こんにちは! のぼうです。

 すっかりブログ更新をさぼっていました(汗)
 さて、9月中旬まで遡ります。
 9月15日(金)から18日(月)の4日間、黒部ダムを見に信州へ行って・・・・来る予定でした(笑)
 ところが、台風18号、大陸に向かうと見せかけて、まさかの反転、寄りによって、本州縦断コースの恐れ!
 ・・・・前日の夕方まで迷いましたが、予想コースだと、どこかで台風にぶつかってしまう恐れがあることから、やむなく断念。

 
 ↑ 出発前日の台風のコース予想です。本州縦断なんて、1年に1回くらいなのに・・・。


 結局、断念した他のメンバーと、急遽、大山地ビールに行くことになりました(笑笑)

 他方、勇気あるメンバーは、初志貫徹で予定どおり信州へ・・・(羨ましい)

 今回は、台風に屈したチームへなちょこ(どこかで聞いたような・・・。)の大山地ビールツーリングの悲しい記録です(笑)

DSC09267.jpg
 三次ワイナリーに集合したチームへなちょこ、右からR80さん、ざわさんです。

 今回は、1泊2日の行程で、雨雲が迫ってくる翌16日(土)は、さっさと引き上げるというシンプルな行程です。

DSC_4557.jpg
DSC_4560.jpg
DSC_4561.jpg
 三次から備北広域農道経由でR183へ、道後山から東城広域農道、県道11、日野広域農道を駆けて、「金持神社」へ

DSC09272.jpg
DSC09274.jpg
 心なしか、階段を登る、二人の背中が落ち込んでいるような・・・
 ざわさん、微動だにせず祈ってます!  きっと、「台風に罰を与えてやってください」と祈ってるに違いない(笑)

DSC_4570.jpg
 金持神社から、R181、県道113を経由して蒜山高原へ
 昼食は、「手打ちうどん やす坊」へ、いつもなら行列が出来る有名店ですが、さすがに平日のちょっと昼過ぎの時間なら、空いてました(笑)

DSC_4574.jpg
 ざわさんとのぼうは、蒜山焼きそばを注文、手打ちうどんが看板なのですが、一番人気はこの「蒜山焼きそば」だそうです(笑)
 固形燃料で温めた鉄皿に盛られた焼きそばは、ボリュームもまずまずで美味しかったです。

DSC_4578.jpg
 やっぱり手打ちうどんでしょう!とうどんに満悦のR80さん。

DSC_4579.jpg
 チーズ山盛りの釜玉うどんです! チーズはのぼうが削ってふりかけました(笑)

DSC_4584.jpg
 大山を眺めつつ・・・

DSC_4595.jpg
 大山まきばのみるくの里でソフトクリームをなめつつ・・・

DSC_4608.jpg
 モンベルのお店の前で記念撮影したり・・・(買い物はしてません)

DSC_4615.jpg
 そして、やってきました! ガンバリウスへ(笑)
 「台風のバカやロー」とばかりに、おっさん達はビールに溺れるのでした(笑)
 

 




... 続きを読む
スポンサーサイト
 こんにちは! のぼうです。

 ブログ更新が、2週遅れになり、それも恒常的に(笑)

 さて、もう先月のネタになってしまいましたが、8月19日(土)、20日(日)で九州阿蘇へ絶景を求めて行ってきました。


 6:00 山陽自動車道宮島SAへ集合
 今回は、(左から)紅一点ボンネさん、マダイさん、ざわさん、えんどぅさん、そして、のぼうの5人の道中です。
 ボンネさんの愛車、トライアンフボンネビルですが、一泊にしては大荷物・・・
 実は、今回はキャンプツーリング  ちなみに、ボンネさん、マダイさん、えんどぅさんはキャンプツーリングデビュー!です(笑)

DSC09061.jpg
 壇ノ浦PAから関門橋を望みます。
 いよいよ九州上陸です。

DSC09060.jpg
 マダイさんのてるてる坊主、ご利益あって、二日間とも好天に恵まれました。

DSC_4414.jpg
 山陽自動車道から東九州自動車道へ、安心院ICから湯布院を経由して、玖珠を目指します。
 県50、自衛隊の演習地の間を抜けて玖珠への途中です。

