古き町並みを訪ねて~伊予国へ~(前編)

 こんにちは! のぼうです。

 週間天気予報(2週間前の話です。)を見ていたら、この週末晴れそうじゃないですか! と言うことで前日に宿を予約し、6月16日(土)、17日(日)で愛媛県の宇和島(方面)を訪問してきました。(もちろん、100名城スタンプと御朱印帳を持参して!)


 いつものように、竹原市忠海港7:30発のフェリーで大三島盛港へ
 それにしても、来る度にオシャレになっていく忠海港です。

DSC09879.jpg
 うさぎの郵便ポストを発見・・・どう見てもただのポストにしか見えないけど・・・。

 盛港上陸後、しまなみ海道を経て今治へ上陸、今治からR317で松山へ

DSC09887.jpg
 途中、玉川ダム(再掲)でダムカードをゲット!!

 松山市内からR56で、最初の古き町並み、内子を目指します。

DSC_1815_20180627200736a87.jpg
 道の駅「内子フレッシュパークからり」で昼食です。

DSC_1816_201806272007375c0.jpg
DSC_1817.jpg
 お昼は、内子豚もろみバーガー(並)とじゃからサイダー(HPから「主原料の「じゃばら」には花粉症などのアレルギー症状を緩和するといわれている「ナリルチン」が豊富に含まれています。花粉症の季節に、またスッキリした飲み心地は暑い夏にもぴったりです。」)だそうです。サイダーはすっきりとした喉ごしでした。

【古き町並み①内子】
DSC_1818_20180627200740b3f.jpg
 いきなり観光HPから「大正期の思いが伝わる、本格的な現役の芝居小屋、大正5年(1916年)に大正天皇の即位を祝い創建された内子座。木造2階建ての瓦葺き入母屋作り、純和風様式の本格的な芝居小屋として建設されました。回り舞台や花道、桝席、楽屋などがあり当時の建築技術の粋が集められた建造物です。昭和60年(1985年)に復原工事が完了し、芝居小屋として再出発を果たしました。今では、町内外の芸術文化活動の拠点として活用されています。」
 たしかに現役でした。
 この日は公演があり、建物内の見学は不可、でも100年余り、芝居小屋として現役で使われている風格は画像からも伝わります。

DSC09910.jpg
DSC09919.jpg
 八日市護国重要伝統的建造物群保存地区(明治の町並み)です。
 内子町は江戸時代後期から明治時代にかけて木蝋(もくろう)の生産によって栄えた町。その面影が今も色濃く残っているのが、この町並みです。伝統的な造りの町家や豪商の屋敷が、当時のまま軒を連ねていて落ち着いた雰囲気です。

DSC09897.jpg旭館元活動写真館 旭館
 元活動写真館 旭館です。
 往年の名作のポスターに時が止まったような雰囲気が溢れてます。

DSC09907.jpg
 散策していて見かけた郵便受けの中の「的」???
 誰が狙って撃ってくるんだろう(不思議)

 内子の町並みを散策していたとき、自転車に乗った女子高生(女子中学生?)が道行く観光客(もちろん、のぼうにも)に「こんにちは!」と元気に挨拶していました。(男子は恥ずかしそうに無口でうつむいてました)
 内子の町並みは、清々しい気持ちにさせてくれました。(ほっこり)

 内子の町からR56で大洲を目指します。

【古き町並み②大洲】 
DSC_1825.jpg
 町並みを巡る前に、大洲城に立ち寄りました。(ここで100名城スタンプをゲット!)
 向かって左側の天守は平成16年に再建されたものですが、右側の台所櫓(だいどころやぐら)は、江戸時代の遺構です。

DSC_1826.jpg
 大洲城に入ってみると、建設当時のジオラマがあります。働く人々の表情が豊かで、思わずパチリ。

DSC_1832.jpg
 天守から望む肱川です。右手に大洲の街が見えます。

DSC_1833.jpg
 大洲藩鉄砲隊のポスターがありました。
 鉄砲隊は、大洲城天守木造復元10周年記念として、平成26年(2014)8月に結成され、現在、鉄砲隊の隊員は14名だそうです。  毎月第3土曜日午後2:00から大洲藩鉄砲隊公開練習を開催しているそうです。・・・って今日じゃん!(このとき13:30でした。)
 と言うわけで、公開練習を見ていくことに。

DSC_1829_20180627200757ca6.jpg
DSC_1828_201806272007559aa.jpg
 城内を回っていると、鉄砲隊の方々が準備されてました。
 鉄砲は、江戸時代に造られた実物とのこと。使われているのは、当時と同じ黒色火薬(成分は少し違うと思うけど)です。

