fc2ブログ

安芸灘とびしま海道探訪(後編)

 こんにちは! のぼうです。

 今月は、頑張って更新しています(笑)

DSC_2007.jpg
 さて、お好み焼き「まりちゃん」を後にして、先に進みます。
 豊島の漁港にて。太刀魚漁の船?かな。上架して船底を塗装されてました。

DSC_2027_201805150617456de.jpg
 背景にある橋は、橋長543mの豊浜大橋です。
 この橋を渡って、大崎下島へ向かいます。

DSC_2020.jpg
 大崎下島の御手洗地区へ到着しました。
 象徴的な住吉神社の「高とうろう」です。
 御手洗は、江戸時代の風待ち潮待ちの港町の風情を今に伝える町です。

IMGP2609.jpg
 今も現役の時計屋「松浦時計店」さんです。
 この日もお昼休憩?の後、時計の修理に取りかかってましたよ。

IMGP2610.jpg
 西平製麺所さんです。
 鍋焼きうどんが評判で、休日には行列が出来てましたが、この日はお休みでした(次回の楽しみにしておきます。)

IMGP2625.jpg
 近くで「昭和の文化財」を展示しているところで見かけた電卓付きそろばん・・・どう使い分けするんだろぅ(笑)

IMGP2613.jpg
 江戸の町並みが残る「常磐町どおり」の入り口です。
 左の散髪屋さんは現役ですよ。

IMGP2618.jpg

IMGP2616.jpg
IMGP2617.jpg
 タイムスリップしたような常磐町どおり、潮待ち館はそのとおりにあります。賑やかな時代の商家の繁栄振りが感じられます。

IMGP2642.jpg
 こちらは、県指定史跡「若胡子跡(わかえびすやあと)」です。
 江戸時代のお茶屋ですが、当時のお茶屋は喫茶店ではなく、娼館でした。

IMGP2632.jpg
 中は耐震化されて、きれいに整備されていました。
 最盛期には100人の女性がいたそうです。「おはぐろ伝説」の壁が今も残っています。

IMGP2639.jpg
 菅原道真を祭神とする天満宮に参拝・・・。

IMGP2641.jpg
 天満宮の下がくぐれるようになっています。
 このトンネル、祈りながらくぐると願いが叶うとか・・・。

IMGP2634.jpg
 天満宮の境内にある筆の石像です。

IMGP2635.jpg
 菅公の碑の台の石です。
 観光案内には、なんとなく人の顔に見えるとありました。
 見えなくもないけど・・・。(笑)

IMGP2621.jpg
 船宿跡です。
 ひとしきりタイムスリップを楽しんで、帰路につきました。
 探訪なんて表題に書きましたが、安芸灘とびしま海道の懐は、まだまだ深くて大きいです。
 
 また、ゆっくり訪問したいと思います。

 親父の備忘録ブログにお付き合いいただきありがとうございます。 


スポンサーサイト



安芸灘とびしま海道探訪(前編)

 こんにちは! のぼうです。
 5月12日(土)、先週のしまなみに続いて、安芸灘とびしま海道を独り巡ってきました。
 
DSC_1996.jpg
 「めねこのせと」と読みます。
 呉市仁方地区、旧川尻町(呉市)と蒲刈島との間にある海峡のことだそうです。
 以下HPから、「旧川尻町犬戻(いぬもどし)の鼻沖の小島があたかも猫がうずくまっているように見えることから女猫島と呼ばれ、付近の瀬戸のことを猫瀬または女猫の瀬戸と呼んだのが始まりで、海峡全体の呼び名となった。」そうです。
 その昔、早乙女愛主演の映画「女猫」を連想された方はのぼうと同年代ですね(笑)

DSC_1997.jpg

DSC_1999.jpg
 橋長1,175mの安芸灘大橋です。
 とびしま海道唯一、有料ですが、原付二種は通行料50円とお財布に優しい料金です。

IMGP2579.jpg
 安芸灘大橋を渡り、下蒲刈島に上陸後、立ち寄ったのは「蘭島閣美術館」です。下蒲刈は昔、春蘭の自生する美しい島「蘭島(らんとう)」と呼ばれていたそうです。下蒲刈には、蘭島閣美術館をはじめ、6つの文化施設があります。

IMGP2597.jpg
 美術館の中は撮影禁止です。1階と2階が作品の展示室になっており、絵画中心の展示でした。
 所蔵している作品も多く、島の美術館とは思えない(失礼)、見応えのある美術館でした。

IMGP2582.jpg

DSC_1973.jpg
 続いて、隣接する「白雪楼(はくせつろう)」へ
 江戸時代後期を代表する頼家(らいけ),有名なのは頼山陽さんですね、ゆかりの茶室だそうです。
 
DSC_1974.jpg
DSC_1978.jpg
DSC_1980.jpg
 ほっこりします。
 施設は大きなものではないので、見学がほんの5分ですが・・・。

DSC_1976.jpg
 本格的なお抹茶をいただけます。思わず、作法があるんでしょうかと聞いてみました(嘘です)。
 庭を眺めながら、お抹茶をいただきます。(ごちそうさまでした。)

DSC_2036.jpg
DSC_1987.jpg
 続いて、「蘭島閣美術館別館」へ
 ここでは洋画家 寺内萬次郎の作品を常設展示しています。
 作品は撮影禁止のため雰囲気だけ。
 寺内萬次郎さんは、終生、裸婦像を描くことに情熱を傾けた油彩画家で父親が蒲刈出身だそうです。
 当然に展示作品も裸婦像中心です。(ゆっくり見て回りましたよ。)

IMGP2585.jpg
 この別館からは、下蒲刈島の美しい風景が見れます。
 蒲刈大橋と「松濤園(しょうとうえん)」(画像の左下)が見えます。
 この日は天気も良かったので、海もきれいに映えました。

IMGP2594.jpg
 美術館近くにある長雁木です。
 戦国武将福島正則の命により作られたそうです。
 昭和になって、3段ほど継ぎ足しされたそうですが、下段は当時のものだそうです。  

 残る文化施設は後日の楽しみとして、橋長480mの蒲刈大橋を渡って上蒲刈島へ

続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数