fc2ブログ

軽はずみに訪れてはいけない神社 ~出雲をぶらぶら~

 こんにちは! のぼうです。

 すっかり更新を怠けていました。(^_^;
 
 出雲の神話が大好きな”ともちん”さんから出雲には”軽はずみに訪れてはいけない恐い神社”があると聞き・・・。恐いのかぁと思いましたが、その分、ご利益も期待できそう!(という思い込み)
 
 今回は、4月上旬の天気の良い日に出雲まで恐い神社を目指して駆けてきました。
 

DSC_0064_20210428072754e3d.jpg

 東広島市を早朝に出発し、R375を北上します。
 
 三次市三和町辺りで、空に漂う気球を発見! (観光?)



P4100049.jpg

P4100051.jpg

 三良坂ICから尾道松江道にのり、三刀屋木次ICで降り、斐伊川に沿って県26で出雲市へ

 「稲佐の浜」です。
 画像下にあるのは”弁天島”といいます。地元では「べんてんさん」と呼ばれて親しまれている島で、かつては稲佐湾のはるか沖にあったため、沖ノ御前、沖ノ島と呼ばれていたそうです。近年急に砂浜が広がり、現在では島の後まで歩いて行けるようになったそうです。

 ここから県29で日御碕を目指します。



P4100060.jpg

P4100066.jpg

P4100071.jpg

 出雲市街から日御碕までの県29は(マイカーに頭を押さえられない限り)快走路です。

 3枚目の画像は県29から望む日御碕神社です。
 青空と新緑、そして鮮やかな朱色の神社のコントラスト、しばし眺めています。



P4100074.jpg

DSC_0067_202104280727551aa.jpg

 島根半島の最西端の断崖にそびえる”出雲日御碕灯台”です。明治36年に設置されたもので、高さ43.65m、海面から灯塔の頭上までは63.3mと、日本一の高さを誇るそうです。真っ白な外壁は、松江市美保関町で切り出された硬質の石材だそうです。
光度48万カンデラは、夜間は約40km沖合まで達し、100歳を越えた今なお現役で海の安全を守っています。(驚)



P4100085.jpg

P4100100.jpg

 灯台からぐるりと日御碕を散策します。
 画像下は、経島(ふみしま)といいます。その昔、日御碕神社の日沉宮がこの島に祀られていたそうで、神域なので、一般の方は渡ることができないそうです。
 以下HPから
 「島全体を覆うデコボコの柱状の岩「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」が、ちょうどお経の巻物を積み重ねたように見えることから、経島と名付けられたといわれています。ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されています。11月上旬に北の海からやって来るウミネコは、3月下旬頃から営巣をはじめ4月頃産卵し、5月から6月に子育てをおこなます。ウミネコの数は数千羽にも達し、島全体がウミネコで真っ白に覆われます。7月頃になると北海道やそれ以北の海に移動していきます。」



P4100097.jpg

P4100086.jpg

 確かにウミネコに覆われていました。
 画像上にある祠が”日御碕神社の日沉宮”なのかは分かりません。


 さあ、ここから”軽はずみに訪れてはいけない恐い神社”に向かいます!(勇気をもって)

続きを読む

秋の大山ぶらぶら

こんにちは! のぼうです。

 師走に入り、いよいよ冬本番となりましたが、blogは未だ秋の真っ只中です。(笑)

 10月最終日、紅葉を求めて大山に行ってきました。




 朝日に映える道の駅「よがんす白竜」でトイレ休憩。(寒っ)



PA310326.jpg

PA310324.jpg

 道の駅「世羅」でマダイさんと合流し、2台で大山を目指します。

 画像は道の駅に設置されているオブジェです。



PA310335.jpg

 道の駅「世羅」からR432を北上します。

 途中、府中市上下町に立ち寄りました。
 上下は江戸時代、世界の銀の1/3を産出していたという石見銀山から瀬戸内海へ続く銀山街道の宿場町で、石見銀山からの銀の集積中継地となっていたため、幕府直轄の天領となり、代官所も置かれていました。とのこと。

 この日は”かかしまつり”が開催され、あの話題の案山子達も・・・。



PA310330.jpg

 話題の人と言えば・・・やっぱり煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)ですよね!(竈門炭治郎は発見できず(笑))