DSC_1841_2018062720082139e.jpg
 いよいよ公開練習の開始です。
 火薬を扱うので、皆さん表情は真剣です。左手に持っているのは火縄です。
 赤い胴丸は女性隊員です。この日は4人参加されてました。

DSC_1866.jpg
 「弾込めぇ~」
 
DSC_1854_20180627200823036.jpg
 「構えぇ~」
 
DSC_1855.jpg
 「放てぇ~」の号令で一斉射撃です。
 「ドォ~ン」と轟音が響きます。思ったより大きな音です。鉄砲は人を殺すための道具であることを思い出しました。

DSC_1863.jpg

DSC_1865_20180627200827dde.jpg
 この日は5発発射しました。
 皆さんの凜々しい若武者振りに感動です。

DSC_1878.jpg
DSC_1880_20180627200833086.jpg
 ついつい写真を撮り過ぎました(笑)
 そうそう、最後に隊長(?)が説明されていましたが、女性隊員が4名もいる鉄砲隊は大洲藩だけだそうです(笑)

 さあ、大洲の町並みへ・・・
 






続きを読む

スポンサーサイト

安芸灘とびしま海道探訪(後編)

 こんにちは! のぼうです。

 今月は、頑張って更新しています(笑)

DSC_2007.jpg
 さて、お好み焼き「まりちゃん」を後にして、先に進みます。
 豊島の漁港にて。太刀魚漁の船?かな。上架して船底を塗装されてました。

DSC_2027_201805150617456de.jpg
 背景にある橋は、橋長543mの豊浜大橋です。
 この橋を渡って、大崎下島へ向かいます。

DSC_2020.jpg
 大崎下島の御手洗地区へ到着しました。
 象徴的な住吉神社の「高とうろう」です。
 御手洗は、江戸時代の風待ち潮待ちの港町の風情を今に伝える町です。

IMGP2609.jpg
 今も現役の時計屋「松浦時計店」さんです。
 この日もお昼休憩?の後、時計の修理に取りかかってましたよ。

IMGP2610.jpg
 西平製麺所さんです。
 鍋焼きうどんが評判で、休日には行列が出来てましたが、この日はお休みでした(次回の楽しみにしておきます。)

IMGP2625.jpg
 近くで「昭和の文化財」を展示しているところで見かけた電卓付きそろばん・・・どう使い分けするんだろぅ(笑)

IMGP2613.jpg
 江戸の町並みが残る「常磐町どおり」の入り口です。
 左の散髪屋さんは現役ですよ。

IMGP2618.jpg

IMGP2616.jpg
IMGP2617.jpg
 タイムスリップしたような常磐町どおり、潮待ち館はそのとおりにあります。賑やかな時代の商家の繁栄振りが感じられます。

IMGP2642.jpg
 こちらは、県指定史跡「若胡子跡(わかえびすやあと)」です。
 江戸時代のお茶屋ですが、当時のお茶屋は喫茶店ではなく、娼館でした。

IMGP2632.jpg
 中は耐震化されて、きれいに整備されていました。
 最盛期には100人の女性がいたそうです。「おはぐろ伝説」の壁が今も残っています。

IMGP2639.jpg
 菅原道真を祭神とする天満宮に参拝・・・。

IMGP2641.jpg
 天満宮の下がくぐれるようになっています。
 このトンネル、祈りながらくぐると願いが叶うとか・・・。

IMGP2634.jpg
 天満宮の境内にある筆の石像です。

IMGP2635.jpg
 菅公の碑の台の石です。
 観光案内には、なんとなく人の顔に見えるとありました。
 見えなくもないけど・・・。(笑)

IMGP2621.jpg
 船宿跡です。
 ひとしきりタイムスリップを楽しんで、帰路につきました。
 探訪なんて表題に書きましたが、安芸灘とびしま海道の懐は、まだまだ深くて大きいです。
 
 また、ゆっくり訪問したいと思います。

 親父の備忘録ブログにお付き合いいただきありがとうございます。 


安芸灘とびしま海道探訪(前編)

 こんにちは! のぼうです。
 5月12日(土)、先週のしまなみに続いて、安芸灘とびしま海道を独り巡ってきました。
 
DSC_1996.jpg
 「めねこのせと」と読みます。
 呉市仁方地区、旧川尻町(呉市)と蒲刈島との間にある海峡のことだそうです。
 以下HPから、「旧川尻町犬戻(いぬもどし)の鼻沖の小島があたかも猫がうずくまっているように見えることから女猫島と呼ばれ、付近の瀬戸のことを猫瀬または女猫の瀬戸と呼んだのが始まりで、海峡全体の呼び名となった。」そうです。
 その昔、早乙女愛主演の映画「女猫」を連想された方はのぼうと同年代ですね(笑)