DSC09064.jpg
 美しい景色に指先で喜びを現すえんどぅさん(笑)

 DSC09067.jpg
 放牧されている牛です。県50も堂々と歩いてました(笑)
 軽トラが牛をまとめて、演習場内へ入っていきました。ひょっとして、自衛隊の食糧か・・・。

kinntarou.png
 昼食は、玖珠の金太郎さんです。
 主のKiyomakoさんもR80RT、ハンターかぶ、YD125を所有しているライダーで、お店には多くのライダーが集います。
 Kiyonakoさんのブログはこちらです。

DSC_4422.jpg
 ボンネさん、マダイさん、えんどぅさんが、注文したのは、人気No1かぐや姫セット、だんご汁ととり天のセットです。
 ボリューム十分ですね。
 女性には多いかなと思いましたが・・・

DSC_4425.jpg
 ボンネさん、豪快でした(笑)
 もちろん完食でした。

DSC_4427.jpg
 マダイさんも負け時と「こりゃ~ええでぇ~」

DSC_4423.jpg
 ざわさんとのぼうが注文したのは、とろとろオムライス、とろとろの卵が美味しくて、ボリュームもしっかり、満足の一品です。

DSC_4429.jpg
 お店の中はとても落ち着いた雰囲気です。

DSC09073.jpg
 金太郎の前で、Kiyomakoさん(左端)と一緒に記念撮影して貰いました。

DSC_4432.jpg
 こちらは九州遠征5人組、恒例「よろちくびぃ~」(いつも人には催促するけど、自分でするのは恥ずかしい・・・)
 金太郎でまったりとした時間を過ごし、近くにある「旧豊後森機関庫転車台」へ

DSC09076.jpg
DSC09075.jpg
DSC_4435.jpg
 金太郎でまったりしすぎて(忙しい時間帯だったのにKiyomakoさん、ごめんなさい)、もう動くのが面倒になっている面々です(笑)

sennsui2.png
 今夜の幕営地↑、あと少し!
 玖珠から四季彩ロードを経由して県40で(久しぶり!)泉水キャンプ場に到着しました。
 
 実は、ここからちょっと悲劇(喜劇?)が・・・
 ボンネさんに留守番をお願いして、近所のスーパー(約14km離れた「やのや宝泉寺」)に買い出しに出発したところ、ナビが電波をロストして、ざわさんに先導を変わって貰ったら、ざわさんのナビも可笑しくなって、延々と泉水の周辺を30kmほど走り回り、気が付いたら、泉水キャンプ場の近くに帰ってました(笑えない)
 再度、場所を確認して、県680経由で向かったら、まるっきりの山越えコース、おいおいと思いながら、たどり着いたら、かなり寂しいスーパーでした。(失礼)
 なんやかんやで買い出しを済ませて、またまた山越えコースで、ボンネさんの待つ泉水キャンプ場へ帰ってきたのは、出発から2時間近く経過していました(笑)

DSC_4442.jpg
 やっと晩ご飯です。
 泉水キャンプ場に行くときは、玖珠で買い出しを済ませておいた方が良いですね。勉強になりました(笑)
 ところで、画像のタープですが、タープを建てるのは全員初めてで、大人4人掛かりで建てました。

DSC_4438.jpg
 やっと、乾杯です!
 笑ってるけど、ちょっと疲れ気味の面々、まあ、暑かったしね。
 と、そこへ鹿児島のgannmodokiさんが登場!(よくぞ!ど素人キャンプに来てくれましたぁ~)

DSC09083.jpg
 gannmodokiさんを迎えて、あらためて宴の開始です。
 gannmodokiさん(←のブログはこちら)、鹿児島から4時間の道のりだったそうです。(感謝!)

