jpg

 瓶が森林道の東側入り口までやって来ました。

 ここから、旧寒風山トンネルを抜けてR194に合流し、一路、今治を目指します。



DSC_0524_20231211214842e2d.jpg

DSC_0525_202312112148459c5.jpg

 今治からしまなみ海道に渡り、帰路を急ぎます。

 途中、大島大橋の途中にある見近島で小休止です。

 この日は平日の月曜日でしたが、それでもキャンパー、いやここは敬意を込めて”変態さん”が数張り幕営されていました。

 kawakouさん、ハート♥が入っていませんが、遠目なので許してくださいね。



DSC_0526_202312112148452ec.jpg

 大三島盛港15時50分のフェリーに乗り、16時20分に竹原市忠海港に上陸します。

 ここで、kawakouさん、カイさんとお別れです。


 3日間、お世話になりましたぁ。 初日の空気漏れトラブルでは大変ご迷惑をお掛けしました。 次回、ツーリングからはしっかり点検しますね!

 ブログ記事と実際の暦の差が一ヶ月半になってしまったぁ。

 年末年始はしっかり更新して追いつかねば!とこれも毎年思いながら、今年も暮れがどんどん近づいてくるぅ~(笑)



 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。 

 ・・・ところで、鳩は何を食べていたんだろう
 

3G(スリー爺ぃ)の四国遠征 ~高機動型牽引式公衆便所改編~

 こんにちは! のぼうです。

 令和5年もあれよあれよと12月に入り、恒例の年末交通事故防止県民総ぐるみ運動が始まる(~10日まで)など、すっかり年末模様になりましたが、のぼうのブログは未だに10月末を徘徊しております。

 今回は、3Gの四国遠征二日目です。



DSC_0325_20231204230041d58.jpg

 青空をバックに芝の上に設置されたこの箱、実は「高機動型牽引式公衆便所改」と言います。(嘘です)

 いきなり公衆便所の画像で始まる二日目の四国遠征!(笑)




DSC_0322.jpg

 宿毛市内のビジホを出発して、R56を東進しやって来たのは、四万十市入田にある四万十川キャンプ場です。
 
 以前にカブでお遍路をしていたときに、一度幕営したことがある無料のキャンプ場です。

 
 
DSC_0331_20231204230045ea6.jpg

 この日は何かのイベントらしく、準備等で慌ただしい雰囲気でしたが、のぼうが幕営したときは、見渡す限りの広いキャンプ場がほぼ貸し切りでした。
 まあ、心細いのなんの(笑)

 この牽引式便所はその時もお世話になりましたが、若干、補修されていました。(なので”改”)



DSC_0326_20231204230044bf7.jpg

 シンプルですが、機能的でかつ木製の質感が心地よい便所です。

 ただ、唯一、改善して欲しい点があります。

 それは・・・照明が付いていないこと。 外灯のない河川敷に置かれた照明のない木製の箱・・・・。 たった一人でキャンプ場を貸し切っている状況かつ真夜中にこのトイレを使うのは少し勇気がいります。 せめて、照明を付けて欲しい。

 ところで、車輪の付いた牽引式の公衆便所、どうも大雨になるとこのキャンプ場は水面下になることがあるようで、その時には牽引して避難させるそうです。(思えば、そんな用途だから照明とかは無理だろうなぁ)




DSC_0336_20231204230048c23.jpg

DSC_0342_202312042300474ef.jpg
 
 四万十川キャンプ場を後にして、立ち寄ったのは四万十市佐田にある”佐田沈下橋”です。

 全長291メートル、幅員4.2メートルの少し道幅にゆとりがある沈下橋、けっこう立派な沈下橋なので、画像では単なる直線路に見えています。(笑)



DSC_0346_20231204230050955.jpg

 佐田沈下橋からR439~県367を経由して、やって来たのは高岡郡四万十町打井川にある”海洋堂ホビー館四万十”です。

 平成20年に廃校になった打井川小学校を改築して作られたそうで、海洋堂の歴史が詰まったフィギュアとコレクションが約8000点展示されているそうです。
 二度目の訪問ですが、それでもワクワクしながら巡ります。


 以下、のぼうの趣味と独断によるフィギュアの一品をご紹介!

