FC2ブログ

再び小豆島へ ~ライハのツボ目指して!(後編)~

 こんにちは! のぼうです。

 8月25日(日)、ライハのツボでまったりと楽しい時間を過ごした翌日。(って、もう週回遅れ×3(^_^; )

DSC_5872.jpg
 この日の朝は、オーナーが入れてくれたエスプレッソ(で良いですよね(^_^;)から始まりました。
 香りも良く美味しかったです。(ありがとう!)

DSC_5873.jpg
 いつものように、ライツボを背景に記念写真!

DSC_5876.jpg
 鉄人カブライダーSさんの気合いが入ったカブ号です。(カブって凄い!と改めて納得)

IMGP6072.jpg
 定番、石の館からの眺めです。ちょっと雲が多く、時折、どんよりした空でしたが、展望は良いです。

IMGP6082.jpg
 オーナー(自転車)とSさんと、しばしセトゲー巡り。向かったのは、「日本の棚田百選」にも選ばれている「中山千枚田」にある「小豆島の恋」という作品です。
 作品と棚田に見入る赤い服を着た妙齢の女性・・・アートだなぁ。

DSC_5879_201909150701159a3.jpg

DSC_5897_20190915070119849.jpg

DSC_5902.jpg
 外観はこんな感じ・・・。竹を組んで作られていますが、よくぞと思うくらい大きいです。

DSC_5890.jpg

DSC_5888.jpg
 「小豆島の恋」、竹の隙間から優しい日差しがさしています。
 寝転んでみると気持ち良いですよとオーナーの弁、体験しました。
 このまま寝込んでしまいそうな、穏やかな時間でしたよ。

 自転車のオーナーと一旦分かれて、二人で向かったのは、、昨日曇り空で本来の作品の姿、輝きが見れなかった沖之島のアート。渡船で渡ったものの、この時は、生憎の曇り空・・・・。

IMGP6092.jpg
 本来の輝きは見れませんでしたが、補修(台風などで剥がれるそうです。)をされている所で見ていると、「やってみますか」と声をかけられ・・・。

IMGP6088.jpg
 のぼうが補修した(貼り付けた)クリスタルダイヤです。
 秋のセトゲーで再訪問したときに分かりやすいように三角形△にしてみました。(笑)

IMGP6055.jpg

DSC_5904_20190915070124b17.jpg
 沖之島内の”おきしまや”さんで、ハモカツバーガーを頂きました。
 セトゲー期間中のみの営業とのこと。
 

続きを読む

スポンサーサイト



再び小豆島へ ~ライハのツボ目指して!(前編)~

 こんにちは! のぼうです。

 更新も週回遅れ×2と相変わらずののんびりblogです(^_^;

 さて、瀬戸内芸術祭2019 あつまる夏の最終週となる8月24日(土)、25日(日)に再び小豆島へ行ってきました。
 瀬戸内芸術祭+ライハのツボ泊の小豆島ツーのスタートです。



DSC_5790.jpg
 東広島市を5時過ぎに出発し、新岡山港9時30分発のフェリーで小豆島へ

DSC_5793_201909081945181f2.jpg
 手際よく固定されました。

DSC_5801.jpg

DSC_5802.jpg
 10時40分土庄港に到着です。
 後に見えるシルバーのBOXには、石川さゆりさんの小豆島ご当地ソング「波止場しぐれ」の歌詞が刻まれていて、スイッチを押すと歌が流れます♪(結構な音量なので、少し恥ずかしかった・・・。)

DSC_5808.jpg
 フェリーターミナルに展示されているコシノジュンコさんの作品です。

DSC_5815.jpg
DSC_5810.jpg
 向かったのは11時開店の小豆島ラーメンさん。
 前回は行列になっていたのでパスした人気店です。オープンと同時に入りましたが、直ぐに満席になってました。
 「心ゆくまで 替玉」というフレーズが心意気を感じます。

DSC_5812.jpg
 注文したのは、醤そば+醤丼ミニのランチセットです。(@950)
 小豆島産醤油といりこ出汁のコクのあるスープが美味しかったです。
 更に炙りチャーシューは味もボリュームもバッチリ!
 替玉にチャレンジしたかったのですが、フェリーで遅い朝ご飯を食べていたので断念(^_^;

DSC_5818.jpg

DSC_5819.jpg
 ギネス認定、世界一狭い土渕海峡とその隣にある「迷路のまち」へ
 しばらく散策したけど、どこが迷路なのか、ちょっと???