DSC09084.jpg
 gannmodokiさんから差し入れの薫製をいただき・・・。(その他に、馬刺しも)

DSC09088.jpg
DSC09085.jpg
 お酒に美味しい肴、当然に延々と宴は続きます。(と言っても途中でキャンプ場内の温泉には入りましたが)
 えんどぅさん(右端)、すっかり赤ら顔のおっさんです(笑)

 夜11時過ぎにお開きです。(あんまり記憶ないけど)

DSC_4447.jpg
 宴の翌朝、誰だぁ~卵を一パックも買ったのはぁ~(のぼうです)と言いながら、ゆで卵を作るざわさん。
 そう言えば、キャンプデビューの面々、それぞれ思い思いの朝食してました。 

DSC_4449.jpg
 記念撮影です。
 やっぱり、朝から「よろちくびぃ~」
 二日目は、途中までgannmodokiさんが案内してくれるとのこと。
 いよいよ絶景を求めていくぞぉ~

 後編につづく(2週間以上の遅れになったなぁ)


 

 



 こんにちは!のぼうです。
 
 四国山中、男ひとりっきりキャンプ(の予定だった)の二日目です。

 
 朝食は、最近なにかと出番の多い「塩ラーメン」です(笑)
 塩分が失われる夏場のツーリングには欠かせない一品です。

DSC_0513_20170827203257ca9.jpg
 昨夜、お世話になった、Nさん、Kさん、そしてHさんにお礼を言って、出発です。

DSC_0476_20170827203254616.jpg
 この日のルートは、いつもとちょっと趣向を変えて、「山歩き」・・・と言っても、久しく歩いていないので、軽いコースですが
 目指すは、標高1,897mの瓶ヶ森山頂です。
 幕営地を後にして、県40を瓶ヶ森林道方向へ、よさこい峠~シラサ峠を抜けて・・・

DSC_0520_201708272032584cf.jpg
DSC_0521.jpg
 前日、ガスがかかっていた「子持権現山」です。

 9時40分、幕営地から40分あまりで、瓶ヶ森駐車場に到着しました。
 既に、山歩きに訪れている十数台の車が駐車していました。
 今日は、駐車場~男山~女山(瓶ヶ森頂上)~氷見二千石原~駐車場のコースで約2,700mの行程です。

DSC_0528_2017082720330158b.jpg
 9時50分、スタートしました。

DSC_0529.jpg
 登山道は整備されていて、看板もしっかり設置してあるので、道に迷うことはありません。
 まずは、男山まで580mの道のりを歩きます。

DSC_0530_20170827203304b1c.jpg
 男山までの道のりは、所々険しく、息があがりました。(単に運動不足ですが) 
 一カ所、画像のようにロープを持ってあがるところがあります。

DSC_0535_20170827214042c00.jpg
 喘ぎ喘ぎ、男山に到着(笑)

DSC_0534_20170827214040a73.jpg
 男山から登ってきた駐車場方向を見てみると、先ほどの子持権現山が見えました。ただ、見えたのは一瞬で、すぐにガスで見えなくなりました。 
 さあ、女山(瓶ヶ森頂上)へ 
 女山への道のりは、比較的穏やかで歩きやすい道でした。

DSC_0538.jpg
DSC_0537_201708272033091df.jpg
 瓶ヶ森頂上に到達しました。標高1、897m・・・さすがに涼しくて、風が吹くと肌寒い感じでした。
 景色はというと、ガスが出てきて、ほとんど見えず。
 ガスのない晴れた日には、瀬戸内海も見えるとか。残念ですが、また来るかな。

DSC_0541_201708272033122dd.jpg
 女山から見た男山です。
 ここからは下り道となります。

DSC_0546_20170827203315427.jpg
 笹に覆われた山の斜面が美しいですね。
 景色を眺めながら、ゆっくり下ります。

DSC_0550_2017082720331662c.jpg
DSC_0551_201708272033188ec.jpg
 途中、瓶ヶ森第一キャンプ場と第二キャンプ場の看板がありましたが、駐車場から距離があり、とても荷物を抱えて移動できそうにないので、昨夜の幕営地は正解だったですね。
 11時20分、駐車場へ帰ってきました。約1時間30分の山歩きでした。

DSC_0554_201708272033195b8.jpg
DSC_0553.jpg
 瓶ヶ森駐車場から5分も掛からないところへ、吉野川源流の碑があります。
 ここへ立ち寄ってから、一路帰路につきました。
 
