こんにちは! のぼうです。

7月16日(日)、 四国遠征二日目の朝です。
 ざわさん、朝から爽やかな笑顔です



 今日は、足摺岬、そして柏島を巡る予定です。

DSC08991.jpg
 民宿「清龍」さん、お世話になりました。
 シャッター付きの地下駐車場は、バイク乗りにはとっても嬉しかったです。

DSC08994.jpg
 民宿から県27(西回り)で足摺岬には、30分あまりで到着。

DSC08995.jpg
 ジョン万次郎の銅像前にて

DSC08993.jpg
IMGP1234.jpg
DSC_0229.jpg
 足摺岬灯台の先に小道を発見、早朝で人気もないので、ちょっとカブでまわってみました。
 
 足摺岬から県27(東回り)~R321~県43経由で、いよいよ柏島へ

DSC_0258_20170725202432c44.jpg
 先に見えるのが柏島です。
 確かに、海の色が違うっ!!!
 瀬戸内海じゃお目にかかれない

DSC_0239_20170725202419997.jpg
IMGP1246.jpg
 柏島に渡る橋のところにある海水浴場です。
 海の透明度に驚きです。

DSC_0252.jpg

DSC09016.jpg
 カメラを構えていると、橋の上からダイビングしてました

DSC09019.jpg
 無事着水!

 とにかく海の透明度がすごくて、きれいな海でした。
 次回は、秋くらいに誰もいない海を見てみたいですね。(また来よう!)

DSC_0255_20170725202429e55.jpg
 柏島の手前、観音岩展望台にて

 柏島から県43~R321~(宿毛)~R56~(四万十市)~R441で四万十川を上っていきます。
... 続きを読む
スポンサーサイト
 こんにちは!のぼうです。

 先日、広島も梅雨明けしました。天気は良いけど、暑くて暑くて・・・
 ご覧の皆様も、熱中症など十分にお気をつけてくださいね

 さて、ことの始まりは、ある読○旅行のツアー広告でした。
 高知県に凄く海のきれいな場所があるじゃないですか。
 是非とも行ってみたい!という訳で、先週の7月15日(土)、16日(日)で行ってみました

kasiwa2.png
 行き先は、高知県幡多郡大月町にある柏島です。

DSC08957.jpg
DSC08955.jpg
 竹原市忠海港発7時30分のフェリーで大三島盛港に向かいます。
 それにしても、毎月1回以上利用してます(笑)

DSC08962.jpg
 大三島からしまなみ海道を駆けていきます。
 今朝の路か見近島です。三連休初日の朝ですが、すでにいくつかのテントが幕営されてました。
 見近島から望む海もきれいです。

 今治から、R317~県40~県23~R56を南下していきます。

DSC_0166_20170719213006025.jpg
DSC_0168_201707192130094e2.jpg
 途中、内子の町に立ち寄りました。
 そうそう、紹介が遅れましたが、今回の柏島ツーリングに一緒に来てくれた、ざわさんです。
 思えば、最近、週末は二人で過ごすことが多い・・・(笑)

DSC08971.jpg
DSC08974.jpg
DSC08975.jpg
 江戸・明治の家並みが残る内子昔町です。
 風情のある町並みです。 涼しくなったら、ゆっくり散策したいですね。

IMGP1214.jpg
 大洲城で記念撮影!
 4層4階の天守閣は復元されたものですが、現存する櫓は国の重要文化財です。

 さらにR56を南下して、南宇和郡愛南町にある「南レク御荘公園」にある宇和海展望タワー、紫電改展示室へ

DSC_0179.jpg
DSC08981.jpg
DSC_0184.jpg
 以下、HPから
 「昭和53年11月、愛媛県南宇和郡城辺町久良湾の海底40mに原型のまま沈んでいるのが地元ダイバーによって発見され、翌年7月14日実に34年ぶりに引き揚げられました。
 紫電改はゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発され、海軍のもっとも優れた戦闘機だったと言われています。現存する、日本で唯一機です。」
 
DSC08984.jpg
 戦争末期、本土を爆撃する米軍機を迎撃するために出撃した機体だそうです。
 しばし、英霊に黙とうして、展示館を後にします。 

DSC_0189_20170719213024cff.jpg
 宇和海展望タワーは時間がなく見るだけ・・・
 輪っかのような展望室が上下します。

DSC_0190_20170719213027b95.jpg
IMGP1232.jpg
IMGP1225.jpg
 御荘公園から半島の先に進んだところにある「外泊・石垣の里」です。
 入江に面した山の急斜面に約50軒の家が建つ集落です。家を台風などから守るために積まれた石垣が山の中腹まで続いています。
 見慣れない風景にちょっと異国情緒を感じます。

DSC_0198_20170719213030e2b.jpg
DSC_0200_20170719213417596.jpg
 外泊から宿毛湾を眺めながら、柏島を目指します!・・・と思いましたが、この日はタイムオーバー
 チェックインの予定時間を大幅に遅れたので宿へ直行

DSC08991.jpg
 19時、本日のお宿、土佐清水市にある民宿清龍さんへチェックイン。
 施設はかなり古いけど(すいません)、バイクはシャッターのある地下駐車場へ、価格はとってもリーズナブル!な民宿でした。

DSC_0205_20170719213419850.jpg
DSC_0210_2017071921342130a.jpg
 乾杯! ざわさん、お疲れ様でした。
 内子、大洲、宇和島と駆け足のツーリングでしたが、二人ともR56ルートは随分と久しぶり、とても新鮮でした。
 今回は下見ということで、涼しくなったらゆっくり巡りたいですね。

DSC_0211_20170719213423076.jpg
 部屋に戻って、二次会スタート!
 