DSC_1997.jpg

DSC_1999.jpg
 橋長1,175mの安芸灘大橋です。
 とびしま海道唯一、有料ですが、原付二種は通行料50円とお財布に優しい料金です。

IMGP2579.jpg
 安芸灘大橋を渡り、下蒲刈島に上陸後、立ち寄ったのは「蘭島閣美術館」です。下蒲刈は昔、春蘭の自生する美しい島「蘭島(らんとう)」と呼ばれていたそうです。下蒲刈には、蘭島閣美術館をはじめ、6つの文化施設があります。

IMGP2597.jpg
 美術館の中は撮影禁止です。1階と2階が作品の展示室になっており、絵画中心の展示でした。
 所蔵している作品も多く、島の美術館とは思えない(失礼)、見応えのある美術館でした。

IMGP2582.jpg

DSC_1973.jpg
 続いて、隣接する「白雪楼(はくせつろう)」へ
 江戸時代後期を代表する頼家(らいけ),有名なのは頼山陽さんですね、ゆかりの茶室だそうです。
 
DSC_1974.jpg
DSC_1978.jpg
DSC_1980.jpg
 ほっこりします。
 施設は大きなものではないので、見学がほんの5分ですが・・・。

DSC_1976.jpg
 本格的なお抹茶をいただけます。思わず、作法があるんでしょうかと聞いてみました(嘘です)。
 庭を眺めながら、お抹茶をいただきます。(ごちそうさまでした。)

DSC_2036.jpg
DSC_1987.jpg
 続いて、「蘭島閣美術館別館」へ
 ここでは洋画家 寺内萬次郎の作品を常設展示しています。
 作品は撮影禁止のため雰囲気だけ。
 寺内萬次郎さんは、終生、裸婦像を描くことに情熱を傾けた油彩画家で父親が蒲刈出身だそうです。
 当然に展示作品も裸婦像中心です。(ゆっくり見て回りましたよ。)

IMGP2585.jpg
 この別館からは、下蒲刈島の美しい風景が見れます。
 蒲刈大橋と「松濤園(しょうとうえん)」(画像の左下)が見えます。
 この日は天気も良かったので、海もきれいに映えました。

IMGP2594.jpg
 美術館近くにある長雁木です。
 戦国武将福島正則の命により作られたそうです。
 昭和になって、3段ほど継ぎ足しされたそうですが、下段は当時のものだそうです。  

 残る文化施設は後日の楽しみとして、橋長480mの蒲刈大橋を渡って上蒲刈島へ

続きを読む

しまなみ海道デビューツーリング♪

 こんにちは! のぼうです。

 表題を見て、「今更!」と思われたかもしれませんが、デビューなのです。
 もちろん、のぼうじゃありませんよ(笑)

 先日のお伊勢参りツーリングで一緒だった、えんどぅさんがYAMAHA XTZ125を購入したとのこと、今回(5月5日(土))
は原付倶楽部歓迎会ということで、ざわさんと3台で「しまなみ海道デビューツーリング」に行ってきました! 

DSC_1891.jpg
 7時過ぎ、いつもの竹原市忠海港です。
 今年2月に来たときは、向かって右端に幕が掛かってましたが、どうやら改修工事をしていたようで、どんどん充実した施設になっていきます。兎の島効果ですね。

DSC_1894.jpg
 フェリーで大三島に上陸、いつもならさっさと駆け抜けるのですが、今回はしまなみデビューなので、ゆっくりと回ります。
 看板が目について向かったのは、「台ダム」です。
 幾度も大三島を駆けりましたが、ダムがあることを初めて知りました(笑)
 台ダムは、1992年に完成、水源に乏しい島嶼部にあって、しまなみ海道沿いに送水管を敷設し、周辺3島に送水しているそうです。

DSC_1896_2018051321285209f.jpg

DSC_1899.jpg
 続いて、伯方の塩工場を見学。塩ソフトクリームで一服です。

DSC_1920.jpg
 大三島から伯方島を経由して亀老山展望公園へ
 この日は、空気が澄んでいるのか、緑や青色が鮮やかでした。
 四国の山々まで見渡すことが出来ました。

DSC_1921_201805132129018f9.jpg
 平山郁夫画伯もここでスケッチをされたようです。

DSC_1923_2018051321290200b.jpg
 続いて、同じ大島にあるカレイ山展望公園へ
 途中で買い出しして、展望公園で乾杯です。

DSC_1924.jpg
 のぼうのメニューは、今治名物焼豚卵飯&海鮮巻き(食べ過ぎですが・・・)です。
 天気もいいし、最高だなぁ~

DSC_1926.jpg

DSC_1930.jpg
 この展望台からは、村上海賊の娘の舞台というより根城、能島がよく見えます。

DSC_1933.jpg
 展望台から見る大島大橋です。橋桁が建っているのは「カブの聖地 見近島」です。

DSC_1934.jpg
 平山郁夫画伯、ここでもスケッチしていました。絶景ですもんね。

DSC_1939.jpg
DSC_1943.jpg
 村上海賊の娘の話も出たので、同じ大島にある村上水軍博物館へ
 展示物は撮影禁止なので外観だけですが、栄枯盛衰、村上海賊の歴史が学べます。

