FC2ブログ

令和元年、最後は恒例親父旅 in角島&萩編

こんにちは! のぼうです。

 令和元年もあと6時間足らず・・・
 今年のネタは、なるべく今年のうちにと思い更新しています。(笑)

 恒例の親父旅・・・田舎の同級生と年2回ほど近場を旅行してます。
 今回は、山口県の角島と萩を目指します。

 12月14日(土)広島は曇り予報です。朝、合流後、山陽自動車道で美祢ICへ
 ここからR435で角島方面を目指します。



 途中、R191をちょっと南下して福徳稲荷神社に立ち寄りました。
 景色が良くて千本の鳥居があるとのこと・・・


PC141269.jpg

 鳥居がありました。
 番号を振っているので、確かに千本・・・
 ただ鳥居は塩ビパイプ製だったので、ちょっと風情が乏しいかな。


PC141267.jpg

 景色は良かったです。画像は千本の鳥居をくぐった先です。

 早々に後にしました。


PC141285.jpg

 R191を角島に向けて北上します。
 途中、早めの昼食に立ち寄ったのは、特牛魚市場の向かいにある福助さん。
 画像は、福助を切り盛りしている女将さんです。


PC141281.jpg

 お昼は、刺身定食@1,000がメイン(それしかない?)です。
 画像は3人前になります。
 新鮮なお刺身でした。(烏賊は水揚げが少ないとのこと。)


DSC_6992.jpg

 酒の肴によいメニュー・・・

 当然、(運転手を除いて)こうなるわけで(笑)

 今回の旅を共にするSさん(左)とYさん(右)です。
 ちなみにSさん、ここまでの道のりで既に4~5本飲んでるはず。 


PC141292.jpg

 やって来ました! 角島です。
 2000年に完成した全長1,780mの無料の橋です。(笑)


PC141308.jpg

PC141305.jpg

 角島最西端にある角島灯台です。
 日本海側では初の洋式灯台で、1876年(明治9年)初点灯したとのこと。
 威風堂々としたたたずまいが印象的です。

 この日はあいにくと雲が多いのですが、雲の切れ間を塗ってパチリ。
 しばし散策して引き揚げます。


PC141312.jpg

 角島をロケ地として撮影された映画「四日間の奇蹟」(出演:吉岡秀隆、石田ゆり子、松坂慶子、西田敏行...)で使用された礼拝堂のロケセットを見に立ち寄りました。
 
 既に廃墟でした・・・。


PC141341.jpg

PC141355.jpg

 続いてやって来たのは、元乃隅神社です。
 連なる鳥居は木製です。やっぱり風情感が違います。(笑)
 駐車場が空いていたので閑散期でしょうが、団体客でそこそこ賑わってましたよ。


PC141330.jpg

 神社の先の岸壁にある竜宮の潮吹です。
 打ち寄せる波が岩礁の孔内に突入するごとに、圧縮された洞内の空気が外に出ようとして海水を噴出する噴潮現象だそうです。
冬の季節風で海が荒れる時ほど潮が高く上がり、時には30m以上も吹き上がることがあるそうですが・・・

 しばらく待ちましたが、これが一番吹いたときでした。 


PC141352.jpg

 神社でお賽銭を・・・日本一お賽銭が入れづらい!? お賽銭箱だそうです。

 娘さん達がキャアキャア言いながらチャレンジしていました。聞けば、入ったら、出会い、恋愛成就となんでもござれとか。
 Yさん、チャレンジしてます。割とすんなり入りました!

 残された人生にどんな出会いを求めるのか・・・。(笑)


PC141360.jpg

DSC_7033.jpg

 元乃隅神社の近くにある千畳敷です。

 人気のキャンプ場とのことですが、来てみて納得です。
 抜群の景色でした。トイレや炊事等などもしっかり完備していました。

 来年は幕営に来てみたいものです。


DSC_7039.jpg

 今宵の宿は萩市内にある民宿阿武川さんです。
 おばあちゃんが一人で切り盛りしている萩のお宿です。
 お風呂は温泉で心地よいです。

 
PC141376.jpg

 リーズナブルな料金ですが、夕食はこんな感じ。親父が酒の肴にいただくには十分です。

 朝から飲み続けていた二人は、それぞれ8時半、9時半にはダウンしました。(笑)


PC151389.jpg

 翌朝、民宿阿武川さんの前でパチリ!

