FC2ブログ

令和二年最初のお遍路は車中泊で徳島へGO! 

 こんにちは! のぼうです。

 正月以降、すっかりサボり癖がついてしまい(汗)、久しぶりの更新となりました。



 
 さて、カブお遍路は昨年末で第56番札所まで巡礼したのですが、実は徳島県内の8カ寺を積み残し(遠距離の徳島南部を優先したため、徳島北部が残ってた)てます。(笑) 
 正月はのんびり寝正月と思ってましたが、徳島県へ巡礼に行くことにしました。


DSC_7064.jpg

DSC_7065.jpg

 今回、旅の足としたのは、山ノ神の実家のスズキ・エブリィです。
 これに組み立て式ベッド、更には艦載機(ミニベロ)を搭載して行くことに。
 
 と言うわけで、今回は車中泊初挑戦の旅となりした。(笑)


P1021591.jpg

P1021594.jpg

 久しぶりに瀬戸大橋経由で四国を目指します。
 下の画像は、与島PAのモニュメントです。
 駐車場はほぼ満車状態でした。

 ところで、瀬戸大橋の通行料ですが、早島ICから坂出ICまで軽自動車(休日、ETC)で1,620円でした。
 以前のことを思えば随分安価になったような・・・。
 先だって、宇高連絡船がなくなりましたが、価格的に対抗できないのでしょうね。(寂)

 四国・香川県に上陸後、徳島県内の札所を目指します。
 

P1021599.jpg

P1021605.jpg

 第10番札所 切幡寺(きりはたじ)


P1021611.jpg

P1021613.jpg

 第9番札所 法輪寺(ほうりんじ)


P1021623.jpg

P1021614.jpg

 第8番札所 熊谷寺(くまたにじ)


P1021628.jpg

P1021631.jpg

 第7番札所 十楽寺(じゅうらくじ)  愛らしいお地蔵様が印象的でした。


P1021638.jpg

P1021645.jpg

 第6番札所 安楽寺(あんらくじ)  鮮やかな多宝塔が印象的でした。


P1021648.jpg

P1021649.jpg

 第5番札所 地蔵寺(じぞうじ)


P1021660.jpg

P1021656.jpg

 第4番札所 大日寺(だいにちじ)  回廊に並ぶ四国の三十三観音像は、穏やかな表情に魅入りました。


P1021666.jpg

P1021669.jpg

 第3番札所 金泉寺(こんせんじ)  色鮮やかな多宝塔が目を引きました。


 これで積み残し解消です!(笑)

 今宵の宿(場所)はどうしよう・・・。

続きを読む

スポンサーサイト



目指せ四国制覇!カブお遍路、再始動(後編)

 こんにちは! のぼうです。

 カブお遍路、最終日です。

PB040394_20191203195536b5e.jpg

PB040397_20191203195538ef3.jpg
 四万十川キャンプ場の朝です。
 昨夜の内にファミリーキャンパー2組は引き揚げていたので、広いフィールド占有状態です。

 ちゃちゃっと撤収(朝食は後)して、さあ、お遍路です!(笑) 

DSC_6863.jpg
 第39番札所 延光寺(えんこうじ)です。
 高知県最後の札所です。

DSC_6864.jpg
 西暦911年、姿を消していた寺の池の赤亀が、竜宮城から銅鐘を背負って帰ってきたとか・・・。
 池のほとりに安置されている亀の石像ですが、背中の銅鐘は、国の重要文化財だそうです。

DSC_6869.jpg
 第40番札所 観自在寺(かんじざいじ)です。
 この札所から愛媛県に入ります。

DSC_6876.jpg
 八体仏十二支守り本尊です。

DSC_6877.jpg
 「親子孫と三かえる」、
 「お金がかえる」、
 「お金がかえる」、
 「お金がかえる」、
 「福がかえる」、
 「病気が引かえる」・・・大事なところは丁寧に祈ってしまいます(笑)

PB040404.jpg
 観自在寺から宇和島市の龍光寺へ向かう途中・・・。
 R56から望む景色が綺麗で、南宇和郡愛南町にある室手海岸に立ち寄りました。

 ここで遅めの朝食(コンビニお握り)です。

PB040407.jpg

PB040410.jpg
 この風景を見ながら食べると、コンビニお握りも格別です。(普通に美味しいけど)

 しばし何もかも忘れて・・・放心(笑)