DSC_0348_20231204230050e8a.jpg

 警視庁警備部特科車両二課所属の警察用レイバー”イングラム”です。型式番号はAV-98、おじさんはAVと聞くと違う物が浮かんできます。
 


DSC_0349_20231204230052b0c.jpg

 ご存じタイガーマスクです。
 そう言えば、「タイガーマスク」の主人公の「伊達直人」の名で、10個のランドセルが前橋市の中央児童相談所に届けられたのはもう10年以上前のこと。 検索してみると、その運動は今も続いているそうです。
 今もタイガーマスクは子供達の憧れの存在ですね。



DSC_0351_20231204230054f9f.jpg

 画像のとおり、トルメキアの装甲兵です。
 風の谷のナウシカ、アニメ化されたのは1984年とのこと。もう39年前になりますが、今見ても楽しめる、また考えさせられる作品ですね。



DSC_0355_20231204230055fdc.jpg

DSC_0365_20231204230057808.jpg

 元は体育館だったのでしょうね。

 高い天井を活かして、大型のフィギュアが展示されています。



HORIZON_0002_BURST20231029103029028.jpg

 ジャイアントロボ! 1967年に放映された横山光輝さん原作の特撮ものです。
 のぼうが小学校時代、毎年、夏休みになると再放送されていました。
 最終回でロボが草間大作少年の命令を無視して、ギロチン帝王を抱えて宇宙に飛び立ち、共に爆発して果てたとき、思わず泣いてしまいました。
 ロボの隣は、確かGR2というロボのまあ兄弟みたいなロボットです。



HORIZON_0002_BURST20231029104541622.jpg

 知る人ぞ知る押井守原作の”人狼”に出てくる、「首都圏治安警察機構」通称「首都警」の戦闘部隊である「特機隊」の装甲服です。 なかなかの迫力です。


 ひとしきり堪能して、海洋堂ホビー館四万十を後にして、更にもう一つの海洋堂の館”かっぱ館”にやって来ました。

 二日目はとにかくフィギュアを観て回るコースです。(笑)



PA290031.jpg

PA290034.jpg

 やって来ました高岡郡 四万十町打井川にある”海洋堂かっぱ館”です。

 独特な建物とネーミングですが・・・以下HPから借用
 「海洋堂かっぱ館は、自然との触れ合いをコンセプトに、四万十の杉丸太、赤土などの天然素材を使って、土佐の志のある職人がつくりあげました。
 館内には、まるで生きているかのようなリアルな河童から可愛らしい河童まで、「四万十川カッパ造形大賞」に世界中から応募されたカッパ造形作品およそ1700点の中から約600点が展示されています。」 とのこと。

 確かに施設の内外を問わず、かっぱだらけ・・・。

 HPを見てみると、”カッパ造形大賞”というのが4回開催(最後は2015)され、応募された作品を所蔵、展示しているとのこと。


 
DSC_0376_202312042300588f8.jpg

DSC_0377_20231204230059b24.jpg

DSC_0388_20231204230103893.jpg

 ”カッパ造形大賞”入選作品です。

 豊かな想像力とリアルな表現力の作品の数々は見ていて飽きません。 



HORIZON_0001_BURST20231029112448996_COVER.jpg

TRIPART_0001_BURST20231029111814519_COVER.jpg

 愉快な作品や妙にリアルな作品も・・・・

 ちなみに、のぼうの押しは・・・これです。 ↓



DSC_0385_20231204230101fd1.jpg
 
 率直に美しいかっぱさんです。(笑)



