FC2ブログ

灼熱のとびしま海道ぶらぶら(番外編)

 こんにちは! のぼうです。

 さて、先日の”灼熱のとびしま海道”の旅ですが、町並み保存地区にある駄菓子屋玩具ミュージアム「御手洗昭和館」に立ち寄りました。
 これまでも、その存在は知っていたのですが「まあ、お茶を濁す程度かな」と勝手に思い立ち寄らず。
 今回は、少し涼めればと思い立ち寄ってみました。(安易)



P8161809.jpg

 外観は普通の民家、まあ涼んで時間つぶしになればと・・・。


P8161862.jpg

 入館料は@300です。
 受付にいた20代と推定されるお兄さん、聞いてみると館長のご子息でした。
 受付の後ろに置いてあった白黒テレビ、ウルトラセブンを放映していました。
 聞けば、展示物は館長が長年掛けて収集されたものとのこと。

 以下、展示品の一部をご紹介

P8161812.jpg

 な、懐かしい・・・のぼうの子供(若しくはそれ以前)の頃の駄菓子屋(若しくは祭りの屋台)にあった駄菓子がそのまま置いてある。(ちょっと胸が踊る)


P8161816.jpg

P8161817.jpg

 昔の看板やガチャガチャ、子供心に由美かおる様の看板にドキドキしたものです。(笑)
 凄いなぁと思うのが、駄菓子屋の商品などは、ほとんどが新品の状態でした。(どこで収集するんだろ)


P8161821.jpg

P8161822.jpg

 下の画像にある昆虫採集セット、のぼうも似たようなセットを持っていました。
 捕まえた昆虫に訳の分からん液体を注射して、針で固定して・・・今時はないでしょうねぇ。


P8161824.jpg

P8161832.jpg

P8161835.jpg

 山口百恵さま、懐かしいです。
 中学一年生に万年筆というのも時代を感じます。(しみじみ)

 3枚目の画像は、鋼鉄ジーク、関節が球体の磁石でけっこう色々なポーズが出来たりします。
 当時は画期的(と思った)な商品でした。


P8161834.jpg

P8161843.jpg

 当時の子供達が実際に遊んでいた馴染みのあるおもちゃ達。
 紙火薬を使った拳銃など、今ではないでしょうねぇ。


P8161846.jpg

P8161848.jpg

 0戦はやと、忍者部隊月光のヘルメット、のぼうより少し年長世代ですね。
 下段にあるミラーマン(シルバーの面)、主人公の俳優さん、確か昨年亡くなられましたね。(合掌)


P8161837.jpg

P8161838.jpg

 身近な懐かしさがこみ上げてきます。
 野球盤、消える魔球装置が付いてます。
 人生ゲーム、子供が生まれると車にピンを刺してましたね。

 子供の時に欲しかったおもちゃ、遊んだおもちゃ、駄菓子やドキドキしながら引いた”くじ”など、もう目にすることがない(と思っていた)それら展示品は、のぼうを子供の時代にタイムスリップさせてくれました。(楽しい時間)


 入って良かったぁ。(お薦め)
 ただ楽しめる年代は、50歳以上かなぁ。(40歳未満の方には意味が分からないかも)
 とびしま海道に行かれた際のご参考まで(笑)
 
 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。
スポンサーサイト



うどん県ぶらぶら ~旅する絵本のピンズを求めて(後編)~

 こんにちは! のぼうです。

 さて、うどん県ぶらぶらの後編です。



 宿にチェックインしてから近くの居酒屋へ。その後、親父部屋で二次会・・・(翌日の運転もあるので量は控え目) 
 ※酔っ払いの親父は絵面が悪いので画像はありません。(笑)


DSC_8088.jpg
 
 今回、宿泊した坂出プラザホテル。安価なビジホですが、室内は改装され、広くて清潔でベリーグッドでした。
 朝食はバイキング形式で種類も豊富、味もまずまず、次回も利用したい宿でしたよ。(参考まで)

 画像は、コロナ対策の手袋、使い捨てトングです。


 二日目の目的地は、三豊市詫間町 須田港の沖にある粟島です。
 粟島には、ある有名人の○○○があり、ここが二日目の最大の目的地です。(謎々)


