fc2ブログ

ハンターカブで阿蘇をぶらぶら!(前編) 

 こんにちは! のぼうです。

 新緑の5月中旬になりましたが、blogは未だに有休消化の3月末を彷徨っています。(笑)

 ツーリングの目的地は”阿蘇”です。 今回はハンターカブを駆り、しまなみ海道経由で四国へ、愛媛県佐田岬の先にある国道九四フェリー三崎港から大分県佐賀関港に渡り阿蘇を目指します!



 早朝、忠海港発7時30分の始発フェリーを目指します。
 雲は多かったですが、この後は晴れる予報なので安心です。



P3270410.jpg

 いつもの忠海港に到着しました。
 あちこちお色直しがされていて寄る度に表情が変わっています。(とても田舎の”待合所”にみえない)



P3270414.jpg

 忠海港の堤防の先っちょにいた釣り人さんです。



P3270415.jpg

 大三島の道の駅多々羅しまなみ公園にある”しあわせの鐘”です。
 雲も少なくなってきました。



P3270419.jpg

 道の駅よしうみいきいき館から望む来島海峡大橋です。
 大三島盛港から約30分、来島海峡大橋を渡れば四国上陸です。

 しまなみ海道を抜けて今治市へ上陸後、R317で松山市へ、R56、R378”夕焼けこやけライン”を駆けて佐田岬を目指します。



P3270425.jpg

 伊予市双海町にある道の駅ふたみで小休止。

 双海町は「日本の夕陽百選」に選ばれているそうで、道の駅に隣接するふたみシーサイド公園内の階段式護岸は焼けに染まる伊予灘の景色を楽しむのにぴったりの場所だそうです。
 ふたみシーサイド公園にはきれいな砂浜が広がっていますが、砂浜のほぼ中央になる恋人岬には”夕日のモニュメント”↑があり、春分・秋分の日の前後数日間には、モニュメント中央の穴に夕日がすっぽり収まる様子を見ることができるそうです。



DSC_0458_2022051120305166b.jpg

 続いて、双海町大久保にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線(愛ある伊予灘線)の下灘駅(しもなだえき)はに立ち寄りました。
 ホームから伊予灘を眺めることができて、国道378号が開通するまでは、ホームの下にすぐ波が打ち寄せるほど線路と海岸が近接した「日本一海に近い駅」だったそうです。

 訪問するのは3回目ですが、週末はいつも観光客で賑わっているようです。



P3270427.jpg

 観光客が切れたところでパチリ。恋人達?は伊予灘を眺めながら、何を語らう・・・。



HORIZON_0002_BURST20220327114413360.jpg

 大洲市長浜甲にある長浜大橋です。
 昭和10年に竣工した古い橋で、全体が赤く塗られていることから、地元では「赤橋」の愛称で呼ばれているそうです。 
 橋の下に船を通すため、中央部の18メートルの区間を跳ね上げて開閉することができるバスキュール式(跳ね上げ式)可動橋で、日本で現存する道路開閉橋としては最古とのこと。
 まだ跳ね上げている姿を見たことがないので、ちょっと気になるところです。



HORIZON_0002_BURST20220327125003312.jpg

P3270439.jpg

 R378からR197へ、佐田岬半島にはいりました。

 画像は、西宇和郡伊方町にある”せと風の丘パーク”にある展望デッキです。
 北に瀬戸内海、南に宇和海が広がる佐田岬半島の尾根に風力発電用の白い風車が並んでいます。
 
 しばし、眺めてホッコリします。



続きを読む

スポンサーサイト



夜叉を尋ねて~安芸高田市ぶらぶら~

 こんにちは! のぼうです。

 広島県では、1月9日から続いているまん延防止措置の適用が今月6日で解除されるとのこと。
 長かった第6波のトンネルもやっと抜けれそうです。

 さて、2月中旬の平日のこと、機関維持のため、ハンターカブで”夜叉”を尋ねて安芸高田市へ行ってきました。
 安芸高田市は、広島県の北部に位置する市で、戦国大名の毛利元就の本拠地として知られています。
 その居城でもある郡山城址があります。



 やって来たのは、安芸高田市美土里町にある神楽門前湯治村(かぐらもんぜんとうじむら)です。
 神楽門前湯治村は、天然温泉をはじめ、格子造りの旅籠屋や湯治宿、お食事処、茶店などが通りに軒を連ねる総合レジャーランド?です。