 スキューバの若者達が楽しんでました。
 美しい海岸でのスキューバ、どんな景色が見えるのか、ちょっと羨ましい。
 
DSC_6883.jpg
 第41番札所 龍光寺です。
 
 画像はありませんが、着物姿の麗しい妙齢の女性お二人が、お接待でお茶を振る舞われていました。

 ここはちょっと腰を落ち着けていきたいところですが・・・如何せん。時間がない(涙を飲んで後に)。

DSC_6886.jpg

DSC_6885.jpg
 第42番札所 仏木寺(ぶつもくじ)です。

DSC_6886_20191203214956fbc.jpg

DSC_6888.jpg
 第43番札所 明石寺(めいせきじ)です。
 今回のカブお遍路、最後の巡礼地です。

 お勤めを済ませて、さて御朱印を・・・あれっ、行列になっている。
 どうも、ご朱印1枚に約5分要している模様・・・丁寧なのは良いけれど、時間が無いのよね(涙)
 次第に行列は険悪な雰囲気、だけどお寺さんに文句を言える訳もなく。(約30分並びました)

 ・・・これなら、さっきのお接待に寄れば良かったぁ(笑)

DSC_6892.jpg
 明石寺の売店にある食堂で昼食です。
 
 「直ぐにできますか?」(時間が無い!) 

 「はい!出来ます」(店主:なんとなく脱サラしたばかりのおじさん風)

 ということで注文したのは、明石寺カレーうどん@550です。
 麵は・・・太い、ごっつう太い、けど腰はないなぁ(笑) でも、カレールーはコクがあって美味しかったですよ!(直ぐできたし)

 西予市宇和町の明石寺を後に、大三島盛港17時のフェリー目指して・・・

 ひたすら、
 走る、
 走る、
 走る(勿論、安全運転で)、
 松山市内を抜け、今治市を越えて、しまなみ海道を爆走(笑)し間に合いました。
 盛港17時発のフェリー。

PB040425.jpg

PB040423.jpg
 17時30分、竹原市忠海港へ到着しました。
 ここから東広島市まであと少し・・・。
 二泊三日のカブお遍路、15カ寺を巡りました。(しっかり神頼みできました)

 次回は、年末か年始に愛媛県を巡ろうと思います。

 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。


 

 




目指せ四国制覇!カブお遍路、再始動(中編)

 こんにちは! のぼうです。

 週回遅れがマンスリー遅れになりそうですが、マイペースで更新してます(笑)

PB030345.jpg

PB030346_20191201180458a8d.jpg
 種崎千松公園キャンプ場の朝、しばし海岸を散策します。
 心地よい・・・。

 さあ、今日もお遍路しなくちゃ!

PB030350.jpg

PB030353.jpg
 第34番札所 種間寺(たねまじ)です。
 このお寺は○○祈願で有名とのこと。

DSC_6798.jpg
 御守りをゲットしました!  

PB030354.jpg

DSC_6803.jpg
 第35番札所 清滝寺(きよたきじ)です。
 大師がこの地で五穀豊穣を願って修法した際、満願の日に金剛杖で地を打つと、清らかな水が滝のようにあふれ出したことから寺号を「清滝寺」と改めたそうです。

DSC_6809.jpg

DSC_6810.jpg
 第36番札所 青龍寺(しょうりゅうじ)です。

DSC_6814.jpg
 緑に映える朱塗りの三重塔が美しい・・・。

DSC_6819.jpg

DSC_6817.jpg
 青龍寺から高岡郡窪川町にある岩本寺に向かう途中、須崎市にある土佐漁菜市場へ立ち寄って昼食です。
 今回のツーリングはお遍路メインなので食事はルート上で行き当たりばったりです。
 注文したのは20食限定とあったちりめん海鮮丼です。魚も新鮮、珈琲も付いて980円(税込み)は良心価格かな。

DSC_6820.jpg

DSC_6829.jpg
 第37番札所 岩本寺です。
 本堂の天井に飾られたさまざまな絵です。
 建て替えの時に奉納された575枚の絵は、花鳥風月からマリリン・モンロー(発見できず)まで多種多様。

 さあ、ここから四国の最南端、足摺岬にある金剛福寺を目指します。 でも、その前に・・・
  
PB030366.jpg

PB030367.jpg
 今宵の宿の確保です(笑)
 やってきたのは、四万十市内四万十川の河川敷にある四万十川キャンプ場(無料)です。
 画像が暗いのですが、広い緑地帯が広がり、ファミリーキャンパーが2組ほど設営されていました。
 ところで、2枚目の画像にあるトイレ(四万十川キャンプ場のシンボル?)ですが・・・。