P6141306.jpg

P6141312.jpg

 途中で立ち寄った子供の守り神津島神社です。
 本殿がある津島と対岸とは約250m離れており、普段は通行できませんが、夏季大祭のある毎年8月4日と5日の二日間だけ、橋が架けられ渡ることができます。 この「つしま橋」は別名「しあわせ橋」といわれ、この橋を渡ると、子供・若いカップル・夫婦に幸せが訪れるとされているそうです。


DSC_8092.jpg

 9時10分発の連絡船に乗って粟島を目指します。


P6141315.jpg

 小さな連絡船ですが、予約すれば自動車も1台搭載可能です。(5ナンバーまでかな)


P6141318.jpg

P6141320.jpg

 所要時間15分の細やかな船旅で粟島港に到着。粟島港には竜宮城が出迎えてくれました。(笑)


P6141321.jpg

 粟島港で見かけた楽しいデザインの車、見るぶんには楽しいけど町中で運転するのは勇気が要るなぁ。


P6141322.jpg

P6141324.jpg

 ピンコロ地蔵・・・思わずピンピンコロリで逝けますよう祈願しました。(笑)


P6141325.jpg

 浮きブイを使った看板や人形が粟島のあちこちに飾ってあります。


P6141370.jpg

P6141327.jpg

 しまの(唯一の)コンビニたけうちさんです。
 この日はお休みでした。


DSC_8098.jpg

 粟島港から徒歩5分、本日最大の目的地にやって来ました!
 画像を間違えてる?って思われるかも知れませんが、ここが目的地なのです!(笑)

 このベンチこそ、あの一世を風靡したチェッカーズ藤井フミヤさんが、座られたベンチなのです!!!
 (2013年に粟島に来たとのこと。その際に座ったらしい)


DSC_8095.jpg

 写メ撮りまくりのともちん、実はフミ兄さんの大ファン!なのでした。
 ちなみに、グーグルマップにもフミヤベンチという名称で出てきます。


P6141335.jpg

P6141336.jpg

 フミヤベンチを後にして、粟島を散策します。
 やって来たのは漂流郵便局。
 旧粟島郵便局舎を利用した、宛て先不明の手紙が集まる「郵便局」だそうです。 2013年(平成25年)の瀬戸内国際芸術祭の作品の1つとして久保田沙耶氏が制作したもの。
 この日は休業でした。(残念)


P6141342.jpg

P6141344.jpg

P6141349.jpg

 粟島海洋記念館です。
 明治30年、日本初の海員養成学校として誕生したそうです。昭和62年に廃校となるまで多くの船員を養成したそうです。
 大正9年に建築された木造2階建ての校舎跡には、昔の船舶機器や模型など資料が展示されていますが、瀬戸内芸術祭でも使われたのでしょうか、今は雑然としていました。


P6141346.jpg

 粟島海洋記念館に隣接する宿泊施設ル・ポール粟島です。
 予約なしで昼食が食べれる数少ない施設とのこと。(時間が合わず今回は見送り)

続きを読む

うどん県ぶらぶら ~旅する絵本のピンズを求めて(前編)~

 こんにちは! のぼうです。

 新型コロナウイルス対策で都道府県をまたぐ移動自粛も順次解除され、広島県では19日に全面解除されることとなりました。(一定に感染者が出続けている東京都、札幌市、北九州市への移動は慎重な検討を促す条件付き)

 生活のうえでは、やはり3密にならないよう注意し、マスクを着用して感染予防に努めながら、日常へ戻りつつあります。

 そんな時、マダイ奥様からこんな指令が・・・ 「この週末、四国水族館がオープンしているらしい。」

 検索してみると、香川県にできた四国最大級の水族館ですが、コロナウィルスの影響でオープンが延期になっていたようです。
 いつもお世話になっている大恩あるマダイ奥様の指令、行かねばなりません!(笑)



DSC_7961.jpg

 という訳でやってきました!四国の玄関口です。
 出発した週末の天気はあいにく曇り時々雨でしたが、まあ車での移動なので気にしない・・・。(屋根があるって便利だわぁ)


DSC_7964.jpg

P6131241.jpg

 今回はマダイさんご夫妻に、奥様のお友達のともちんを加えて、総勢4名のツアーです。
 四国水族館は、香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4 (宇多津臨海公園内)にあり、画像にあるゴールドタワーの北西(隣)に位置します。

 9時のオープンに合わせて突入です。(勿論、マスク着用、入館時には検温、手指消毒を実施!)