PA290038.jpg

PA290039.jpg

DSC_0395_2023120423010456d.jpg

 かっぱの住まう古民家でしょうか。

 縁側に座って休憩できるスポットがかっぱ館の横にありました。 



DSC_0407_20231204230135b99.jpg

DSC_0403_20231204230132d0a.jpg

DSC_0418_20231204230136894.jpg

 更には、”河童神社”なるものも(笑)

 周囲の木彫りカッパは朽ちたものが多かったですが、よくみると”アンパンマンかっぱ”や”ルパン三世かっぱ”も
 道中の無事を祈念して参拝しましたよ。



DSC_0423_2023120423013784a.jpg

海洋堂かっぱ館を後にして、遅めの昼食にやって来たのは幡多郡黒潮町佐賀にある道の駅”なぶら土佐佐賀”です。



DSC_0425_2023120423014016e.jpg

 高知に来たらやっぱり鰹!ですよね。

 こちらは、のぼうが注文した塩カツオ丼、これはこれで美味しかったのですが・・・・



CENTER_0001_BURST20231029123546399_COVER.jpg

 kawakouさんが注文した塩カツオ定食、カツオの厚みが倍半くらい違うじゃありませんか!

 丼も美味しかったのですが、目の前で厚いカツオをつまんでいるkawakouさんを見ていると、密かに夜にリベンジを!と誓うのでした。(笑)



DSC_0434_20231204230140d18.jpg

 昼食後は、ひたすら高知市を目指します。

 画像は須崎市浦ノ内須ノ浦にある武市瑞山銅像前です。
 


PA290046.jpg

DSC_0435_20231204230142f3b.jpg

 画像は高知市の手前にある仁淀川河口大橋です。

 仁淀川も河口になると、とにかく川幅が凄いですね。 広島にはない大河です。



DSC_0439_20231204230143825.jpg

 高知市内に入り高知駅近くのビジホにチェックイン!
 
 爺さん3人、加齢に、いや華麗に変身して高知の町に繰り出します。 目指すは、やっぱりここでしょ! 

 高知市帯屋町2丁目にある”ひろめ市場”です。 この日は日曜日なので、週末のような混雑はないだろうと安易に考え、早速に席を確保するべく突入・・・しましたが、まあ満員御礼、皆さん腰を据えてガッツリ飲んでらっしゃる。

 まあ、見学も兼ねて、市場の中を2周、3周・・・空きそうにないなぁと思っていたら、店舗付属の席が空きそうなので、まあ座れればと思い席を確保しました。 フリーの席なら思い思いのお店の商品を持ってこれるのですが、店舗付属の席は、当然にそのお店でオーダーすることになります。(やむなし、だって疲れてるんだもん)



DSC_0442_20231204230144834.jpg

 乾杯です!



DSC_0443_20231204230146bad.jpg

DSC_0445_20231204230148260.jpg

 マグロ盛り合わせにカツオたたき、まずまず美味しゅうございました。



CENTER_0002_BURST20231029184511619.jpg

CENTER_0001_BURST20231029185721202_COVER.jpg

 勢いがついた3G(スリー爺ぃ)は、ひろめ市場から高知城を散策します。

 土佐24万石を襲封した山内一豊によって創建されて以来、約400年余りの歴史を有する高知城の天守です。

 ちょっと幻想的ですね。 ちなみに城内は暗がりが多く、ちゃん姉が一緒ならお近づきになれる絶好のロケーション! 
 現実は、足下が暗いので、転けないように注意深く石段を降りていく3G(スリー爺ぃ)なのでした。(笑)



DSC_0460_2023120423014970c.jpg

 ホテルへの帰路の商店街で見掛けた 「やっぱり地元は 最高知!(さいこうち)」 の垂れ幕、高知はほんとに最高です!


 さあ、明日は最終日だぁ。(帰りたくない)    つづく 

 

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、ADV160を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数