FC2ブログ

西日本豪雨災害

 こんにちは のぼうです。

 親父のブログに訪問いただきありがとうございます。

 先週末からの西日本豪雨災害で、広島県も多くの方々が被災され、亡くなられ、未だ被害の全容も掴め
ない状況です。
 猛暑となった今日も、安否不明の方々の捜索も昼夜を問わず、行われています。

 東広島市は、このブログを書いている現在でも避難指示を受けて、学校の体育館などで不安な夜を過ご
されている方々がおられます。
 
 のぼうは、幸いにも家族、親兄弟とも被災を逃れ家屋共々無事です。

 
 
 先日、訪問した愛媛県の大洲市や宇和島市も多くの被害が出ており、ニュースの映像に心が痛みます。

 この災害で亡くなられた方のご冥福を、安否不明の方々が早く、できれば無事に発見されますよう祈るばかりです。

 
 言葉足らずの文章で申し訳ありません。

 近況報告まで
 

 



 
 
 
 
 

密かなマイブーム! ツーリングの必需品です(笑)

こんにちは! のぼうです。

 最近(ほんとごく最近です。)、ツーリングに際して、必需品として持って行く、のぼうのマイブームをご紹介します(笑)

 マイブームその1
 
DSC09641.jpg
御朱印集め・・・です。
ちなみに、御朱印(ごしゅいん)」とは、
「神社や寺院において、参拝者に向けて押印される印章・印影の事です。押印の他に、参拝した日付、寺社名・御祭神・御本尊の名前などを墨書きして下さるところが一般的です。
また、御朱印をもらう(拝受といいます)ために使用する帳面を、「御朱印帳(ごしゅいんちょう)」と呼びます。御朱印の起源は、寺社へ写経を納めた(納経)際の受付印であったとされています。」
だそうです。
 画像の御朱印帳は、靖国神社で購入したものです。

DSC09643.jpg

DSC09642.jpg
 祈念・・・いや記念すべき1頁目は、もちろん靖国神社です。

DSC09647.jpg
 こちらは、白兎神社を参拝した際の御朱印です。

マイブームその2
 
DSC09639.jpg
 100名城スタンプ集め・・・

 DSC09640.jpg

DSC09921.jpg
 先だって、東京へ出張した際に、「江戸城」を皮切りに、現在、7城/100城のスタンプをゲットしました(笑)
 画像は愛媛県の大洲城です。(まだブログで紹介してませんが(笑))


マイブームその3

DSC09649.jpg
 ダムカード集め・・・

DSC09887.jpg
 画像は愛媛県の「玉川ダム」です。(こちらも、まだブログで紹介していません(笑))
 
 ダムカードとは、
「国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダムでは、ダムのことをより知っていただこうと、平成19年より「ダムカード」を作成し、ダムを訪問した方に配布しています。カードの大きさや掲載する情報項目などは、全国で統一したものにしており、おもて面はダムの写真、うら面はダムの形式や貯水池の容量・ダムを建設したときの技術、といった基本的な情報からちょっとマニアックな情報までを凝縮して載せています。」
だそうです。
 全国600箇所以上のダム(の事務所とか)で配布されています。無料です。

 と言うわけで、最近のツーリングでは御朱印帳と100名城公式スタンプ帳を忘れずに持参しています(笑)
 (ダムカードは貰うだけなので)
 神社・仏閣、お城そしてダムがターゲットなので、日帰りツーリングでもまず1カ所(又は1枚)はゲットできます。
 無理して集める必要もないし、全て集める必要もないので、ゆっくり楽しみながら集めていきます。

 そうそう、御朱印集めの先輩、ボンネさんと話をしていた時に、「死んだら御朱印帳どうするかね」という話になりました。まあ、残された家族からすれば、じいちゃん(のぼうのこと)が集めていた御朱印帳なんてどうでもいい話(というか処理に困るもの)、いろいろ話をしてて、棺に入れて貰って一緒に焼いて貰おう!という結論に(笑)
 まあ、100名城スタンプ帳はともかく、御朱印帳は参拝した証だし、信心深いということで、ご利益あるかも!!(動機が不純)

 親父の与太話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
  
 

東日本震災の今を訪ねて(後編)

 こんにちは! のぼうです。

南三陸
 東北震災の今を訪ねて、二日目です。
 今日は、まず南三陸町を目指して車を走らせます。

DSC_1792.jpg
 今の南三陸町の町並みです。
 僅かに残った建物も撤去されており、町全体がなくなっています。
 赤い建物(鉄骨のみですが)は南三陸町役場防災対策庁舎です。

DSC_1790.jpg
 HPから拝借しました。
「南三陸町の津波による死者数は566名、行方不明者数が310名(12月28日現在)にも上った。
 住民の大多数が「地震の後には津波」との意識が高かった地域でありながらこんなにも多くの犠牲者が出てしまった。防災対策庁舎では繰り返し「高台へ非難してください」と防災無線で呼びかけ続けていたが、まさかその3階建て庁舎屋上を2mも上回るとんでもない津波が襲ってくるとは、高台に避難していた人たちさえ目を疑ったことだった。」
 