DSC_8001.jpg

 コロナウィルス感染対策で、周囲と距離を測りながら回ります。
 この日は、イルカプレイングタイムなどイベントは休止のままでした。


DSC_7970.jpg

DSC_7975.jpg

P6131257.jpg

P6131251.jpg

 いろいろなお魚さんが優雅に泳いでいます。(名前、忘れました(汗))


DSC_7999.jpg

DSC_7997.jpg

 カラフルなクラゲさん・・・。


P6131280.jpg

DSC_8019.jpg

 愛想の良いペンギンさん達・・・。


P6131276.jpg

 浦島太郎伝説の地 香川県ということで再現された竜宮城とのこと。
 太郎さんが時を忘れるくらい楽しかった竜宮城!・・・ピンサロにしか見えない(笑)

 童心にかえって、楽しくひとしきり観て回りました。

 今回はイベント休止ということで、見学時間は1時間半くらいでしょうか。


DSC_8048.jpg

DSC_8046.jpg

 四国水族館を後にして、ちょっと早めの昼食です。
 やってきたのは、丸亀市土器町東9丁目にある中村うどんさん。
 画像は、しょうゆうどん(大)です。
 卓上に置いてある出汁(薄口しょうゆ風)をかけていただきます。麵はスタンダードな太さ、しっかり腰があり喉ごしが良かったです。


DSC_8057.jpg

DSC_8054.jpg

 やっぱりうどんの醍醐味は「はしご」ですよね(笑)
 続いて訪問したのは、坂出 山下うどんさん。入り口で看板娘が出迎えてくれます。

DSC_8053.jpg

DSC_8052.jpg

 美味しいうどんと種類の豊富な天ぷらにご満悦の一行です。
 のぼうは「かけ大」をいただきましたが、出汁が美味しかったです。(マダイ奥様の一押しは「イモ天」でした。)

続きを読む

離島ぶらぶら ~佐木島ウォークラリー~

 こんにちは! のぼうです。

 非常事態宣言が全国に拡がり外出自粛を受けて、この週末も自宅で良い子にしています。
 今は、自分や家族が感染しないために自己防衛に徹するのが大事ですね。
 
 さて、今回の記事は、3つの密に注意と言われはじめた頃、まだ外出自粛ではなかった頃のお話です。




 三原市三原港です。
 今回の目的地は、三原市の沖合に浮かぶ「佐木島(さぎしま)」という周囲12キロ、島民800人弱の小さな島です。
 平成2年から開催されている「トライアスロンさぎしま大会」は全国から300人あまりの鉄人が集うそうです。

 「塔の峰千本桜」が見応えありと聞き、離島ならば3つの密もなかろうと行ってみることに!


P4050932.jpg

P4050941.jpg

 三原港からさぎ港まで、フェリーで25分の航海です。


P4050945.jpg

 さぎ港近くの高台に登ると、遠目に佐木島灯台が見えました。
 桜は日当たりの良いところは概ね開花していましたが、日陰のところはまだ6~8分咲きでしょうか。

 さあ、ウォークラリーの始まりです。


P4050953.jpg

P4050956.jpg

 反時計回りに島の外周に沿って歩いて行きます。
 先ほど、遠目に見えた佐木島灯台に立ち寄ります。
 
 恋する灯台・・・検索してみると全国に50カ所程度あるようです。
 HPには「晴れの日も、荒れ狂う嵐の日も、大海原を照らし続けてきた灯台の光は、人生の道標のようであり、
未来に進む勇気を与えてくれるような気がする。」とありました。

 気がする・・・という所が引っかかりますが、まあ海の道標と人生の道標を引っかけてということですね。


P4050962.jpg

P4050965.jpg

 大野浦海水浴場です。
 とにかく海が綺麗で、三原市のちょっと沖にこんな島があること自体が驚きです。

 下の画像、なにかの工作物にもみえるのですが・・・。(海に面した露天風呂とか) 説明板等ありませんでした。


P4050959.jpg

 画像の左に浮かんでいるのが宿禰島(すくねじま)です。
 昭和35年に新藤兼人映画監督が、宿禰島を舞台に「裸の島」という映画を制作したそうです。


P4050976.jpg

P4050971.jpg

 長浜海岸です。
 綺麗な海岸がすう~っと延びていて、青空とのコントラストともマッチして綺麗でした。心が癒やされます。


P4050997.jpg

 さぎ港から歩くこと約7キロほど、塔の峰千本桜にやって来ました!(けっこう遠かったぁ)