 ”夜叉”はこの湯治村にいます。



P2140139.jpg

 門の正面に位置する”旅籠 千両萬両”の前に鎮座する”ふくすけ”さんです。(お邪魔しまぁ~す)



P2140164.jpg

P2140149.jpg

P2140150.jpg

 こんな雰囲気の町並みです。 コロナ禍の平日ということで、人影もまばらでした。

 目指す”夜叉”はというと・・・。



P2140141.jpg

 ありました! ”鬼より辛い 夜叉うどん”(笑)

 「うどん・そば 権兵衛」さん、安芸高田市内の5店舗で提供されているご当地うどん「夜叉うどん」発祥の地だそうです。
 今回は3回目の訪問です。



P2140146.jpg

 ビギナーのぼうが注文したのは、”夜叉レギュラー 麵ダブル”です。

 夜叉スペシャルが気になるところですが、レギュラーの倍辛とあるので、挑戦するのはもう少し修行してからかなぁ。



P2140142.jpg

 メニューの画像とイメージが違います。(笑)



P2140145.jpg

 赤いスープが特徴です。旨みのある優しい辛さで一度食べるとクセになります。

 程よい辛さ(でも、一口目はむせました。)と麵の相性がよく、美味しく赤いスープまで飲み干しました。(満足)
 


P2140152.jpg

P2140154.jpg

 神楽史料館の建物です。
 この奥には、神楽ドームがあります。
 以下HPから「千畳敷の広さの観客席を持った、日本では他に例のない神楽専用の観覧施設です。屋根は東京ドームと同じ膜を張ったドーム式で、最大 1,500 人(椅子席時)もの人々が快適に神楽を鑑賞することができ、タタミ敷の桟敷席が設けられ、長時間快適に神楽を楽しむことができます。」
 
 今はコロナ禍で休演中だそうです。



P2140159.jpg
 
 由美姉さまの看板がありました。いつみてもお美しい・・・。
 看板をしばし眺めてから、神楽門前湯治村を後にします。

続きを読む

呉市お気に入りスポットを(ちょっと)ぶらぶら

こんにちは! のぼうです。

 留まるところを知らないオミクロン旋風によるコロナ禍第6波が全国を席巻していますね。
 のぼうの住む広島県はマン防が今月20日まで延長されたことから、実家の支援等以外ではなるべく巣籠もりして過ごしています。

 令和4年最初の記事は、マン防が発令される以前の1月上旬のお話です。
 快晴に誘われて、呉市方面に半日カブツーリングに行ってきました。


P1030003.jpg

 お昼前に広島を出発し、R31を呉方面へ
 画像は、安芸郡坂町のベイサイドビーチ坂です。
 R31沿いに造られた人工砂浜が約1200メートル続いています。



P1030006.jpg

 呉市海岸3丁目にある呉市立港町小学校の「円形校舎」です。
 中国地方で唯一現役で使われている円形校舎だそうです。
 1962年完成の鉄筋4階建て、希少な建築物ですが、築60年で耐震強度が不足しており存続の岐路にあるそうです。

 カブの後は「防空壕」跡です。



P1030007.jpg

 海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」に展示されている潜水艦あきしおです。
 潜水艦あきしおは、全長76.2m、重さ2,250t、1986年から2004年まで、実際に海上自衛隊で使用されていたもので、
1985年に進水したゆうしお型潜水艦あきしおは、2004年3月に除籍。2006年9月に国内最大級の起重機船(クレーン船)で陸揚げされ、呉史料館に展示されたそうです。



P1030010.jpg

 呉市を望む灰が峰です。(ちょっと見づらい)(汗)
 HPから借用「灰ヶ峰は標高737m。日本三大夜景の函館山より2倍以上の高さがあり、その夜景は、まるで天上から眺めているようです。宝石のような街の灯り、呉港に揺れる船、そして月あかり。まさに呉のロマンチックスポットです。光の筋が「くれ」と読めると、そのカップルは結ばれるという噂も…。JR呉駅を出ると正面にそびえる灰ヶ峰は、頂上にある丸く白い気象レーダーが目印です。ぜひ、その目で確かめてください!」

 若い頃、呉市に2年ほど住んでいました。カップルは結ばれるというのははじめて聞きました。(笑)
 灰が峰には車で行けるし、駐車場もありますが、途中、狭い道があるので夜間は注意しながら登ってください。