DSC_1820_20180510191433c0b.jpg
 南三陸さんさん商店街から望む防災庁舎です。(手前の写真は震災直後です。)
 この防災庁舎では、役場の危機管理担当の方々など40数名がいましたが、津波はこの3階建ての庁舎を2mも超えて襲ってきたそうです。次々と人が流されていき、屋上に残った人たちも一生懸命手すりにしがみついていましたが、手すりごと流されたそうです。助かったのは僅かに8名だけ(後に流された1名も生存を確認)、鉄塔にしがみついた方と非常階段にしがみついた方々が助かったそうです。

DSC_1809.jpg
 現在位置とあるのは、南三陸さんさん商店街があるところです。(防災庁舎は川向かいです。)
 
DSC_1808.jpg
 震災直後です。3階建ての防災庁舎があんな状況なので、民家の殆どは流されたそうです。

DSC_1798_20180510191423b15.jpg

DSC_1802_201805101914242bb.jpg
 海に近いところへ展望台があったので登ってみました。
 防潮堤や土地のかさ上げの工事が今も続いています。というより、まだまだ続きます。

DSC_1795.jpg
 休日なので作業もお休みだったのでしょうか。
 重機もつかの間の休日に身体を休めているようでした。

DSC_1813.jpg

DSC_1811_20180510191429901.jpg
 南三陸さんさん商店街です。
 プレハブっぽい建物での仮営業だと思いますが、昼時には多くの訪問客で賑わっていました。
 のぼうも、しっかり買い物しましたよ!(酒の肴ばかりですが・・・。)

DSC_1818.jpg
 在りし日の南三陸町、復興まではまだまだ時間が掛かりそうです。

 三陸さんさん商店街で昼食を済ませて、次の目的地である大川小学校跡地に向かいます。





続きを読む

東日本震災の今を訪ねて(前編)

 こんにちは! のぼうです。

 先月、出張で2週間ほど東京に滞在していました。
 週末にどうしようかと思案していましたが、せっかくの機会なので、東北震災の現状を見るべく仙台へ行ってきました。

DSC_1689_20180510191324e11.jpg
 東京から東北新幹線で仙台へ
 仙台市内でレンタカーを借り、まずは仙台城へ
 伊達政宗が慶長5年から2年余りで築いたお城だそうです。

DSC_1705.jpg
 昭和62年に放映された独眼竜政宗の題字です。

DSC_1697.jpg
 壮大な本丸北壁石垣です。
 さて、お城を一巡りしてから、今日の最初の目的地、荒浜小学校に向かいます。

仙台1
 荒浜地区と閖上地区は仙台の中心部から車で1時間もかかりません。

DSC_1721.jpg
 HPから
 「荒浜地区は、仙台市中心部から東に約10km離れた太平洋沿岸部 に位置しています。 海岸線に沿うように歴史ある運河・貞山堀が流れ、その周囲に約 800世帯、2,200人の人々が暮らす集落がありました。 1873(明治6)年創立の荒浜小学校は、海岸から約700m内陸に 位置し、震災当時は91人の児童が通っていました。」
 「2011年3月11日に発生した東日本大震災において、児童や教 職員、住民ら320人が避難し、2階まで津波が押し寄せた荒 浜小学校。 津波による犠牲を再び出さないため、その校舎を震災遺構と して公開し、津波の脅威や教訓を後世に伝えていきます。


DSC_1719_2018051019133925d.jpg
DSC_1712_20180510191333489.jpg
 DSC_1711.jpg
 津波は、この小学校の2階まで押し寄せたそうです。

DSC_1713.jpg
 震災前の荒浜地区です。小学校の周囲には家が建ち並んでいます。
 それが・・・

DSC_1718.jpg
 荒浜小学校の屋上から見た海方向の風景です。
 
DSC_1714.jpg
 こちらは住宅街を望む方向です。
 どちらも何もありません。
 全て津波に飲まれ流されたそうです。
 小学校で当時のビデオが放映されていましたが、地震の後、多くの住民はそのまま自宅に留まっていたそうで、多くの方が家屋と一緒に流されたそうです。

DSC_1731_20180510221446af1.jpg
 道路脇のあちこちに家屋の基礎が残っています。
 草で目立たなくなっていましたが、ここに生活があった痕跡です。

DSC_1722_2018051019134285d.jpg
 小学校の近くに慰霊碑がありました。
 
DSC_1726_20180510191344e22.jpg
 延々と続く防潮堤を少し歩いてみました。
 かつて町があった方向を眺めてみると、得も言われぬプレッシャーを感じます。
 慰霊碑に向かい、亡くなられた方々のご冥福を祈念して荒浜地区を後にしました。 

 




続きを読む

謹賀新年! 今年も宜しくお願いします。


 今年もよろしくお願いします
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数