PA310332.jpg

PA310328.jpg

 我妻善逸(あがつまぜんいつ)と冨岡義勇(とみおかぎゆう)です。

 嘴平伊之助(はしびらいのすけ)は何処?(笑)



PA310341.jpg

 上下町から県25で北上します。

 途中、帝釈峡神龍湖で小休止。湖に映える青空にしばしホッコリ。



PA310345.jpg

 東城からR182へ、そしてR180で北上します。

 明地展望駐車場から望む大山です。大山まで距離があるので霞んで見えないことが多いのですが、この日ははっきりと見えました。



PA310359.jpg

 澄み渡る青空に銀杏と大山が映えます。来て良かったぁ。

 画像は町立江府中学校前から撮影したものです。銀杏並木はタイミングが合えば綺麗な黄色い絨毯が見えるポイントです。

続きを読む

萩・津和野ぶらぶら(前編) ~走る蒸気機関車を見たい編~ 

  こんにちは! のぼうです。

 先般、いつもお世話になっているマダイさんご夫妻から、SL「やまぐち」号(新山口駅~津和野駅間)の動画を送られてきました。

 鋼鉄の塊が走ってる臨場感

 「おおっ~すっごい迫力!実物を見てみたい!」

 と言うことで、久しぶりに参号機(重慶ヤマハ製XTZ125)で津和野(ついでに萩)へ行ってきました!




P9271454.jpg

 廿日市市から県30で北上します。
 県30沿い、廿日市市津田にある帯掛け明神「重なり岩」で小休止。
 

P9271450.jpg

 確かに・・・見事に重なってます。
 横からも見てみましたが、見事なバランスで重なってます。
 
 合格祈願の絵馬が奉納されていましたが納得です。(受験生にお勧めスポット)


DSC_9073.jpg

P9271458.jpg

 県30~R186~県119へ
 山間にある羅漢山公園で小休止です。
 オートキャンプ場、ブームに乗っかり盛況でした。

 ここでSL「やまぐち」号の時刻表を(念のため)確認・・・・併走ポイントまでは時間が無い。
 津和野駅前でなんとか走っている勇姿を捕らえそう!

 羅漢山からR187へ、柿木から県3、県226でいっきに津和野へ


P9271463.jpg

 津和野駅西側の鉄橋で、SL「やまぐち」号の勇姿を見ることができました。
 思えば、走っている蒸気機関車を見るのは初めて・・・。 迫力あります。

 鋼鉄の機関車の機能美、力強くて優美な姿、う~ん、次回は乗ってみたいっ!


P9271468.jpg

P9271471.jpg
 
 こちらは津和野駅前に展示されているD51型機関車です。
 公園とか錆錆で放置されている機関車がよく見掛けますが、こちらが手入れも行き届いており、現役時の勇姿が忍ばれます。


DSC_9085.jpg

 こちらは、先ほど津和野駅に走ってきたC571型です。
 SL「やまぐち」号は、このC571型とD51型の2台が走っているそうです。


P9271483.jpg

P9271478.jpg

 駅員さん達が出発に備えて準備、点検されていました。
 C571型、昭和12年製造とあります。(80年以上前の車体)
 複雑な足回りが美しい。

 津和野駅には転車台があり、方向転換をして新山口駅に折り返しています。


P9271490.jpg

P9271489.jpg

 昼食に立ち寄った手作りうどん「つるべ」さん。
 「お急ぎの方 ご遠慮ください。」
 とあるように配膳には時間を要するようですが、閉店間際だったのでお客さんも少なく、直ぐに配膳されました。

 下の画像は、春に開催されている流鏑馬神事の当たり的だそうです。


DSC_9087.jpg

DSC_9089.jpg

 注文したのはカレーうどん(口コミにお薦めとあったので)です。
 ちょっと汗が滲むくらい辛うまかったです。麵は細めで腰はないものでしたが、カレーうどんには丁度よいかな。
 しっかり完食。(美味しかった)


P9271492.jpg

 しばし津和野散策です。
 青空に映えるカトリック津和野教会です。


P9271498.jpg

P9271495.jpg

 津和野殿町通りです。
 通りのほとりにある水路には丸々とした鯉が多数。(狭い水路で運動不足?)

