こんにちは! のぼうです。

 丹後半島一周ツーリングの後編です。

DSC_0250_20171125213009f06.jpg
 この日の宿は、京丹後市網野町 露天風呂自慢の宿 丹後半島「海遊(かいゆう)」さんです。
 自慢の露天風呂の写真です。
 決して大きなお風呂ではありませんが、「心地よい潮風を感じながら入る崖の上の露天風呂は絶景(パンフレットから)」、確かに日本海を見下ろせる露天風呂でした!

DSC_0231_201711252130067c9.jpg

DSC_0226_20171125213003115.jpg
 今宵のメインは、アワビの火あぶり(笑)です。(まだ蟹は解禁になってない・・・。) 
 若女将さんでしょうか、可愛くにっこり笑って、火を付けて回ります。
 アワビさん達は、都度、”のたうち”回ってました・・・。

DSC_0228.jpg
 乾杯! 

DSC_0236_2017112521300752e.jpg
 なんとボンネさん、先日、船舶免許を取得したそうです。
 免許証をお披露目してくれました。
 ”のたうち”回ってたアワビさんを美味しく頂き、丹後半島の幸を頂きながら、バイク談義とお酒が進みます。

DSC_0257_20171125213011e96.jpg
 朝食です。
 メインは、海遊さんご自慢の手作りとうふです。
 いつもは、少ししか食べない朝ご飯、美味しくてご飯を3杯いただきました(笑)

DSC_0259_20171125213012264.jpg
 翌11月4日(土)は雨 
 当初は、山陰を抜ける予定でしたが、雨あしが厳しく、最短コースで播但連絡道路、山陽自動車道を駆けて帰ることに。
 宿を後にして、R178~途中、道に迷って~兵庫県豊岡市出石に立ち寄りました。
 雨の中、ヘルメットをかぶったまま観光(笑)

DSC_0274_20171125213016860.jpg

DSC_0261_201711252130135e8.jpg
 出石城趾です。
  あいにくの雨模様ですが、紅葉がきれいでした。
  前日の11月3日(金)は恒例のお城まつりが開催されていたそうで、この日も雨模様にも関わらず、多くの観光客でにぎわっていました。

DSC_0297.jpg
 出石のシンボル「辰鼓楼(しんころう)」です。
 観光HPから
 「出石城旧三の丸大手門の一角にある、明治4年(1871)建築の櫓。太鼓で時を告げていた。現在は時計台として利用されている。出石城旧三の丸大手門の一角にあり、櫓自体は明治4年(1871)の完成だが、後の明治14年(1881)に旧藩医池口忠恕氏が大時計を寄贈し、以来時計台として利用されている。現在の時計は3代目。」

DSC_0293_20171125213022cbf.jpg

DSC_0278_201711252130180ca.jpg
 お昼は、出石城趾の近くにある、出石手打ち皿そば「左京」さんです。
 左京さんでは、
 「男女を問わず大人20皿以上、子供15皿以上食されると、その証として「皿そば之証」を差し上げております。それを5枚集めて頂くと「一年間無料」になる「そば通の証」を差し上げます。」とのこと。

DSC_0287_20171125213019d49.jpg
 えんどぅさん、ざわさん、見事に20皿超えを達成!

DSC_0289_2017112521302126a.jpg
 皿そば之証をゲットしました。

DSC_0295_20171125213024e34.jpg
 証をかじる二人(笑) あと4枚集めると、1年間無料になります。頑張れぇ~!

 出石を後にして、北近畿豊岡自動車道~播但連絡道路~山陽自動車道を経由して、帰路へ

DSC_0303_201711252130278b1.jpg
 小谷SAで解散です。
 ボンネさんのステップは、仮固定のままでしたが落ちることなく無事に帰って来れました。(ざわさんのお陰ですね。)
 
 えんどぅさん、ざわさん、ボンネさん、お世話になりました!
 2日目はあいにくの天気でしたが、伊根の舟屋散策と、駆け足になったけど丹後半島一周できましたね。

 また次回、心地よい景色と美味しい食事を求めて、駆けりに行きましょう!
 ありがとうございました。
 
 
 親父の備忘録ブログに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



 


 
スポンサーサイト
 こんにちは! のぼうです。

 今年は例年より、冷え込みが早いようですね。
 風邪などひかれていませんか。

 さて、今回は、11月3日(金)、4日(土)で京都の丹後半島を巡ってきたツーレポを綴ります。


 今回の旅は、左から、ざわさん、えんどぅさん、ボンネさん、そして、のぼうの4人旅です。
 山陽自動車道の小谷SAに集合し、山陽自動車道~播但連絡道路を経由して、丹後半島を目指します。