 今日は萩市内探訪です。




続きを読む

スポンサーサイト



小豆島愛どんだけぇ ~鉄板コース珍道中(後編)~

 こんにちは! のぼうです。

 今年4度目の小豆島上陸の夜です。ライハのツボで宴会に突入です(笑)




PC071086.jpg

PC071088.jpg

 今宵のメインメニューは、冬らしく「鍋」です。お魚あり、お肉あり、蟹あり・・・。
 更に、持ち込んだラム肉もあり、至福の宴会です。(笑)

 ところで最近、お酒が入りスイッチオンになると、画像を撮り忘れてしまいます(汗)

 ひとしきり、飲んで食べて、その後は、ホームシアターで映画鑑賞!
 ええおっさんと(ちょっと前の)お姉さん達が横一列にならんで映画を観て、更に酔い覚ましに周辺をお散歩(笑)
 いつもは22時にかっちり就寝するオーナーも流石に寝れなくて(ゴメンナサイ)

 そして23時過ぎ・・・就寝。


PC081091.jpg

 翌朝です。朝日が綺麗ですよとオーナーの弁。
 朝食前にまずは日の出を見るため絶景ポイントへご一行をご案内です。


PC081099.jpg

 最初にご案内したのは「石の館」の展望台です。朝日を見てちょっと感動。


PC081110.jpg

PC081108.jpg

 続いて、ライツボ宿泊特典「岩の展望台(仮称)」です。
 突き出た岩の下は何もありません。

 マダイ奥様・・・カメラを持って、前へ前へ(思わず後に引っ張りました!)


PC081113.jpg

 ライツボに帰ってから朝食です。
 画像は、オーナーが煎れてくれたカプチーノ(で良かったですか?)です。


PC081111.jpg

PC081116.jpg

 朝食を済ませて、さあ、小豆島の絶景巡りに出発です。

 ところで、この集合写真はライツボから約20mほど降りたところになりますが、降りるときに”ガサッガサガサ”と音がする方向を向いたら、猪さんが直ぐ近くを歩いていました。(゚Д゚)


PC081117.jpg

 このライツボ看板はこれまでもblogで紹介してきましたが、小豆島ヴィラのほぼ頂上にあるロータリーに設置されています。

 このロータリーからライツボまでは100mくらいでしょうか。
 ライツボとは反対側にあるのが・・・


PC081118.jpg

PC081119.jpg

 リゾートマンションです。(下の画像はレストラン等)

 築30年程度ですが、現在は無人です。(廃墟ともいう。)


 ところで・・・
 
 ここだけの話ですが・・・

 昨夜、夜の散策に出掛けたとき・・・

 点いていたんですよ。

 一階(管理事務所がありました。)に灯りが・・・。(本当と思う。)

 でも配電盤とかは壊れていたのですが・・・
 オーナーには内緒です。 (もう夜は散歩しません。)


PC081123.jpg

PC081122.jpg

 この日は好天に恵まれました。
 まず、向かったのは、「碁石山(ごいしざん)」です。
 駐車場もあり、そこから5分程度石段を登ります。


PC081128.jpg

PC081130.jpg

 碁石山から降ったところで撮影したマルキン醤油の工場群です。
 外観はノスタルジックな白壁ですが、内側はタンクが並ぶ工場になってます。


PC081131.jpg

PC081135.jpg

PC081136.jpg

 続いて向かったのは、「石門洞」です。
 場所は、寒霞渓ロープウェイ紅雲駅の手前1kmから細い道を上ったところになります。
 駐車場からは徒歩約10分程度です。

 画像にあるように奇岩が目を引きます。
 ライツボのオーナー曰く、紅葉のシーズンはお勧めだそうです。


PC081140.jpg

PC081139.jpg

 まさに石門のような・・・。


PC081142.jpg

PC081145.jpg

 本堂(?)は、岩をくり抜いた穴の中にあります。

 不動明王も迫力あります。


続きを読む

小豆島愛どんだけぇ ~鉄板コース珍道中(前編)~

 こんにちは! のぼうです。

 いつもお世話になっているマダイさんの奥様からこんなお話が・・・。

  「のぼうさん、今年はもう小豆島行かんの? 絶景を見たいんじゃけど・・・。」

 お世話になっている(大恩ある)奥様のご要望、お応えしない訳にはいきません!
 
