だんだん旅日記ではなくなってきたような気が。。。。。まあ、気にせずに
DSC03143.jpg
DSC03141.jpg
 場所は、JR呉駅の南側になります。大和ミュージアムの向かい側は、通称「鉄のくじら館」(海自の展示館です。)、潜水艦はなんと実物で、中を見ることもできます。海自の施設なので入館無料です。

DSC03145.jpg
 大和ミュージアムでの目的はこれ! 特別展示の「第一艦橋再現模型(実物大)」
DSC03146.jpg
DSC03147.jpg
DSC03148.jpg
 迫力あります! 窓からは主砲が見えます

DSC03149.jpg
 一番主砲、二番主砲、左回頭

DSC03150.jpg
 仰角35度、狙ええええええええ~

DSC03151.jpg
 撃てええええええええええええええええええ~
 十分、満足しました。

 戦艦大和 1/10模型です。迫力あります。
DSC03155.jpg

 細部まで造りこまれています 
DSC03158.jpg
DSC03165.jpg
DSC03167.jpg
 人形がなんだか、可愛いいですね

 平日でしたが、結構ひとが多かったですね。
 第一艦橋で主砲発射シーンが見れて満足でした

 
スポンサーサイト
文字色 10月27日、良い天気に誘われ、ジェベラーさんから情報を頂いた島根県仁多郡奥出雲町横田運動公園で開催された「奥出雲の米-1グランプリ」に行ってきました。 サブタイトルを~「日本に生まれてよかった!」究極のご飯の祭典~と銘打ち、奥出雲や近隣のお店から、お米を使った料理とスイーツが出品され、投票によりグランプリが決定するイベントです
DSC03122.jpg
DSC03098.jpg
 こんな雰囲気です。出品されているのは、全部で59品目!さて、どこから食べようか

DSC03093.jpg
DSC03096.jpg
 まずは、エントリーNo38 うんなんSPICEカリー
 じっくり煮込んでいるルーに温玉がばっちり合います。 

DSC03105.jpg
DSC03100.jpg
 続いて、エントリーNo22 肉巻き縁むすび

DSC03102.jpg
DSC03107.jpg
 エントリーNo5 ふわたま焼き そろそろお腹が膨れてきたあ~

 DSC03109.jpg
 まだまだ行けます! エントリーNo1 コシヒカリと蕎麦の実の入った松江風にら饅頭 

 DSC03110.jpg
 固形が厳しくなってきたので、エントリーNo24 米粉de和風チャウダー

DSC03112.jpg
DSC03113.jpg
DSC03115.jpg
 とってもユニークな店舗 エントリーNo31 プリン生どら(米粉)

DSC03117.jpg
 そろそろ限界か、トドメはエントリーNo44-2 お芋がさらにたっぷり!仁多米スイートポテトシュー

 いやあ~食べた食べた、さてどれに投票しようかなあ~

 ちなみに、2013グランプリは、
 料理部門は、エントリーNo13 とろーりチーズの焼きパスタでした。
 のぼうの食べたエントリーNo24 米粉de和風チャウダーは準グランプリ!
 エントリーNo22 肉巻き縁むすびは第3位でした。

 スイーツ部門は、最後に食べたエントリーNo44-2 お芋がさらにたっぷり!仁多米スイートポテトシューが堂々グランプリに輝きました! ちょっと嬉しい


 さあ、お腹も満足したし、温泉へ進撃だあ~

と、その前に、さっき食べたプリン生どら・・・山の神へのお土産い丁度良さそう、早速、お店へ
DSC03123.jpg
 会場からすぐ近くR314沿いの「松葉屋」さんへ 
DSC03124.jpg
 いろいろな種類があります。お土産もばっちり! これで心おきなく温泉へ

 奥出雲町横田から、R314~市107~市108を経て約20分、斐乃上温泉「民宿たなべ」へ
DSC03139.jpg
DSC03125.jpg
 なんだか秘湯の雰囲気・・・・・

DSC03131.jpg
DSC03129.jpg
 日本三大美肌の湯だそうです。入浴料400円なり 
 
DSC03134.jpg
 落ち着いた雰囲気です。 また、ゆっくり立ち寄りたい温泉でした

 帰り道は、斐乃上温泉~市108(快走路)~県9(快走路)~R183を回って帰りました。 
 生どらのお陰で、山の神は上機嫌でした。チャンチャン
 
 職場の同僚T氏と、定年までに広島県百名山に登ろうと目標を立てました!(当分前ですが)  
 と言うわけで、この週末、同僚のT氏と百名山のひとつ広島市安佐北区にある鎌倉寺山に登ってきました。

