笑ってばっかり 美保関親父旅(後編)

 こんにちは!のぼうです。

 親父しか出てこないむさ苦しい旅行記後編です。(笑)
 (Tジュニアはまだ若かった)


 朝から好調のTジュニア、実は用事があって早朝に現地解散(集合も現地だったけど)したTさんから「あと宜しく」と置いてけぼりにされました。(冗談)
 朝から好調の証に、二人前の朝食をペロリ!(やっぱり若いっていいなぁ)

DSC09759.jpg

DSC09752.jpg
 まつやさんの朝食です。質実剛健(?)、バランスもバッチリです。

 さて、まつやを後にして、まずは灯台を目指します。

DSC09761.jpg
 県道2号を美保関灯台を目指して進みます。
 途中に「男女岩(みょうといわ)」があります。
 観光HPから「その形から子宝に恵まれるとの俗信が生まれ、縁結びの名所になっています。 」とのこと。

DSC09762.jpg
 どっちの岩が男だろう・・・(心の中では間違いなくこっちと思ってる。綱に縛られた姿がなんとなく痛々しい。)

DSC_1779_2018061321201613e.jpg
 美保関灯台(明治31年(1898年)11月8日に初点灯された山陰最古の灯台。)に到着。
 朝早かったので、お店はまだ開いていませんでした。
 ぐるりと回って景観を楽しみました。

DSC09764.jpg

DSC09778.jpg
 美保関灯台から少し戻って美保神社へ
 こちらは美保神社から仏谷寺に至る石畳の通りは江戸時代の参拝道の遺構「青石畳通り」です。
 平成18年『未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選』に認定。

DSC09765.jpg

DSC09777.jpg
 美保神社です。
 観光HPから「事代主命(えびす様)の総本宮で、母神である美穂津姫命と共にお祀りしてある古大社。本殿は文化10年吉川広家が征韓戦捷の奉賽として造営したものであり、本殿は二殿連棟の特殊な形式で美保造りまたは比翼大社造りといって、国の有形文化財に指定されている。」そうです。
 道中の無事とみんなの健康長寿を祈念して出発です。

DSC09780.jpg
 続いて向かったのは、美保神社から数分の距離にある「関の五本松公園」です。
 以前はリフトがありましたが、今は歩きのみ。いやがる親父達一行を引っ張って(言い忘れたけど、美保関灯台から既に飲んでいる(笑))登ります。

DSC09782.jpg

DSC09783.jpg

DSC09785.jpg
 10分程度歩くと、かつてのリフトの残骸がありました。
 そういえば最近、グーグルで見つけた遺構(廃屋)を訪ねていく番組がありますが、まさにそんな探検隊の気分です(笑)

DSC09793.jpg
 約20分余りで山頂にある「関の五本松公園」に到着。
 山頂はきれいに整備されていましたが・・・

DSC09792.jpg
 公園に設置されていた立派な東屋は、さして使われた様子もないままに、一部朽ちて・・・あちこち危険になってました。

DSC09790.jpg
 観光HPから
 「標高約100~130mの小高い丘の上にあり、民謡「関乃五本松」の由来になった4本の松で有名。 一帯には約5,000本のツツジ(品種:淀川)が植えられており、県下で有数のツツジどころです。4月下旬から5月上旬が見頃。頂上の展望台からは南に美保湾、弓ヶ浜、中海、大山を見ることができます。
 展望台近くの広場にある平和祈念塔は、昭和2年(1927)8月、地蔵崎の北東沖で演習中に衝突、沈没した日本海軍の駆逐艦 蕨、葦の犠牲者119人の霊を慰めるために昭和4年(1929)11月に建立されました。終戦までは海軍元帥東郷平八郎の「慰英霊」の文字が刻まれた忠霊塔だったが、戦後、忠霊塔などは壊すよう命じられたため、やむなく文字盤だけ外し、昭和27年(1952)平和祈念塔とした。」
 この塔は90年前の代物みたいです。

DSC09786.jpg
 関の五本松の由来です。

DSC09766.jpg
 美保神社にあった初代「関の五本松」です。

DSC09788.jpg
 今は三代目が立派に成長しています。

山を降りて、一行は美保の北浦(島根半島の日本海側)を目指します。
 

続きを読む

スポンサーサイト

笑ってばっかり、美保関親父旅(前編)

 こんにちは!のぼうです。

 さて、今回はバイクネタではありません。
 6月2日(土)、3日(日)で同級生の親父3人プラス1人で美保関一泊マイカー旅に行ってきました。
 昨年5月の大山旅行に続いて2回目の飲んべえ親父旅です(笑) 
 