 親父二人、延々とバイク談議が続くのでした(笑)

 後編につづく

 
 親父の備忘録ブログ、最後までご覧いただきありがとうございました。 
 



 
 こんにちは! のぼうです。

 やっぱり一週間遅れで更新しています(笑)


 最近、かげさんがWRを購入したり、ざわさんと天空の林道に行ったりと、なんとなく林道ツーリングも面白いかなぁと。
 
 ならば、連れて行って貰おう! と6月17日(土)にざわさんと、芸北へ林道ツーリングに行ってきました


 途中、加計の町で小休止、有名な鯛焼きやさん「よしお」に寄りました。

DSC_0023.jpg
DSC_0021_2017062520555866b.jpg
 甘すぎないあんこがしっぽの先まで入っている鯛焼きです。
 林道のルートを考えてるざわさん。

DSC08711.jpg
 加計から県道305へ、深山峡を経て「杉の泊ホビーフィールド」へ
 ここには、キャンプ場のほか、ラジコン飛行機の飛行場があるとか。

DSC08717.jpg
DSC08716.jpg
DSC_0025_20170625205605fab.jpg
 飛行場には何人かの愛好家の方々が思い思いのラジコンを飛ばしていました。
 ざわさんもラジコン飛行機をしていたとのことで、しばし歓談・・・。

 
 自然豊かな施設ですが、キャンプ場やバンガローには利用者もおらず、少し草木が茂るなどやや手入れ不足の感じでした。

DSC08730.jpg
 施設内にあった東屋を拝借して、昼食です。

DSC08723.jpg
DSC08724.jpg
 やっぱり屋外で食べるラーメンは美味しいです。
 ノンアルで乾杯!

 昼食の後は、いよいよ目的の林道へ・・・
 今回の目的地は、R186から奥滝山峡へ向かうルートで、マップルでは約5kmの荒れ気味のダートとか
 ところが・・・

DSC08732.jpg
 入り口が閉鎖されてました
 どうも、ここから少し入ったところで一部崩落しているとのことでした。

 やむなく、ざわさんの昔の記憶を頼りに別のルートへ
 芸北オークガーデンから王泊ダム湖に抜ける林道を目指すことに。

DSC08735.jpg
 林道へ入ってから暫くすると、結構、草木が生い茂って・・・

DSC08733.jpg
DSC08734.jpg
 ちょっと、見てくるから待っててとざわさん。
 暫くして帰ってきました。「う~ん、抜けれそうなんだけど。カブだとちょっ厳しいかなぁ」
 

 ・・・・止めましょう! 無理して林道が嫌いになったらいけないし(笑)

DSC08741.jpg
 結局、舗装路を走ってダム湖畔の道へ
 空梅雨の影響でしょうか。水は少なく、いくつか島ができてました。

DSC_0034_201706252056183f0.jpg
 帰路、芸北広域農道にて
 この農道は、交通量も少なく山間を駆け抜ける快走路でした。

 今回は、幻の林道ツーでしたが、バイクの楽しみ方がまたひとつ増えたように思います。

 ざわさん、ありがとうございました。
 また連れて行ってくださいね。(できれば初級者向けから)(笑)



 親父の備忘録ブログ、最後まで見ていただきありがとうございます。
 

 

 ライダーズ・イン雲の上で楽しい宴を過ごした翌朝(5月21日)、再び絶景を求めて出発です。

 国道197~国道439へ


DSC_4216.jpg

DSC08556.jpg
 長者地区にある棚田と樹齢1200年の大銀杏です。
 急な斜面に幾重も積み上げられた石。空に向かって無数に作られた棚田、密集する民家・・・高知のマチュピチュと言われているとか。思えば、四国にはマチュピチュが多いなぁ

DSC08560.jpg

DSC08600.jpg
 国道439~国道33へ出て、5分程度で中津渓谷に到着しました。

 今日の絶景ポイントは、ここから登る中津山(明神山)です。
 GWの第1回四国遠征では、頂上まで800m地点で、霧と雨に遮られ断念したところです

DSC_4223.jpg
 この日は少し登ると頂上が見えました!(前回は霧で最後まで見えなかったけど)
 中津山には「吾川スカイパーク」というパラグライダーの基地があり、この日も気持ちよさそうに飛んでいました。
 中津渓谷から、中津山頂上までは10数キロ、頂上まで舗装はされていますが、残り6キロ地点くらいから1車線のくねくね道となっています。最も、地元のおばさんの運転する車がぐいぐいと登ってました

DSC_3964.jpg
 前回、断念した場所です(笑)

DSC08566.jpg
 懐かしい(笑)場所で小休止です。

DSC_4229.jpg
 前回は霧で何もみえませんでしたが、この場所からは、しっかりと「天空の林道」が見えました!