P1030012.jpg

DSC_0147_20220207201623a28.jpg

 音戸の瀬戸にやって来ました。
 上の画像は、音戸大橋と第二音戸大橋(奥)です。
 音戸大橋は昭和36年に供用開始された齢60歳、第二音戸大橋は平成25年に供用開始となったそうです。

 下の画像は第二音戸大橋から望む音戸大橋です。



P1030014.jpg

P1030017.jpg

P1030015.jpg

 音戸大橋を警固屋側に降りたところにある音戸渡船です。
 呉市本土と倉橋島を結ぶ音戸渡船は直線距離で120m、時間にするとわずか1分ほどで「日本一短い定期航路」といわれ、古くから多くの人を運んできましたが、音戸大橋の完成などで減少が続き、令和3年10月31日に廃止されました。



P1030019.jpg

 海上自衛隊の潜水艦と護衛艦を見ることができる公園「アレイからすこじま」です。
 人気のスポットです。以外と望遠レンズを構える女子が多いです。 
 
 半日あまり、呉の観光スポットを巡って帰路へ



HORIZON_0001_BURST20220103175106263_COVER.jpg
 
 画像は、夕陽が映える瀬野川です。

 呉市の好きなスポットをブラブラした半日あまりのカブ旅でした。

 
 小ネタでしたが、それすら尽きてしまった・・・。(笑)

 オミクロン旋風が早く収まりますように・・・。(それまでブログも休眠だぁ~)


 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。

冬が来る前にぃ♪ ~あの道をもう一度(後編)~

 こんにちは! のぼうです。

 令和四年、最初の記事になります。 本年も引き続き宜しくお願い申し上げます。

 さて、四国ツーリングの後編です。


PB280043.jpg

 宿泊した民宿お山荘を後に、”祖谷のかずら橋”に向かいます。

 画像は、かずら橋の向かい側にある”びわの滝”です。



PB280047.jpg

PB280045.jpg

 ”祖谷渓”と”祖谷のかずら橋”です。



PB280049.jpg

 木材と縄状の葛で作られた伝統的な橋だそうです。

 通行料金は@500、一方通行で、画像下は出口になります。 高い所が苦手なのぼうは、当然に渡るのはパスです。(笑)



PB280053.jpg

 かずら橋の先から望む山間の家々です。いかにも四国らしい風景です。



PB280055.jpg

PB280059.jpg

 画像上は、県45沿いにある看板がユニークな”仙吉(蕎麦店)”、画像下は、JR大歩危駅近くにある”歩危マート2号店”です。
 スーパー+お蕎麦屋さんでした。



PB280060.jpg

PB280062.jpg

 かずら橋から県45を経由してR32へ
 ルートでは左折して南下するのですが、トイレを目指して右折し”道の駅大歩危”へ向かいます。

 道の駅の展望台から望む、大歩危峡(吉野川)です。



PB280069.jpg

PB280068.jpg

 道の駅での用事を済ませ(笑) R439を目指して南進します。

 R32からR439へ、吉野川沿いに西進します。

 画像は、その風景に魅せられて思わず撮った”帰全山公園キャンプ場とアプローチするコンクリート橋です。
 この時は知らなかったのですが、帰全山公園キャンプ場に隣接したところに、モンベル アウトドアヴィレッジ本山店があるとのこと。立ち寄れば良かったぁ。(笑)



PB280071.jpg

  高知県土佐郡土佐町にある早明浦(さめうら)ダムまでやって来ました。

 HPから借用「早明浦ダムは、吉野川総合開発計画に基づくもので、昭和42年に着工し、昭和48年に完成しました。多目的ダムとして西日本随一の規模を誇り、貯水量は全国第4位。四国四県に分水され、「四国の水がめ」として、多くの人々の暮らしや産業を支えるとともに、流域の洪水被害も軽減しました。」
 
 ダムカードは以前に貰っているのでパスします。



PB280072.jpg

PB280075.jpg

PB280079.jpg

 貯水量全国第四位だけあって迫力のあるダムです。

 キャンプ場やサイクリングコースもあり、のんびり過ごせるエリアになっています。



PB280076.jpg

 ヘリポートで記念撮影して先に進みます。




続きを読む

冬が来る前にぃ♪ ~あの道をもう一度(前編)~

 こんにちは! のぼうです。

 のぼうが年男である丑年、2021年最後の日、だけどブログは未だ11月のネタを追いかけています。(笑)