 と言うわけで、今年4回目の小豆島に行ってきましたぁ~(どこまで小豆島好きなんじゃろ~)



 今回は、寒いこともあり、のぼうの軽四に、マダイご夫婦、奥様のお友達のTさん、そしてのぼうの四人が乗り込み、小豆島珍道中となりました。
 すっかり馴染みになった新岡山港、9:30おりいぶ丸で出航です。


PC070742.jpg

 10:40土庄港に到着です。
 ところで、上の画像にあるように「ART no SHOW」の垂れ幕が下がっています。


PC070743.jpg

 コシノ ジュンコさんのアートな作品が展示されています。


PC070754.jpg

PC070746.jpg

 下の画像は、巨大な衣装を身にまとったマダイさん。(後に立ってます)


PC070756.jpg

PC070759.jpg

 やっぱりコシノ ジュンコさんのデザイン??でしょうか。トイレもアートしてます。(笑)


PC070767.jpg

 土庄港ターミナルから向かったのは、歩いてもいけるところにある「おおみねのうどん屋さん」
 11:00オープンと同時に一番乗り!


PC070771.jpg

 本日のオススメ「梅そぼろうどん」に思わず「こりゃぁ~ええでぇ~」とマダイさん!(いつもリクエストに応えてくれてありがとう!)
 おおみねのうどん屋さんは、小豆島で「さぬきの夢」(さぬきうどんのために香川県で研究開発された小麦)を使っている唯一のお店です。美味しいうどん屋さんです!


PC070779.jpg

PC070774.jpg

 続いて、「世界一狭い 土渕海峡」へご案内。
 看板も多国籍の言葉で書いてあるとおり、行楽シーズン中は賑わってますが、12月に入り寒くなると静かです。
 最も狭いところは、9.93m、1996年に「最も狭い海峡」としてギネス認定されたそうです。


PC070780.jpg

PC070786.jpg

 土渕海峡から歩いて5分、山門でかわいい人形が迎えてくれる西光寺です。
 銀杏の木は樹齢250年以上だそうです。


PC070788.jpg

 パンフレットとかで使われている撮影スポットでパチリ!


PC070793.jpg

 続いて、ご案内したのは鉄板中の鉄板「エンジェルロード」です。
 潮がひくと道が現われて、向かいの弁天島に渡れます。
 このエンジェルロード、大切な人と手を繋いで渡ると願いが叶うそうです。


PC070795.jpg

 恋人の聖地「約束の丘展望台」からのエンジェルロード。


PC070799.jpg

 恋人の聖地で昔を振り返るマダイさんご夫婦です。


PC070802.jpg
 展望台で見かけた(動じない)猫、honeGさんの情報による主じゃろか。
 目をつぶったまま、愛想もなし。でも、太ってる・・・。


PC070804.jpg

PC070805.jpg

 折角なのでエンジェルロードを歩いてみます。
 弁天島側に吊り下げられた、恋人達の願い!(かなうと良いですね)


 ところで・・・。


PC070809.jpg

 あんなところにぶら下がってる(゚Д゚)

 愛は危険も顧みない・・・のかな(笑)


PC070813.jpg

 「天使のポスト」”大切な人への思いを天使が届けてくれる”そうです。
 早速、Tさんが投函してました。(どこ宛てじゃろ)


PC070815.jpg

PC070818.jpg

 続いて向かったのは、エンジェルロードから10分程度、西へ移動したところにある「樹齢千年のオリーブ大樹」です。
 以下HPから
 「3月15日は「オリーブの日」。1950年3月15日に昭和天皇が小豆島ご巡幸の際、オリーブの種をお手蒔きされたのが始まりです。 そして、2011年の記念日に合わせてスペイン・アンダルシア地方からはるか10,000kmの海路を経て樹齢千年を超えるオリーブの樹がオリーヴの森EASTにやってきました。」とのこと。
 驚くような巨木ではありませんが、力強さを感じさせる大樹でした。