 帰路は、今治市内で温泉につかってから、しまなみ海道へ
 大三島盛港から、フェリーを利用して帰りましたが、この日は夏休みの影響か、1時間超の遅れ。
 大久野島(うさぎの島)へ渡るお客が多いことから、連休などはよく遅れがでますが、1時間遅れにはちょっと閉口・・・。

 19時過ぎ、無事に帰宅しました。
 
 大三島盛港から瓶ヶ森林道までは、150km程度、設備の良いキャンプ場も見つけたし、残りの山にもチャレンジしたいですね。
 また、テントを担いで行かねば!(笑)
 弱点の克服? ・・・本当にあった怖い話はやっぱり無理!(笑)

 親父の備忘録ブログに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
   
 


 こんにちは!のぼうです。

 お盆も過ぎたというのに、ブログは未だ7月末です(笑)

 さて、記憶も少し怪しくなってきた(歳なもんで)、奥出雲オロチづくしツーリングの後編です。
 けっこう厳しい雨に打たれながらも、初志貫徹・・・三人が着いたのは、広島県東広島市福富町久芳にある県央の森公園キャンプ場です。
 以下HPから「鷹の巣山の中腹にあり、自然林に囲まれたテントデッキ、テントサイト、炊事等を備えたキャンプ場。作業棟などの施設は有料で事前の予約が必要だが、キャンプ場施設は自由に利用可能。」ということで、無料のキャンプ場です。
 
kennou.png


 実は、ざわさん、初バイクキャンプです。

DSC_0404_201708212016035f7.jpg
 まずは、居酒屋「のぼう」の開店準備です。
 オレンジさんは日帰りですが、晩ご飯までノンアルで参戦です。

DSC_0406.jpg
 まずは、乾杯です!

DSC_0408.jpg
 メニューはちょっと豪華に焼き肉です。
 使い捨てコンロを使いましたが、気楽で良いですね。
 縁のアルミをめくれば、炭の補充もできるし、なかなか優れもの(笑)

DSC_0411_20170821201607d1f.jpg
 ご満悦のざわさんです。
 ここで、日帰りのオレンジさんを見送り、そうそうオレンジさんもツーリングテントを買ったとか、次回は幕営しようね!
 
DSC_0413_2017082120160840e.jpg
 宴会途中で雨が降り出して、炊事棟に避難、さらに宴会は続く(笑)
 なんや、かんや語り尽くして(ざわさん、おもしろくない話ばかりでゴメンなさい。)、雨が止んだのを見計らって、就寝です。

DSC_0418_20170821201611331.jpg
 昨夜、あんなに飲んだのに、元気なざわさん、朝のメニューは・・・

DSC_0416_20170821201610ec1.jpg
 やっぱり塩ラーメンですね。
 汗とともに失われた塩分をしっかり補充できます。夏のツーリングの必需品(笑)

 さて、この日の予定は、このまま帰宅です。
 キャンプ場を引き上げるまえに、ちょっと施設等の説明を・・・。

DSC_0427_20170821201620a9b.jpg
 山間のキャンプ場で、標高(忘れた)もそれなりにあるので、真夏以外は結構涼しく過ごせそうです。
 ただ、全体的には少し斜面になっています。南側の石垣で囲まれたところと、北側の駐車場横は平面になってますよ。

DSC_0424.jpg
DSC_0420_20170821201613ebe.jpg
 炊事棟です。きれいに整備されていて、水道も使えます。
 ツーリングテントなら中に張ることができます。雨の際などの避難にも使えます。

DSC_0425_20170821201617b11.jpg
DSC_0426_20170821201619cf6.jpg
 トイレ棟です。トイレ棟は1カ所ですが、画像のとおりきれいに整備されています。

 のぼうん家から30分程度で行ける位置にあります。
 きれいで無料のキャンプ場、使うときはマナーを守ってきれいに使いたいですね。

DSC_0423_201708212016141d7.jpg
 初キャンプを終えて、満足そうな表情のざわさん。
 昨夜の酒の影響で、ふらふら撤収にもたつくのぼうより、よっぽど手際良かったです(笑)

 今回を振り出しに、またキャンプしようね!