P4051005.jpg

P4051007.jpg

P4051014.jpg

 塔の峰千本桜、ほぼ満開でした!
 人出も少なく、3つの密にはなりようもない桜並木を空を見上げて歩きました。
 山頂で軽い昼食をとりながら、しばしほっこり。(ここまで遠かったけど、来て良かったぁ)


P4051020.jpg

 桜を堪能し帰路へ(やっぱり歩きです。)


P4051028.jpg

 千本桜近くにある「さぎしまふるさと館」で見かけた「考える人」です。
 オリジナルに比べると、小柄なお爺ちゃんっぽいかな(それはそれで愛嬌)


P4051042.jpg

P4051047.jpg

 帰路立ち寄った、志呂谷花見園 道祖神の丘です。
 道祖神というのは、「道祖神は様々な役割を持った神であり、決まった形はない。像の種類も、男神と女神の祝事像や、握手・抱擁・接吻などが描写された像などの双体像、酒気の像、男根石、文字碑など個性的でバラエティに富む」そうです。

 ここでは仲睦まじい夫婦の像がいくつも置かれていました。


P4051049.jpg

 仲睦まじいご夫婦・・・なんか石の形がきになるけど。 いやっ、きっと気のせい。(笑)


P4051057.jpg

 佐木島一周、約16キロ(寄り道したので)あまりを歩き抜き、さぎ港に帰ってきました。
 
 千本桜も見事でしたが、海も美しく、所々が別荘地になっているのもうなづけます。
 今回はぐるっと回っただけなので、島の見どころを見残してきました。

 コロナに打ち勝ったら、また訪問したいですね。

 近く再訪問できるよう祈念し、今はしっかりコロナに対する自己防衛に努めようと思います。

 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。

 

明治維新胎動の地 萩ぶらぶら ~明己悟探訪(猫編)~

 こんにちは! のぼうです。

 ついに広島県にも外出自粛の波が押し寄せてきました。

 この物語は、昔々、コロナ自粛のちょっと前のお話、まだ外出に制限などない時代のお話・・・。

P3010897.jpg

P3010854.jpg

 椿群生林を後にした一行が向かったのは、山口県萩市大字吉部上2489にある雲林寺(うんりんじ)です。
 画像にもありますが、通称「ねこ寺」と言われています。


P3010851.jpg

 このお寺をリクエストしたのは猫を愛して止まないマダイ奥様。思わず、抱きついてました。


P3010853.jpg

P3010858.jpg

 なかなか洒落た看板(?)
 下の画像の雲林寺という文字は、よくみると全部”猫”で描かれています。


P3010893.jpg

P3010891.jpg

 猫絵馬がぎっしり!
 本堂の前も猫の置物がずらりです。


P3010885_202004122102226fe.jpg

P3010874.jpg

P3010866.jpg

 施設内は見学自由です。
 とにかく、どうやって集めたのかと思わせるほどの、猫、猫、ネコ、ねこ・・・。
 真ん中にある柱にぶら下がっている猫、笑えました。


P3010871.jpg

 このステッカーもなかなか洒落てますね。(笑)


P3010869.jpg

 猫好きの人だけでなく、誰もがほっこりできて、ちょっと笑顔になる素敵なお寺でした。


P3010913.jpg

 帰路、津和野町で立ち寄ったのは、日本五大稲荷のひとつ、太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)です。


P3010912.jpg

P3010921.jpg

 小高い場所に建つ太鼓稲成神社にむけて、入り口から朱色に続く千本鳥居が延びてます。
 頑張って登ることに!
 津和野の町並みを眺めながら、ゆっくり鳥居をくぐっていきます。

 太鼓稲成神社を後にして、一路広島を目指します。

 萩の町並みや椿群生林を散策し、猫寺で癒やされた楽しい旅行でした。
 参加してくれた皆さん、大変お世話になりました。次回も宜しくお願いします。(親父には癒やしが大事)

 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。


プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数