 さあ、次の目的地、萩を目指します。

続きを読む

灼熱の奈義町ぶらぶら

 こんにちは! のぼうです。

 真夏日が続く日々、マスクで顔に”あせも”を作っています。(涙)

 さて、先日、以前から気になっている岡山県勝田郡奈義町までひとっ走りしてきました。
 今回もツーリングのネタ元、むらさんのblog①blog②を参考にさせて貰いました。(感謝)

P8091596.jpg

 東広島市から奈義町までグーグルマップで約195km、早朝に出発して目指します。
 画像は県道25沿い、帝釈峡遊覧船乗り場です。紅葉の季節はある程度人出もありますが、それ以外の季節は閑散としています。


P8091599.jpg
 
 ひたすら目指して約4時間、やってきたのは奈義町現代美術館です。
 実は日本の絶景を紹介している本にこの美術館が掲載されていました。
 作品=空間を美術館として建築化したとのこと。

 この日は常設展のみ、お約束の体温計測、更にアンケートを書いてから入場です。


P8091607.jpg

 「太陽」という作品。絶景として紹介されていたのがこの作品です。
 左右対称となった空間、「偏在の場・奈義の龍安寺・建築する身体」と説明書きがありました。
 真ん中に座っているお兄さん、作品の一部にも見えますが、生身の方です。(笑)


DSC_8586.jpg

 反対方向から見てみました。
 上下にあるのは、鉄棒とシーソーです。
 独特の空間ですが、凡人のぼうには意味は理解できません。


P8091614.jpg

 「月」という作品です。「HISASHI-補遺するもの」との説明がありました。
 空間そのものが三日月となっています。


DSC_8595.jpg

 「大地」という作品です。「うつろひ」との説明がありました。

 非日常の空間が広がっており、(意味は分かりませんが)のんびり眺めてみると、ちょっとホッコリ。
 常設展は、この3点のみ。(料金は通常どおり、ちょっと物足りない感あり(笑))


P8091620.jpg

 ちょっぴりアートなシーン。後方の太鼓?中身は作品「太陽」です。


P8091632.jpg

 続いて、約10分程度走った先にある「奈義山麓 山の家」へ


P8091627.jpg

P8091625.jpg

 ちょっぴり、自然にホッコリ。


P8091636.jpg

 黒豆ソフトクリームをいただきます。(落ち着いた甘さのソフトクリーム、美味しかったです。)


  

続きを読む

大山ぶらぶら ~旅する絵本のピンズを求めて~

こんにちは! のぼうです。

 6月中旬、梅雨の合間に広がる青空! これ幸いと大山まで駆けて来ました。



 道の駅よがんす白竜にて小休止。
 この道の駅は地元のライダーがよく集っています。


DSC_8162.jpg

DSC_8166.jpg
 
  やってきたのは休暇村帝釈峡です。 実は・・・


DSC_8163.jpg

 前回の四国に続き、旅する絵本のピンズが目的でした。(笑)
 この日、1個目をゲットです。
 もちろん、マダイ奥様の分も購入(笑)

 ここから一路、蒜山を目指します。


DSC_8175.jpg

DSC_8174.jpg

 やって来たのは、岡山県真庭市蒜山中福田にある「いち福」さんです。
 貴重な情報源である→むらさんのブログで見つけたお店です。


DSC_8167.jpg

 土日のメニューです。(平日はもっと多いようです。)
 むらさんのブログにあったかしわ焼きセットはなかったので、ラムプレートセットを注文。


DSC_8170.jpg

 ボリュームもあり、甘いタマネギが印象的で、美味しかったですよ!


P6211397.jpg

P6211400.jpg

 いち福を後にして、蒜山高原にやって来ました。
 梅雨時期とは思えない快晴です。 
 大山もくっきりと見えてました。


DSC_8177.jpg

 続いて立ち寄ったのは、休暇村蒜山高原です。


DSC_8179.jpg

 この日、2個目のピンズをゲットしました。


P6211404.jpg

 鬼女台展望休憩所からの展望です。
 大山に雲ひとつかかっておらず、どこから見ても展望良いです!




続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数