DSC_1942.jpg
 まるで砦のような外観です(笑)

DSC_1951.jpg
DSC_1955.jpg
 大島大橋を渡り、伯方島へ
 久しぶりに沖浦ビーチへ寄ってみたら、サーファー(といっても、おっさん達)の皆さんが幕営していました。
 そこから伯方島を回って開山公園へ
 木製の大きな展望台があります。登ると360度の展望が開けます。
 画像は展望台から望む多々羅大橋です。

DSC_1958_201805132129549d0.jpg
 大三島橋を渡って、道の駅「多々羅しまなみ公園」へ
 サイクリストの聖地で記念撮影です。

DSC_1960.jpg

DSC_1969.jpg
 しまなみ海道デビューの最後は、大山祇神社へ
 日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持っている古い神社です。

 DSC_1966.jpg
 境内には樹齢約2600年の神木である大楠が鎮座しています。 

 参拝した後、盛港に向かい帰路につきました。
 えんどぅさん、しまなみ海道を気に入って貰えましたか。
 今回はデビューなので、しまなみ海道鉄板ルートでしたが、次回は石鎚山系を駆け回りますよ(笑)
 テント担いで行きましょうね! 
 ざわさん、いつも一緒に駆けてくれてありがとう。近くうどん県に行きましょう!

DSC_1971.jpg 
 今回の戦果です。
 伯方の塩見学記念の塩、台ダムカード、そして大山祇神社の御朱印です。
 満足な一日でした。

 親父の備忘録ブログにお付き合いいただきありがとうございます。
 

ぶらりかぶ散歩 ~道後温泉探訪の旅編~

 こんにちは! のぼうです。

 相変わらず更新を追いかけてます。
 更新している今日は、春らしいぽかぽか陽気ですが、今回は3週間前、3月11日(日)のお話です。


 朝6時、国道二号線です。
 ほんの3週間前ですが、この日は朝の冷え込みが厳しかったぁ~
 今回、目指すのは愛媛県松山市の道後温泉本館です。
 いつもは銭湯感覚で、気軽に入浴を楽しむだけでしたが、今回は、ちょっと趣向を変えて見ることに・・・。(笑)

DSC_1504.jpg

DSC_1505.jpg
 竹原市忠海港7時30分発のフェリーに乗るべく、ざわさんと待ち合わせ(いつものパターン)
 うさぎの想い出ソフト・・・なぜに金色(笑)

DSC_1506_20180401163613e2d.jpg
 さあ、道後温泉に向けて出港です。

DSC_1512_20180401163614a8a.jpg

DSC_1514_20180401163616d3c.jpg
 途中、見近島に上陸しました。
 朝の冷え込みが厳しいときですが、3組のキャンパーが幕営されていました。

DSC_1521_20180401163617d46.jpg

DSC_1525.jpg
 大三島に上陸してから、寄り道しなければ9時過ぎには今治に上陸できます。

DSC_1527.jpg

DSC_1528.jpg
 今治からR317で松山を目指します。
 途中、石手川ダムに立ち寄り、このダムは松山市の水瓶で、松山市上水道の約半分をまかなっているそうです。
(帰路、管理事務所に立ち寄って「ダムカード」をゲット! 密かに収集したりしています。)

11時前に松山市内へ入り、まずは昼食と向かったのは・・・

DSC_1539.jpg
 松山のソウルフード「鍋焼きうどん」のアサヒさん。
 松山の観光ガイドにはまず載っている有名店なので、早めにと思い着いたのは11時20分・・・既に満席でした(笑)
 ただ、待ち人数はなかったので、しばらく待ってたら案内されて・・・

DSC_1533.jpg
 メニューはいたってシンプルです。

DSC_1534_20180401171431101.jpg

DSC_1536_20180401163623ac3.jpg
 注文したのは「鍋焼きうどん」とおいなりさん、アルミ鍋の蓋を、開けるとなんとも懐かしい感じがします。
 甘めのだしに、柔らかめの麵、甘く煮詰めた牛肉とあげがトッピングされてます。
 懐かしくて、飽きの来ない味です。率直に美味しかったぁ~。

 さあ、いよいよ道後温泉へ!!!  



続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど ~セカンドシーズン~
訪問者数