 親父の備忘録ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 いよいよ8月だぁ~(笑)




こんにちは!のぼうです。
 
 暑い日が続きますね。
 最近は更新も滞りがち
 周回遅れから、2周回遅れになってしましました
 
 と言うわけで、7月29日(土)、神話の里奥出雲へオロチ(謎)を求めて行ってきました(笑)


 道の駅湖畔の里福富で同行してくれる、ざわさん、おれんじさんと合流です。
 ざわさん、最近よく一緒に出かけるけど、家庭は大丈夫なのか・・・ちょっと心配です。

 R375~備北広域農道~R183~R314へ

DSC_0363_20170815212812747.jpg
 奥出雲”おろち”ループへ

DSC_0354_20170815212808ff6.jpg
 向かい側にある鉄の彫刻美術館(無料)へ

DSC_0356_201708152128090c2.jpg
 近代芸術というのでしょうか、凡庸なのぼうにはちょっと解りにくい芸術作品が一杯です。

DSC_0360_20170815212810a00.jpg
 鉄の美術館で、”おろち”像を発見!

 奥出雲おろちループから次の”おろち”を求めてR314を北上します。

IMGP1338.jpg
IMGP1347.jpg
 やかわ駅で、次の”おろち”を待ちかまえます

DSC_0372_201708152128155eb.jpg
IMGP1343.jpg
 やってきました!トロッコ列車「奥出雲”おろち”号」!  見るだけだけど・・・。
 JR木次線/木次駅~備後落合駅間を1日1往復しているそうです。

IMGP1340.jpg
 窓のないオープン車両のお客さんが、弁当とか購入されてました。
 右端に写っている売り子?のおじさん、上下とも白い服だったので、なんの人だろうと思ってました(笑)

 やかわ駅から奥出雲へ、お昼は「山県そば」さんに寄りました。

IMGP1350.jpg
 お店の前で”おろち”発見!

 注文は、奥出雲産そば粉を100%使った「”おろち”そば」です
DSC_0375_20170815212822f82.jpg
 目の部分は蕎麦の実と古代米を使用しているとことでした。
 蕎麦の香りがちょっと幸せな気持ちにさせてくれます。
 人気店らしく、お客さんは切れることはありませんでした。日曜日のお昼は、結構待つようです。 

DSC_0376_20170815212824cf5.jpg
 ざわさんが注文したのは麺Wです。ざわさん、蕎麦大好きとのこと。

DSC_0377_20170815212825373.jpg
 おれんじさんも、負けずに麺Wです。
 二人とも、麺Wなのに、ささっと平らげてました

DSC_0381_20170815221226692.jpg
 食後は、そば湯でいれた珈琲のサービス、まったりとした飲み心地でした

 食後は、美肌の湯を求めて、斐乃上(ひのかみ)温泉にあるかたくりの里「民宿たなべ」さんへ
DSC_0388_20170815212833011.jpg
DSC_0387.jpg
 アルカリ性単純温泉は無色透明無臭で、ねっとりとした湯質の湯は、含まれる成分が薄く刺激が弱いため、つかったときの心地が良く、アルカリ塩類によって肌がすべすべ、つやつやになる! そうです。

DSC_0396.jpg
 サービスショット!です
 青いハートの下には、”おろち”が隠れています(笑)
 温泉の居心地が良かったので、バイク談義などなど1時間以上つかってっました。

 ”おろち”三昧のツーリング、何匹の”おろち”がいたでしょうか(笑) 

 さあ、次の目的地(東広島市福富町 県央の森キャンプ場)へ向かいます。
 この日は、ざわさんのバイクキャンプぷちデビューでした。
  
 後編に続く・・・

DSC_0399_2017081521285599d.jpg
 (おまけ)
 キャンプ場に行く途中、雨に降られました。
 笑顔でカッパを着るざわさん、思えばざわさんと走る時はよくカッパを着ている気がする。
 雨男云々ではなくて、降水確率をあまり気にせず走っているから(笑)
 でも、それも楽しく思えてしまう。