IMGP6029.jpg

IMGP6025.jpg
 小豆島八十八カ所58番「西光寺」とその門前にあった「ブイ」で作ったお地蔵さんです。  

IMGP6031.jpg
 迷路のまちを後に15分ほど走った先にある前回、時間が無くてパスした「重岩(かさねいわ)」へ
 県254から少し狭い道を上っていきます。画像の灯籠の手前は駐車場になっており、乗用車でもここまでは登ってこられます。

DSC_5825.jpg

DSC_5829.jpg
 ここから階段を登って行きます。
 暑い時期には結構厳しい道のりです。(所要時間約15分)

DSC_5830.jpg
 見えてきました。重岩です。

DSC_5831.jpg
 自然・・・に出来たものなのか、摩訶不思議(^_^;

DSC_5832_20190908194543acb.jpg

IMGP6033.jpg

IMGP6037.jpg
 瀬戸内の絶景が広がります。
 しばし眺めて、ちょっとまったり気分に・・・。
  

続きを読む

涼を求めて ~瀬戸田町夏まつり花火大会へ~

 こんにちは! のぼうです。

 8月も終わりに差しかかり、朝夕は少し過ごしやすくなってきましたが、早くも秋雨前線?の影響で今週も来週も☂予報。
 今回は、10日ほど遡ったお話です。(^_^;

DSC_6010.jpg
 8月17日(土)、日中を走り回るのは、危険なくらいの猛暑、夕方からなら大丈夫かなと思い、しまなみ海道の「生口島」で開催される瀬戸田町夏まつりの花火大会を見に行ってきました。
 15時15分、忠海港発のフェリーで大三島盛港に向かいます。(ここまでは暑かったぁ)

DSC_6012.jpg
 今回の”足”は冒険参号ヤマハXTZ125Eです。

IMGP5931.jpg

IMGP5933.jpg
 花火までに時間もあり、まず向かったのは大山祇神社奥の院に続く道にある「生樹の御門」です。
 大山祗神社で有名なのは、境内の中にある「乎知命御手植の楠(おちのみことおてうえのくすのき)」です。樹齢2600年と言われています。でも、そのクスノキよりも400年も古い樹齢なんと3000年のクスノキだそうです。
 知る人ぞ知るパワースポットとのこと。(勿論、くぐってみました。)

IMGP5935.jpg
 その後、この日は大潮でもうすぐ干潮ということで、急ぎ道の駅多々羅しまなみ公園の南にある「甘崎城跡」へ転進します。(ひょっとしたら渡れるかも!)

 IMGP5941.jpg
 残念ながら”道”は見えません・・・が、

IMGP5946.jpg

IMGP5947.jpg
 海を歩いて渡ってる!(゚Д゚) 
 膝まで浸かりながら海を渡りきったお兄さんに声を掛けてみると、「正面は深いところがあるので、(自分が渡った)この道が丁度良いですよ。2週間前には島まで”道が現われたらしい”ですよ」とのこと。
 どうも、干潮ならば膝まで浸かる覚悟があれば渡れるらしい。(今回はサンダルがないしパス)

IMGP5950.jpg
 ところで、看板の下(バイクの影)にあるこの靴、てっきりそのお兄さんのものと思っていたら、お兄さん、サンダル履きのまま歩いて帰られました。 この靴は・・・もしや(゚Д゚)

 ここで、同じように渡れるかとスクーターで来られたライダーさんとしばし歓談。
 ドローンを飛ばして撮影されていました。
 いろいろとお話を伺い、特にドローンを取り巻く環境の厳しさにちょっとビックリ!(とても勉強になりました。)

 その後、撮影スポットを求めて、多々羅大橋展望台へ
 ここからだと多々羅大橋と花火を一緒に撮せそうです。既にお二人のカメラマンがスタンバイしていました。
 そして、20時30分花火が打ち上がりました。

IMG_6002.jpg

IMG_6004.jpg

IMG_6015.jpg
 その際の画像です。ちょっと距離があったので、花火が遠いのですが、多々羅大橋と一枚に収まったので満足、満足。

 実は、ちょっと事情がありまして(^_^;
 
 展望台に登って、カメラマンの方に撮影方法とか伺うと・・・
「三脚は?」
    「持ってきてないです。」
「レリーズは?」
    「持ってないです。」
「う~ん・・・。 ちょっと待ってて」

 無知な親父を哀れに思われたか、親切なその方は、カメラをもう1台持ってこられて、三脚にステー(2台のカメラが取り付けられる。)ともう1台のカメラを設置され、更にレリーズ代わりにオンオフできるスマホをのぼうに手渡してくれて、

「良かったら、これで撮影してみて」とのこと。(SDカードはのぼうのカードに入れ替えました。)

 全てお任せで、のぼうは手渡されたスマホでオンオフしながら撮影したのが上の画像です。(笑)
 親切なカメラマンの方には、丁重にお礼を言ってお別れしました。

 ただ、 ただ・・・ちょっと思うのが、この画像、のぼうが撮ったと言えるのか・・・・。(^_^; まあ、いいかな。

 21時で花火は終了、その後、2時間ほど夕涼みしながら帰りました。(今回も”涼”をゲット!)