 昨年の最後の記事も、「今年のネタは今年のうちに」と言いながら、やっぱり11月のネタでした。(汗)
 全く成長しない(退化してないだけ良いか?)のぼうです。

 さて、今回はタイトルのとおり、冬(12月)になると閉鎖される四国の道を、その前にもう一度、駆けてみようと11月最後の土日で行ってきました。

DSC_0121_202112302001096c0.jpg

 早朝、広島市内を出発し、R2をひたすら西進します。
 画像は西条町上三永にある温度計です。
 そこそこ寒いのですが・・・実は、これから向かう先の方がもっと寒かったぁ。


PB270001.jpg

DSC_0126.jpg

 いつもの竹原市忠海町にある忠海港へ7時30分発のフェリーに乗り込もうとやってきました。
 前回、確か工事をしていた箇所(下の画像)は、すっかりグレードアップしていました。(兎で儲けてるなぁ)



PB270004.jpg

 寒いけど釣り人には関係ないみたい。背景に見えるのは多々羅大橋です。



PB270005.jpg

 大三島に上陸してから四国を目指して進みます。
 画像は、「今日の見近島」です。
 けっこう寒い日でしたが、土曜日の朝からしっかり幕営されていますね。



PB270007.jpg

 場所を忘れてしまいましたが(多分、大島大橋)、料金箱にかわいいお地蔵様が。
 「ありがとう」って言われると・・・って、いつもちゃんんと料金を入れていますよ!(笑)
 ちょっと、ほっこりしますね。



PB270008.jpg

 道の駅 よしうみいきいき館で小休止。(トイレに行かなくっちゃ)

 今回の相棒はカブ110(JA07)です。今年の6月に譲って頂いたニューフェイス。
 前のオーナーに倣って、カブ吉と呼んでいます。(笑)



PB270009.jpg
 
 栗島海峡大橋の向こうに四国・今治が見えています。
 ちょっとワクワクしながら進みます。



DSC_0131_202112302001139ca.jpg

DSC_0128_202112302001121c4.jpg

 今治市に上陸してからR196~R11で西進します。
 途中、新居浜市にある”こがね製麺所 新居浜喜光地店”で昼食です。
 注文したのは、ぶっかけ+ゲソ天です。
 うどんも天ぷらも美味しかったのですが、見た目、巨大なゲソ天でしたが、ちょっと衣が大きいかなぁ。(身は小さかった)



PB270010.jpg

PB270013.jpg

 こがね製麺所を後にして、県47を南下します。
 画像は、別子銅山最後の採掘場跡地にあるテーマパーク”マイントピア別子”です。
 まだまだ秋色が残っていますね。
 県47は快走路です。大型バイクが何台も連ねて追い越していきました。(笑)



PB270014.jpg

 さて、今回のツーリングの目的、冬季になると閉鎖される道”そのイチ”が、この東平(とうなる)に向かう道です。
 画像にある緑色のフェンスで閉鎖されます。
 この先の道は、1.5車線の細い道が続いています。
 寒かったですが、道には凍結等はなく、対向車に中止しながら進みます。
 


DSC_0139_20211230200115490.jpg

 この道にあるのは、東洋のマチュピチュと呼ばれる、5000人が暮らしていた町の遺跡があります。
 多くは、建物の基礎程度しか残っていないので、なかなか繁栄時の状況が想像できないのがちょっと残念です。



DSC_0147_202112302001193a7.jpg

DSC_0142_20211230200116c8f.jpg

PB270016.jpg

PB270017.jpg

 よくパンフレットに出ているのが、ここ東平採鉱本部跡です。
 ここだけはしっかりとしたレンガ造りなので、割と形を残しています。



PB270015.jpg

 東平なら望む山々です。上の方は、霧氷でしょうか樹木が白くなっていました。



PB270022.jpg

 ここで見掛けた”ニュートンのりんごの木”。
 ニュートンが万有引力を発見したきっかけとなるりんごの木の枝を接木したそうですが、”ほんまでっか”と思うのは、のぼうだけでしょうか。まあ、浪漫のある話なので野暮は言いませんが・・・。(笑)

続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数