IMGP1482.jpg
 和田山ICから、県道63、R176を駆けて、宮津市の「天橋立」へ
 天橋立は、四方に展望台がありますが、今回、向かったのは、成相寺の展望台です。有名な傘松公園より、高い位置にあるので、もっと展望が良いかな(笑)

IMGP1478.jpg

IMGP1481.jpg
 さすが観光地、お寺の展望台も@500(笑)
 少し雲が出てきましたが、なかなかの展望でした。

 と、ここでちょっとトラブル・・・
 この成相寺にあがる道、かなりの急坂で、しかもマイカーも多い状況でした。前方を押さえるマイカーがコーナーで殆ど停止するくらいの減速、失速するなぁと思いながらついて行っていたときに、ボンネさんが駆るボンネビル、失速してゴロン(驚)
DSC_0176_20171125212906347.jpg

DSC_0175_20171125212905568.jpg
 本人は、一回転するも見事な受け身で怪我はなかったのですが、ボンネビルは、左ステップのブラケットがポキリ・・・。
 早速に、ざわさん、ポケットから工具を取り出し応急処置でステップを固定してくれました。(帰りまで持ちました!)

DSC_0186_2017112521291591a.jpg
 お昼は、R178沿い 京都府宮津市日置 36-5 橋立そば処「まる丹」さんへ
 国内産そば石臼挽き手打ち十割そば専門店とのこと。

DSC_0184_20171125212913911.jpg

DSC_0179_20171125212912ab1.jpg
 えんどぅsん、さりげなく、よろちくびぃ~してます(笑)
 蕎麦は、十割そばとは思えないくらい腰があり、香りも喉ごしも良かったです。
 「そば湯」が最後に出され、すっごくドロドロ~と思いましたが、これがまた美味しかったです。
 そば好きの方にもお勧めできるお店でした。

DSC_0187.jpg
 まる丹さんの店先にて

 昼食後は、再びR178を北上し、伊根の舟屋を目指します。 
   
... 続きを読む
 こんにちは!のぼうです。

 先日、GLさんからこんなラインメッセージが・・・
 「ついに、男になりました。」
 GLさん、男じゃなかったの???・・・いや、外観的にはどこからみても親父(笑)

 よく聞いてみると「後継機に、カワサキNinja1000を買ってカワサキ乗りになりました。」の略とのこと。ならば、お披露目でしょう! と言うことで、10月8日(日)に奥出雲まで駆けてきました。


 道の駅「湖畔の里福富」に集合。
 Ninja1000を囲んではいポーズ。左から2人目がオーナーのGLさん。
 この日は、GLさんのリクエストで、奥出雲へお肉を食べにいくことに。
 R375を北上、備北広域農道~R183~R314(奥出雲おろちループ経由)で昼食場所の奥出雲町下横田「たたら」さんへ

DSC_4567.jpg
 混雑を避けて開店前に到着しましたが、どうぞと中で待たせて貰いました(笑)
 

DSC_4569.jpg
 注文したのは、「しまね和牛焼肉定食@1,500」です。
 「たたら」さんは、地元スーパーの精肉店が経営されていて、リーズナブルだけど、美味しく、量が多いのが特徴とのこと。ご飯は仁多米だそうです。

DSC_4577.jpg
 いつものマダイさんに加えて、R80さんとの親父コンビで「こりゃあ~ええでぇ~」(笑)
 やわらかいお肉は量も十分で満足、満足・・・。
 ご飯の大盛り、おかわりは有料でしたが、そうでなくてもお肉の量も十分で満腹になれます。

 さて、昼食後、奥出雲散策へ行くことに・・・ 
... 続きを読む
 こんにちは!のぼうです。

 すっかり更新をさぼってました。
 やばい、やばい、あやうく、「スポンサーサイト」になるところでした(汗)

 さて、すっかりアーカイブなネタになりましたが、9月30日(土)、10月1日(日)の2日間、大山TT(ツーリストトロフィー)に、ざわさん、じぇべらーさんと参戦してきました。


 道の駅「遊YOUさろん東城」で合流、優勝目指して、ガッツポーズ!

DSC09351.jpg
 さて、大山TTについて、ちょっと説明を・・・
 ラリー形式の競技で、上記のとおり、「コマ図」(距離、目印、方向)に従って進んでいきます。その途中、「CP」(チェックポイント)で途中経過のタイムを計測、更には、ゴールした際の時間が、あらかじめ設定された時間に近い方が勝ちというもの。
 それだけだと、走ってばっかりになりますが、各CPでは、ゲームを行い、その得点が加算され、勝敗を左右します。
 そんな楽しい競技です(笑)

DSC09283.jpg
DSC_4723.jpg
 土曜日は、天候にも恵まれ、青空に大山が映えます。

DSC_4730.jpg
 出発前の、じぇべらーさん、ざわさんです。
 初日は、正午にスタートです。1分間隔で、チーム毎(2台、1台でもOK)に出発します。

DSC09292.jpg
DSC09293.jpg
 CP-1に到着、場所は安来市の道の駅「あらエッサ」。

DSC09294.jpg
 安来と言えば・・・やっぱり、「ドジョウすくい」ですよね(笑笑)
 時間内に、「どじょう」を何匹すくえるかという競技です! しかもコスプレまで付いてくる

DSC_4737.jpg
 のぼうです。 みごとなへっぴり腰です。 「どじょうって、どうすればすくえるの?」(汗)

DSC_4741.jpg
 ざわさん、記念撮影! 似合ってます!!