続きを読む

たけはら憧憬の路に行ってきました。

こんにちは! のぼうです。

 10月27日(土)、第17回目(2019年)町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~に行ってきました。
 江戸時代の風情を今もそのままに保存している町並み保存地区を、5,000本の竹灯篭から溢れるろうそくの灯りで幻想的にライトアップするイベントです。


 町並み保存地区の入り口にある旧日の丸写真館です。木造造り3階建ての風情のある建物です。

 PA260139.jpg
 日が暮れる頃から、次々とろうそくに火が灯されます。

PA260143.jpg
 歴史民俗資料館です。竹原の塩田の歴史が展示されています。

PA260154.jpg

PA260157.jpg

PA260162.jpg
 ろうそくが灯されると、幻想的な空間が広がります。
 17回目となるそうですが、近年は観光客が増えて、ちょっと風情が減ったようです。

PA260145.jpg
 「幸せのたけはら」、ろうそくの灯りが暖かく感じます。

PA260166.jpg
 胡堂、大林宣彦監督の映画「時をかける少女」(1983年)で舞台となったそうです。

PA260171.jpg
 竹原と言えば、大久野島のうさぎですね。憧憬の路でもはねていました。

PA260180.jpg

PA260189.jpg

PA260191.jpg
 ろうそくと竹が織りなす幻想的な空間です。

PA260196.jpg

PA260200.jpg

PA260225.jpg
 藤井酒造の酒蔵の壁です。

PA260209.jpg
 通りに戻ると、かぐや姫が・・・。
 周りはカメラを構えたおっさん達でごった返してました(笑)

PA260229.jpg

PA260251.jpg

PA260252.jpg
 ひとしきり散策して帰路へ

 幻想的な空間、おっさん独りでの散策でしたが楽しかったです(笑)

 こんどは、アニメ「たまゆら」の聖地を巡礼してみるかな。

 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。
 
 

「太陽の塔」を見に行ってきました。

 こんにちは! のぼうです。

 自転車で古の都を散策した翌日、未だ痛みの止まないお尻を抱えて帰路につきました。

 その帰り道、大阪万博記念公園に立ち寄ってみました。


 大阪万博記念公園の開園は9時30分から
 開園まで時間があったので、お隣のエキスポシティをしばし散策・・・。

 入り口にはなかなかリアルな”ガンダム”が(嬉)

DSC_6568.jpg
 アップしました。
 高さは5m余りでしょうか、細部までしっかり作り込まれています。
 オープン前で人も殆ど居ないので、これ幸いと写真撮りまくり(笑)

DSC_6567.jpg
 遠く離れた本土から、無人機を操縦して他国を攻撃する現代ですが、ひょっとして誰かがミノフスキー粒子を発見して、電波による兵器が使い物にならなくなったら、”あり得るのか”などと思いつつ、ええおっさんが、写真撮りまくり(爆)

 9時30分、開園と同時に万博記念公園へ

DSC_6591.jpg

DSC_6599.jpg
 これまで高速道路からチラ見するだけだった太陽の塔ですが、近くでみると迫力有ります。
 高さ71m、腕の長さは片側で25mもあります。
 思えば、ガンダムの高さは約18m、いかに太陽の塔が巨大か(サイコガンダムと同じくらい?)
 ・・・と、ガンダムネタはこのくらいにして(笑)

 さて、太陽の塔は四つの顔を持っているとのこと。
 一つ目は、未来を象徴する頂部の「黄金の顔」・・・。

DSC_6606.jpg
 二つ目は、現在を象徴する正面の「太陽の顔」。(真ん中にあるピカソの絵のような顔です。)

DSC_6594.jpg
 三つ目は、過去を象徴する背面の「黒い太陽」。(人相悪いなぁ)

 そして四つ目ですが・・・日本万国博覧会当時テーマ館の地下展示室に、「地底の太陽」といわれる第4の顔が展示されていたそうです。 「地底の太陽」は、高さ約3メートル、全長約11メートルにもなる巨大な展示物でしたが、博覧会終了後の撤去作業のどさくさで、現在も行方がわからないとのこと。

 それにしても、未来、現在そして過去ときて、四つ目は何を象徴していたのだろう?(HPにも説明がありませんでした。)

 ひとしきり散策して万博公園を後に

 一路、広島を目指します。

 思いつきで立ち寄りましたが、間近で見れて良かったぁ(ガンダムも)

 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。
 
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数