DSC09654.jpg
 竹原市で合流してからR432を北上します。
 途中、久しぶりに世羅町にある大将のたこ焼きへ

DSC09656.jpg
 乾杯! 右からKさん、Yさんの二人・・・並べるとKY、笑えます。
 今回の運転はのぼう(順番)です。
 この二人、出発直後から麦酒をプシュッと楽しんでます。
 大将のお店、久しぶりだったのですが、店舗が拡張されてテーブル席が増えてました。(儲かってる)

DSC09684.jpg
 世羅ICから尾道・松江自動車道で北上します。
 三刀屋木次ICで降り、向かったのは松江市宍道町宍道998-1にある「百歳庵」さん(一年ぶりです)

 「百歳庵」は、蒐古館(「しゅうこかん」と読みます。美術館ですが閉鎖中。)の前で営業している食事処です。
 この日は、百歳庵前の駐車場で「蒐古館広場歳時記と木幡家(「こわたけ」と読みます。)荘まつり」が開催されてました。

DSC09659.jpg
 百歳庵でのお勧めはご主人が精魂込めて打つお蕎麦です。
 この日は、イベントで手が回らないので、蕎麦セットのセットはお弁当でした。(お蕎麦は3人分打って準備してくれてました。感謝です。) ボリューム満点、お蕎麦も変わらず美味しかったです。

DSC09668.jpg
 イベントでは、百円で「卵詰め放題」、百円で「ジュース積み放題」、蚤の市(古物等販売)など行われており、のぼうはジュース積み放題にチャレンジです。結果、7本を(百円で)ゲット!しました。

DSC09686.jpg

DSC09687.jpg
 お腹も一杯! 麦酒で顔色も良くなっている親父達、出雲大社の予定を変更して、玉造温泉ゆ~ゆへ(ぶらり旅ですから)
 さて、観光案内HPから借用です。
 「日本でも最古の歴史をもつ玉造温泉。今から1300年前、奈良時代初期から あったと言い伝えられています。古代 出雲神話で大国主命とともに国造りをした少彦名命により発見されたといわ れています。その頃の出雲国風土記(西暦733年)には次のように記されていました。
 「ひとたび濯げば形容端正しく、再び 浴すれば万の病ことごとに除こる」
訳しますと、一度洗えばお肌も美しく綺麗に、二度入ればどんな病気や怪我も治ってしまう。
そのためこの地では「神の湯」と言われ親しまれました。まさに日本で初めて美肌温泉が誕生した瞬間でした。」
 神話の時代の話なので真偽は別としても、よい湯でした。(満足・まったり)

DSC_1756.jpg
 玉造温泉を後にして、山陰自動車道を東進し、大根島を経由して境港を目指します。
 北側から望む江島大橋です。
 桁下を航行する船舶の通航に支障がないよう、島根県側は6.1 %、鳥取県側は5.1 %の勾配を設けて44.7 mまで登るそうです。
自動車のCMに使われて、CMでは橋の急勾配から「(アクセル)ベタ踏み坂」と表現されていました。

DSC09690.jpg
 境港に係留されている境海上保安部の巡視船おきです。
 瀬戸内海には、こんな大きな巡視船はいません。(多分) 全長96m、排水量1500トンの迫力ある船体です。
 主砲(?)に緊張感の強さを感じます。

DSC09700.jpg

DSC09701.jpg

DSC09702.jpg
 飲んべえ親父(のぼうは除く)一行は、水木しげるロードへ
 この日は、道路等改修工事の真っ最中でした。7月にはリニューアルした水木しげるロードになるそうです。

DSC09708.jpg
 歩いていた「死神」を発見! 

DSC09729.jpg
 町中で等身大スパイダーマンを発見!(妖怪の仲間?)

DSC09712.jpg
 等身大(?)、ぬりかべと2ショットです。

 それにしても、境港の町は・・・
DSC09735.jpg

DSC09730.jpg
 マンホールも・・・

DSC09732.jpg
 公衆トイレも・・・

DSC_1757_2018060920315310c.jpg

DSC_1759.jpg
 電車にポストも・・・妖怪だらけ(既に妖怪の町になってる。)

DSC09744.jpg
 極めつけは、「鬼太郎交番(本物の交番です。念のため。)」です。(笑)
 これでお巡りさんが鬼太郎のチャンチャンコと下駄を履いていたら完璧です!(確認できず)

続きを読む

町並み竹灯り ~たけはら憧憬の路~ に行ってきました。

 こんにちは! のぼうです。

 今回はバイクネタではないのですが、10月29日(日)、西の小京都・竹原市の町並み保存地区一帯で開催された ~たけはら憧憬の路~ に行ってきました。
 江戸時代の風情を今もそのままに保存している町並みを、竹灯篭から溢れるろうそくの灯りで幻想的にライトアップされたイベントです。