PB030368.jpg
 近寄ってみると、車輪の付いた牽引可動式トイレでした。
 看板がありましたが、台風や集中豪雨などでキャンプ場が冠水することがあるので、牽引して避難出来るようにしているそうです。外観はボロっちい感じですが、中はユニット式の清潔なトイレでした。
 ただし照明はありません。
 また、炊事棟はなく、いくつかの水栓が設置されているだけでした。やっぱり冠水対策なのでしょう。

PB030371.jpg
 設営して今宵の宿を確保しました。(安心)
 さあ、足摺岬へ!


続きを読む

目指せ四国制覇!カブお遍路、再始動(前編)

 こんにちは! のぼうです。

 今年の2月の室戸岬ツー以来、止まっていた四国のお遍路ですが、ちょっと神頼み(都合がよいなぁ)したいことがあり、11月最初の三連休を利用して再開することに!


 いつもの忠海港を目指します。

DSC_6766.jpg
 秋の行楽シーズンで直前に思い着いたことから、宿も空いてない(高級なとこは残ってました)し、今回はキャンプ仕様で四国を目指します。

PB020280_20191126194955dab.jpg
 いつもの大三島フェリーです。いつの間にか「兎の島」の絵が入ってました。

PB020284_201911261949494c3.jpg
 大三島に上陸後、四国・今治を目指します。
 朝日に映える多々羅大橋が美しいです。

PB020295_201911261949517b3.jpg

PB020296_201911261949529c0.jpg
 伊予西条からR194へ
 今回のお遍路は南国市にある国分寺からなので、木の香温泉を過ぎて県17へ
 県17はまずまずの快走路、吉野川に沿って走りますが、いかにも四国らしい風景(具体的には大きな岩とか・・。)は走っていても楽しいですね。

PB020303_20191126194957062.jpg
 早明浦ダムにあるヘリポートです。駐まっているのは黄色いドローンです。

PB020301_20191126194954a98.jpg
 画像だと分かりにくいですが、大きなダムです。
 吉野川水系における水資源施設の中核をなす四国地方最大のダムだそうです。
 画像の右手前にキャンプ場があるそうで、下見しておけば良かった・・・。

PB020306_20191126195110c25.jpg
 第29番札所 国分寺です。
 ここには大師堂前に「酒断地蔵尊」があり(画像なし)、酒断ちの祈願をする方も訪れるとか・・・。
 のぼうは、人生の細やかな楽しみを失うことになるので、当然にパスです(笑)

PB020313_20191126195109972.jpg
 第30番札所 善楽寺です。
 昭和4年に再建されたそうですが、一足先に復興していた安楽寺が第30番札所の業務を行っていたことから、平成6年に和解するまで、第30番札所が二カ所混在していたそうです。


 

続きを読む

週末、お四国に行ってきます! 初めてのお遍路編2

 こんにちは! のぼうです。

 師走はちょっと仕事が忙しく(言い訳)て、ブログ更新もバイクもほったらかし・・・。
 今年のネタは今年のうちに!という訳で、大晦日に駆け込みの「初めてのお遍路編2」です。(笑)

shikoku1_map.gif
 11月24日(土)、前日に1番、2番札所を巡り、なんとなく要領も覚えました。
 順番なら3番札所となるのですが、二日目は広島から一番遠い徳島県南部(赤丸のとこです。)を回ることにしました。

DSC_4549.jpg
 今回の旅に宿、「朝日屋」さんです。
 徳島県小松島市にあるリーズナブルな宿です。バイクは軒先に停めさせてくれるので夜露をしのぐことができました。近くに温泉やコンビニがあり、お遍路に便利なお宿です。

第18番札所 恩山寺

IMGP3457.jpg
IMGP3459.jpg
 朝日屋さんを出発して、徳島市街方面に約5km、第18番札所 恩山寺(おんざんじ)です、
 このお寺には、弘法大師の母、玉依御前が出家したときの髪が納められているそうです。合掌。

第19番札所 立江寺 
IMGP3471.jpg
IMGP3477.jpg
 恩山寺から南へ5km、第19番札所 立江寺(たつえじ)の山門と、ひときわ風格のある多宝塔です。

 

続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数