DSC_4232.jpg
 念願の頂上に到達しました。
 と、ここでちょっとしたスクープをゲット・・・。

DSC08568.jpg
 頂上の鳥居を目指して登ろうとしたざわさん、先に道がなく止まろうとして、あえなく転倒・・・
 直ぐに起こそうとするざわさんに、「ちょっと待って!、ブロガーは写真が命ぃ~」と制してパチリ!(ありがとう)

DSC_4234.jpg
 頂上からの景色は、いいですねぇ~、来て良かったぁ~

DSC_4240.jpg
 全身で嬉しさを表現する、ざわさんです。

DSC08571.jpg
 頂上での景色を堪能したあと、さあ、天空の林道へ

DSC_4246.jpg
 トコトコとざわさんの後を付いていきます。
 林道は、ゆっくり進めばのぼうでも大丈夫なヤレ具合です

DSC08572.jpg

DSC08575.jpg
 林道は、4キロ程度で行き止まりとのこと。
 行き止まりまで、あと200m地点で、ガレ場になったので、残りは徒歩で(笑)

DSC08577.jpg

DSC_4250.jpg
 ざわさん、林道が嬉しくてはね回っています。
 天空の林道の終点です。幕営できそうな感じの広場になってます。

DSC08582-1.jpg
 林道の帰り道、写真を撮りまくる、ざわさん(笑)

DSC08586.jpg
 珍しい、のぼうのショットです。
 いつも皆さんにして貰っているポーズを! ちょっと恥ずかしい(笑)

DSC_4261.jpg
 山頂付近で、パラグライダーが飛んでいました。
 下に見えるのは「吾川スカイパーク」です。

DSC08595.jpg
 吾川スカイパークです。
 周辺には、いくつものテントが幕営されていました。

DSC_4268.jpg
 中津山を降りてからの帰り道、折角なので中津渓谷の「竜宮淵」へ
 展望台からも見れますが、ざわさん、「降りれそう」と、のぼうも恐る恐る降りていくと、きれいでした
 あ~親父の煩悩が洗われるぅ~

DSC_4271.jpg
 中津渓谷から国道33~再び国道439~県道293へ
 県道293で見かけた鯉のぼりです。
 下に流れている高樽川がきれいです。

DSC08602.jpg

DSC_4272.jpg

DSC_4278.jpg
 安居渓谷に到着。日曜日でしたが、人出はまばらでした。
 秋の紅葉シーズンはよさそうです。秋に訪れたいですね。

 さあ、ここから帰路につきます。
 大三島の盛港のフェリーに間に合うよう、淡々と駆けていきます。

 安居渓谷から県道293~国道439~国道194~国道11~国道196で今治へ、そしてしまなみ海道へ

DSC08610.jpg

DSC08611.jpg
 16時50分、盛港に到着しました。
 なんとか17時のフェリーに間に合いました。(フェリーは15分遅れでしたが)

DSC08612.jpg
 「ざわさん、今回のツーリングはどうでしたか」の問いに、ぐっと親指を立てて答えるざわさん
 二日間、お世話になりました。
 天空の林道、ひとりではちょっと尻込みしそうでしたが(笑)、ざわさんと一緒なので最後まで駆けれました。
 また、絶景を求めて行きましょう!

 親父の備忘録ブログ、最後までご覧いただきありがとうございました。

 
   
 こんにちは!のぼうです。
 四国遠征編ですが、今回は宿泊した「ライダーズイン雲の上」の紹介を少し・・・。

 昨年10月に続いて2度目の利用ですが、結構気に入ってます


DSC08538.jpg
 部屋数は、このシェルターみたいなのが左右に8室の計16室。
 ベッド付き、寝具付き、寝具等不要の3パターンに分かれていて、1室あたりの利用人数(3名まで)で料金が異なります。

DSC08540.jpg
 今回、のぼう達が利用したのは寝具付き、2名利用で、3,564円(税込み)でした。
 一番安価なのは、寝具なし3名利用で、2、160円(税込み)です。

DSC08541.jpg

DSC08542.jpg
 部屋には、ドラム缶(?)のような仕切りがあります。中は、トイレとシャワーです

DSC08543.jpg
 ちょうど真ん中にある建物が管理棟になります。
 夜10時まで自由に利用できます。

DSC08547.jpg

DSC08546.jpg

DSC08544.jpg
 管理棟の中はこんな感じです。
 電子レンジ、湯沸かしポット、冷蔵庫が設置されていて便利です。
 80年代(以前のも)の原付が展示されています。

DSC08551.jpg
 宿泊の得点は、雲の上の温泉が@500→@400に
 温泉との間(約300m・・・くらい)には、無料シャトルバスが回っています。

 あと、冬場は結構寒いです。(ヒーター貸出し有り(有料))

 と、こんな感じの宿です。

 夏場には、また宿泊してみたいと思います!