 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。











 


 
 

涼を求めて ~四国山中、ぼっちキャンプへ(後編)~

 こんにちは! のぼうです。

 8月11日(日)、白猪谷オートキャンプ場を出発し、”涼”を求めて次の野営地に向かいます。
 県40~R194~県18を駆け抜けます。
 この県18ルート沿いには、いくつかの沈下橋とキャンプ場が続きます。

DSC00801.jpg
 片岡沈下橋です。
 以下HPから「現存する仁淀川の沈下橋では、河口に二番目に近い。県道301号線として、現在も生活道として利用されている。付近では火振り漁も行われている。」そうです。

DSC00805.jpg
 続いて、浅尾沈下橋です。
 以下HPから「越知町浅尾地区と鎌井田地区を結ぶ沈下橋。夏にはアユ釣りを楽しむ太公望たちでにぎわう。
2013年5月公開の高知を舞台とした映画「県庁おもてなし課」のロケ地にもなった。」そうです。

 途中のキャンプ場(もっぱら河川)にも立ち寄りましたが、どこもファミキャンパーで一杯でした。(しかも暑そう)

DSC_5971.jpg
 県18~R439~再び県18を経由して、やって来たのは吾川郡仁淀川町森4231番地 にある「星ヶ窪キャンプ場」です。
 
DSC00807.jpg
 以下HPから「長者集落の山頂部は平らな広場。隕石が落ちた跡と言われる「星の池」が中央にあり、キャンプ場として利用されています。ここには昭和34年まで草競馬のコースがあり、1万人もの観客で賑わっていました。」そうです。
 確かに、真ん中に”らしい”池があります。

 このキャンプ場には3年前に来たことがありますが、その時は”雨”だったので、あまり様子が分かりませんでしたが、今回は時間もあるのでゆっくり見て回りました。 山頂にあり、夏でも涼しいです。シーズンでも人が少なくて、静かなキャンプ場です。

DSC00808.jpg
 トイレはキャンプ場入り口にある”星の厠”だけですが、綺麗に清掃されています。(池の近くに、新たにトイレを建設中)
 炊事等はありませんが、池の近くにあるプレハブに流し等があり、自由に使えます。水については,3戸ほどあった東屋にそれぞれ水道がありました。

DSC_5963.jpg

DSC00828.jpg
 東屋のひとつを幕営地に決めてテントを設営。時折、雨が降ってくるので、バイクは東屋に避難しました。
 テントは、BUNDOK(バンドック) ソロドームテントです。
 長所は重量約1.6kgと軽量なこと。設営も簡単でした。今回、雨に打たれましたが防水性も十分でした。
 バンドックはホムセンでよく見かける製品ですが、安価ですが作りは価格以上かなと思います。

DSC_5960.jpg
 越知町のスーパーで買い出しした際に買った遅めのお昼ご飯です。
 昼食後、お風呂に入りたくて中津渓谷ゆの森へ
 

続きを読む

涼を求めて ~四国山中、ぼっちキャンプへ(前編)~

 こんにちは! のぼうです。

 夏らしい、暑い日が続きますね。
 と言うわけで、涼を求めて第二弾! 四国山中へキャンプに行ってきました。

DSC_5897.jpg
 8月10日(土)、いつもの竹原市忠海港へ
 今回は、しっかりと積載できるクロスカブで向かいます。
 それにしても、手前にある黄金のソフトクリーム、「あれ」にして見えないのは、のぼうだけだろうか・・・。

 大三島盛港へ上陸し、しまなみ海道を抜けて今治を目指します。

DSC_5901.jpg
 大島の亀老山展望公園へ
 まだ9時前ですが、日陰でじっとしているだけで汗が滲んできます。

DSC_5905.jpg
 今治では、最近、恒例となりつつあるマルトモ水産(株)に立ち寄り、ちょっと早めの昼食を。
 ここは10時開店なので、今治上陸後、まだ行列ができる前に寄ることができます。
 海鮮丼のお魚は、厚みがあり、新鮮なもので食べ応え十分です。

DSC_5906.jpg
 今治市内で買い出しを済ませてからR194を南下し、寒風山トンネル手前から瓶が森林道を目指します。
 旧寒風山トンネルです。
 そこそこ長いトンネルですが、トンネル内には灯火はなくカブのライトだけでは、漆黒の闇を進んでいるようです。(夜、一人では来れないなぁ(^_^; )

DSC00775.jpg
 旧寒風山トンネルを抜けたところで小休止。
 画像真ん中は、伊予冨士への登山道です。
 ちょうどお昼頃に着きましたが、下山される山ガール、山ボーイが汗を拭いながら下山されていました。
 画像の手前には以前、茶屋があって、買い出しの足しもできたのですが、今はこじゃれたカフェになってます。

DSC_5911_20190817115457967.jpg

DSC_5917_2019081711545853d.jpg

DSC_5925.jpg
 あ~来て良かったぁ。
 涼を求めて、今回はしっかりと目標を達成しました!(笑)
 頬に当たる風が爽やかです。気持ちいぃ~です。

DSC_5927.jpg
 果てしなく続く山々と鮮やかな青空です。
 しばらく、何も考えずに眺めていました。(黄昏れる親父)

DSC_5933.jpg

DSC_5934.jpg
 瓶が森林道から望む石鎚山(一番高い山)です。
 今年こそは登ってみたいものです。ただし、鎖(高い所)は苦手なので迂回ルートですが・・・。(笑)


続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数