 鎌倉寺山へは、広島市内からは、県道白木交差点で右折して、県道46(東広島白市線)に入り約2km(大体)、目印は、ラーメン屋「たんぽぽ」、この店の手前を右折し牛若地区へ、少し走ると道路の左手が少し膨れているところがあり、ここへ駐車できます。 登山口は、ここから少し戻ったところ 
DSC02994.jpg
 登山口です。よく見ていないと見過ごしそうなとこです。(ちなみに他のブログをみると、どうも違うらしいのですが、確かに道はあります)
kamakra.jpg
 鎌倉寺山への道のりです。 尾根づたいに岩場の多いルートになります。
DSC03029.jpg
 これは県道46(南方向から)から見た目印の「たんぽぽ」とその後ろには登山口から最初に目指す南峰がそびえています。
 T氏の仕事の都合で、14:00登山開始
DSC02995.jpg
 馬の背の岩の上から眼下を眺めるT氏、後ろ姿に年輪を感じる
DSC02997.jpg
 岩場を登るT氏、結構、スリルあります
DSC03003.jpg
 槍が峰から望む権兵衛山 DSC03008.jpg
 権兵衛山から望む鎌倉寺山頂
DSC03011.jpg
 小さい秋見つけました 
DSC03017.jpg
 山頂到着は16:20、所要時間は2時間20分でした。  

 復路は、南側斜面を下るルートがあり、そこを利用しました。
 日が暮れるといけないので、帰り道をちょっと急いで降りていき、あと少しで麓というときに・・・。
DSC03020.jpg
 前日の雨で水かさが増した川が
 結局、迂回する道もないので川を渡って帰りました。靴ぐしょり 17時5分下山、所要時間は約40分でした。

 広島県百名山踏破の第一歩、残り99座です。 
 先日、バイク仲間のGLさんから最近はまっているものがあると言われて、案内して貰ったのがここ
DSC02725.jpg
 大阪たこ焼き「こなもん本店」(世羅町寺町)

 さっそく注文を・・・GLさんお勧めの「ネギソースマヨ」を注文!
DSC02727.jpg

DSC02730.jpg
 初対面、しっかりと大きなたこ焼きが、ソースとマヨの中に浮かんでいます

DSC02732.jpg
 ソースとマヨがたっぷり・・・カロリーが高そうだなあ
 口にいれると、あつあつジューシーでソースとマヨが絶妙なコンビネーション! うまい!美味しい!
DSC02731.jpg
 タコもしっかり大きくてグッドです

 これは僕も病みつきになるかも、ブログしながら食べたくなってきました!

DSC02728.jpg
 お店は、広島市安佐北区、福山市、三次市、府中市上下町にあります。店舗は増えてる模様 
 連休の中日になる13日(日)、秋の四国カルストに行ってきました

 しまなみ街道~R317~R33~県440を経て

DSC02960.jpg
DSC02965.jpg
 画像はいきなり現地です
 澄み渡る青空で、四国カルストはまさに別世界でした。

DSC02970.jpg
DSC02136.jpg
 道路の周辺で、じっとのぼうをを見つめる牛

 昼食は、天狗高原にある「高原ふれあいの家 天狗荘」で
DSC02969.jpg
 この天狗荘は高知県と愛媛県の境に建ってます

DSC02972.jpg
 おすすめという台詞に誘われて「味噌カツラーメン」を注文!

DSC02980.jpg
 出てきたラーメンを見て・・・・おいおい麺が延びてるじゃん、スープは麺に吸われて少ないし
 ちょっとガッカリしましたが、カツがしっかり入ってて、美味しかったので、まあ良いかな
 ラーメン自体は・・・。 次回は麺類を避けると思います

DSC02988.jpg
 天狗高原~県48~東津野城川林道(舗装された2車線の道です)~市304~R439~R33~中津渓谷へ

DSC02984.jpg
 中津渓谷ゆの森で
 入浴料は650円になります。

DSC02983.jpg
DSC02985.jpg
 渓谷にマッチした建物で、テラスでしながら渓谷を眺めてのんびり過ごすことができます。

 R33~再びR439~R194~寒風山トンネル~R11~周桑今治広域農道~市155~R317~今治ICから西瀬戸自動車道(しなまみ海道)へ 

DSC02990.jpg
 来島SAから見た来島海峡大橋です 

 しまなみ海道から山陽自動車道を経由して無事に帰宅しました(走行距離 509km)
宿
 大山登山を終えて、まずは温泉へ

DSC02850.jpg
 伯耆町岸本保健福祉センターにある「ゆうあいパル」へ
DSC02852.jpg
 足湯のあります。
 温泉の入浴料は500円です。


DSC02854.jpg
 今夜の宿泊先は、大山ペンション村「カルロスランチ」です

DSC02853.jpg
 愛車、平成14年式のMPV、丸11年になりますが、故障知らずの働き者です。

DSC02857.jpg
 さて、カルロスランチのディナーです。実はカルロスには10泊以上しているのですが、いつも近くにあるビアホフ「ガンバリウス」へ行くもので、カルロスのディナーは初体験
 まずは、スープと前菜。
... 続きを読む