IMGP1472.jpg







IMGP1366.jpg

IMGP1379.jpg

IMGP1367.jpg
 町並み保存地区です。
 竹原市は、のぼうが育った町です。実は、この町並み保存地区を歩いて、中学校に通っていました。
 当時は、今のように整備はされていませんでしたが、なんとも懐かしいです。

IMGP1401.jpg

IMGP1395.jpg

IMGP1453.jpg

IMGP1424.jpg
 竹と灯りが幻想的なシルエットを醸し出しています。

IMGP1444.jpg
 普明閣といいます。 竹原の町並みが一望できます。

IMGP1404.jpg

IMGP1377.jpg

IMGP1438.jpg

IMGP1474.jpg
 地蔵堂です。のぼうの母は、この近くの縫製会社に勤めていました。
 自転車で転倒して、足から血を流して泣きながら、母のところへ行ったときのことを思い出しました。

IMGP1461.jpg
 木造3階建ての「旧日の丸写真館」です。

 
 鞄をたすき掛けにして、この路を中学校へ通っていたのは、もう40年以上も昔のこと・・・。
 ちょっと、しみじみ・・・
 ほんの短い間でしたが、気持ちだけタイムスリップできました(笑)


 親父の思い出話にお付き合いいただき、ありがとうございました。


 



春の大山地ビール祭に行ってきました!

 こんにちは! のぼうです。

 ここしばらく、ばたばたしたり体調崩したりで、すっかり更新が遅くなりました。

 と言うわけで、2週間前のネタですが・・・(笑)
 恒例のガンバリウス地ビール祭に、今回は田舎の同級生三人の親父トリオで行ってきました。
  

 今回、一緒に遊んでくれた昔の面影が・・・僅かに残る同級生二人。二人とも昔はスリムだった・・・。(人のことは言えないけど)

IMGP0800.jpg
DSC_3546.jpg
 お昼は、奥出雲「味処 玉峰」へ
 このクオリティで価格は@860!お得感満載です

 奥出雲からR432で安来市へ
 途中、「厄ばらいの寺 安来 清水寺」(やすぎ きよみずでら)へ

IMGP0819.jpg
 以下は、HPから
「587年に開かれた天台宗の古刹。十一面観音様をご本尊に厄払いの寺として慕われています。
鬱蒼と茂る杉林を登ると瑞光山の山腹に清水寺はあり、5万坪余りの境内には、山陰唯一の三重塔など、県や国の重要文化財も数多く、荘厳な空気に包まれています。」

 確かに荘厳な空気に包まれていました

IMGP0838.jpg
IMGP0848.jpg
 このお寺は各種厄払いやご祈祷を行ってくれるそうです。

 清水寺から山陰道~R9~県道24で大山へ

DSC_3556.jpg
 県道24 本宮展望PAから望む大山です。
 天候にも恵まれて、美しい大山に出会えました。

IMGP0872.jpg
 「大山まきばみるくの里」でソフトクリームを頂きました
 まったりと乳濃いぃ~ソフトクリームです(笑)

IMGP0880.jpg
IMGP0878.jpg
 嬉しそうに、乳搾りをする親父二人!

 さあ、お待ちかね大山地ビールへ突入です!(笑)

DSC_3585.jpg
IMGP0892.jpg
 5時から予約をしていたので、待ち時間はありませんでしたが、当日組は既に待ち状態でした。

DSC_3567.jpg
 サーバー設備がリニューアルされてました。

DSC_3571.jpg
 黄金色に輝く大山地ビールで乾杯!

 この後、9時過ぎまで親父三人の宴が続きますが、絵的に面白くないので割愛(笑)
 でも、気兼ねない三人トリオ、お酒も話も尽きません・・・
(翌日につづく) 

続きを読む

復活! 田んぼの艦隊

 夏前に姿を消していた「田んぼの艦隊」が復活していました。

 場所はR375で、市道341との交差点先、三次市との境から東広島市寄りのところです。
 よく見ると、大和級戦艦が見えませんが、空母が1隻増えて、機動部隊になっています。
 現在の艦隊は、空母3,巡洋艦1、軽巡1、護衛艦1、潜水艦1という編成です



DSC_0534_20150923073254a25.jpg
DSC_0453_201509230732511b2.jpg
 迫力あります。
 空母は1m以上あります。

 大和級戦艦は修理中かな 
 風になびく(流される)艦隊を見ながら、ちょっとほっこり・・・。
 
 
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど ~セカンドシーズン~
訪問者数