DSC09310.jpgDSC09300.jpg
 コマ図に従いやってきたCP-2、雲南市の「癒しのテーマパーク 陽だまりの丘」です。 
 ここでのチャレンジは、巨大迷路「おろちのぬけがら地獄」です
 30分以内に脱出できたら、まずまずのタイムだそうです。

DSC_4746.jpg
 迷路にチャレンジする前の二人、まだゆとりの表情です。この後、地獄が待っているとも知らずに・・・。

DSC09302.jpg
 脱出まで、約30分、巨大迷路の中を徘徊しました。
 この日は気温も高かったので、暑いし、草臥れてくるし・・・。
 迷路の中で、所定のスタンプ(4個)を見つけて押印し、脱出するルールですが、行けども行けども、スタンプにたどり着かず
 よい運動になりました。
 この巨大迷路は定期的に、レイアウトを変更しているとのこと。きれいに整備されていて、なかなか面白かったです。

DSC_4750.jpg
 CP-3では、スタンプを貰うのみ。
 主催のカルロス会長さんです。

 CP-3からは、この日の宿「国民宿舎 さんべ荘」へ
 




 

 
... 続きを読む
 こんにちは! のぼうです。

 すっかりブログ更新をさぼっていました(汗)
 さて、9月中旬まで遡ります。
 9月15日(金)から18日(月)の4日間、黒部ダムを見に信州へ行って・・・・来る予定でした(笑)
 ところが、台風18号、大陸に向かうと見せかけて、まさかの反転、寄りによって、本州縦断コースの恐れ!
 ・・・・前日の夕方まで迷いましたが、予想コースだと、どこかで台風にぶつかってしまう恐れがあることから、やむなく断念。

 
 ↑ 出発前日の台風のコース予想です。本州縦断なんて、1年に1回くらいなのに・・・。


 結局、断念した他のメンバーと、急遽、大山地ビールに行くことになりました(笑笑)

 他方、勇気あるメンバーは、初志貫徹で予定どおり信州へ・・・(羨ましい)

 今回は、台風に屈したチームへなちょこ(どこかで聞いたような・・・。)の大山地ビールツーリングの悲しい記録です(笑)

DSC09267.jpg
 三次ワイナリーに集合したチームへなちょこ、右からR80さん、ざわさんです。

 今回は、1泊2日の行程で、雨雲が迫ってくる翌16日(土)は、さっさと引き上げるというシンプルな行程です。

DSC_4557.jpg
DSC_4560.jpg
DSC_4561.jpg
 三次から備北広域農道経由でR183へ、道後山から東城広域農道、県道11、日野広域農道を駆けて、「金持神社」へ

DSC09272.jpg
DSC09274.jpg
 心なしか、階段を登る、二人の背中が落ち込んでいるような・・・
 ざわさん、微動だにせず祈ってます!  きっと、「台風に罰を与えてやってください」と祈ってるに違いない(笑)

DSC_4570.jpg
 金持神社から、R181、県道113を経由して蒜山高原へ
 昼食は、「手打ちうどん やす坊」へ、いつもなら行列が出来る有名店ですが、さすがに平日のちょっと昼過ぎの時間なら、空いてました(笑)

DSC_4574.jpg
 ざわさんとのぼうは、蒜山焼きそばを注文、手打ちうどんが看板なのですが、一番人気はこの「蒜山焼きそば」だそうです(笑)
 固形燃料で温めた鉄皿に盛られた焼きそばは、ボリュームもまずまずで美味しかったです。

DSC_4578.jpg
 やっぱり手打ちうどんでしょう!とうどんに満悦のR80さん。

DSC_4579.jpg
 チーズ山盛りの釜玉うどんです! チーズはのぼうが削ってふりかけました(笑)

DSC_4584.jpg
 大山を眺めつつ・・・

DSC_4595.jpg
 大山まきばのみるくの里でソフトクリームをなめつつ・・・

DSC_4608.jpg
 モンベルのお店の前で記念撮影したり・・・(買い物はしてません)

DSC_4615.jpg
 そして、やってきました! ガンバリウスへ(笑)
 「台風のバカやロー」とばかりに、おっさん達はビールに溺れるのでした(笑)
 

 




... 続きを読む