FC2ブログ

小豆島愛どんだけぇ  ~秋の瀬戸内芸術祭編(前編)~


 台風19号で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 一日も早い復興をお祈り申し上げます。 


 こんにちは! のぼうです。

 タイトルをご覧の皆さん、恐らく「どこまで小豆島が気にいったんの?」と思われているのでは(笑)
 秋の瀬戸内芸術祭の初日となる9月28日(土)、三度の小豆島訪問に駆けてきました!
 と言うわけで、今回も小豆島の魅力をお届けします!


新岡山港発9時30分のフェリー目指して、5時30分に東広島市を出発。画像は朝日に映える沼田川です。
 実は、☂予報だったのですが、なんとか天気が持ちそうな雰囲気。

DSC_6311.jpg
 9時過ぎに新岡山港へ到着。フェリーは・・・前回よりちょっと小ぶりな感じ。

DSC_6312.jpg
 冗談です。
 小豆島へは、”ちゃんとした”フェリーで向かいます。約1時間10分の船旅です。

DSC_6320_2019101519580247c.jpg

DSC_6322.jpg
 10時40分に小豆島土庄港に到着、早めの昼食に立ち寄ったのは、「おおみねのうどんや屋さん」
 30年以上続く製麺所のセルフ店、麺にはもちもち感とさぬきうどんならではのコシとツルツル感が特徴の[さぬきの夢]を使用しているそうです。理屈抜きに、食感といい、喉ごしといい、美味しいうどんです。
 注文したのはぶっかけ大@350ですが、画像左にある選べるぶっかけ醤油も良いです。

DSC_6324.jpg
 いつもですが、世界一狭い土渕海峡に立ち寄りました。この日はチャイナの方々で賑わってました。
 そして向かったのは・・・。

DSC_6333.jpg

DSC_6335.jpg
 二十四の瞳映画村。
 以下HPから借用「小豆島町田浦地区よりさらに700M南、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平方Mの敷地に大正・昭和初期の小さな村が出現しました。これは、映画「二十四の瞳」(監督:朝間義隆、主演:田中裕子)のロケ用オープンセットを改築したもので、あの名場面がここで撮影されました。木造校舎、男先生の家、漁師の家、茶屋、土産物屋・・・。
 また、壺井栄文学館では、生前壺井栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」を常時上映しています。」とのこと。

 一番の目的は・・・。
DSC_6339.jpg
 今年の7月に新たにオープンした海洋堂のフィギアギャラリーです。

DSC_6340.jpg

DSC_6341.jpg

DSC_6342_20191015195814dac.jpg
 迫力満点のケンシロウをはじめ、懐かしいフィギアも展示されていました。

DSC_6343.jpg
 圧巻のシン・ゴジラ。小さなギャラリーですが、しっかり楽しめますよ。

DSC_6352.jpg

DSC_6349.jpg
 ノスタルジックな再現された町並みと痛々しいバカボン・・・。

DSC_6354.jpg

DSC_6356.jpg

DSC_6364.jpg
 舞台となった岬の分教場です。
 映画のワンシーンにいるようです。

DSC_6365.jpg
 この頃には☂予報にも関わらす、この頃にはすっかり晴天です。

 どんだけ、日頃の行いがいいのか! 儂っ!(笑)

DSC_6375.jpg
 二十四の瞳映画村、随分以前に来たときより、随分と整備されていました。
 ゆっくり時間を過ごすことが出来る良いスポットでした。

DSC_6391_201910151959520e8.jpg
 続いて立ち寄ったのは、坂手港近くにある食堂”大阪屋”さん。遅めの昼食です。(笑)

DSC_6388.jpg
 注文したのは醤丼(という海鮮丼)です。
 ん~ちょっと小ぶりな丼、さしたる特徴もない丼でした・・・。
 
 昼食の後、近くの瀬戸内芸術祭を回ってみました。

DSC_6393_201910151959543bd.jpg
 坂手港に展示されているヤノベケンジ作「スター・アンガー」です。
 実は回転しています。夜間はライトアップされてるそうです。
 でも、何故にトカゲ?怪獣?

DSC_6397.jpg

DSC_6399.jpg
 「美井戸神社」、どうもビート神社と読むらしい。
 ビートたけし×ヤノベケンジ作なのが名前の由来かな。
 水の神様を祭っているとのこと。

DSC_6403.jpg
 どう見ても、悪霊か怪物にしかみえない・・・。永年展示だけど、瀬戸内芸術祭の期間中は30分毎に水を吐き出すようです。

DSC_6407.jpg
 醤の郷の風景です。
 最初はもっと低いところで撮影していたら、地元のおじさんが「もっと、上がったらええ写真が撮れるで」と”こいこい”の声を掛けてくれました。
 お陰で、(そのおじさんの所有と思われる)畑の中に入って撮影できました。(おじさん、ありがとう)

DSC_6414.jpg

DSC_6418.jpg
 続いて、有名観光地「寒霞渓」へ
 ハート松ベンチ・・・一人で自撮りはちょっと無理かな。

DSC_6433.jpg
 さて、今宵の宿へ・・・勿論、今宵もライダーズハウス「ライハのツボ」です(笑)
 池田港からR436を東へ約2km、入り口の目印は(隠れてますが)「小豆島ヴィラ」の石の看板です。
 ここから約7km、ひたすら宿があることを信じて登ります。

 ここで注意事項、チェックインは明るいうちに! はっきりって、暗くなると街灯もないので暗いです。くじけそうになるかもです。
 頂上に近づくにつれ、路面もやや荒れていたり、(小さい)落石もあったりするので、明るいうちにチェックインを目指しましょう!

DSC_6434.jpg
 この案内板が見えたら、もう少しです。

DSC_6435.jpg

DSC_6438_20191015200013200.jpg
 頂上近くのロータリーには楽しい看板が掛かっています。
 そこから見えるリゾートマンション、今は廃墟です。

 無事にチェックイン! 

 今宵は貸し切りみたいっ!(オーナーには悪いけど、貸し切りの楽しみが・・・わくわく)

DSC_6446.jpg

DSC_6444.jpg
 2階にある男子部屋です。
 貸し切りの楽しみ・・・重低音のホームシアター独り占め(笑)

 ちなみに、独りの時は夕食は持ち込みです。(複数人かつ好天の場合はBBQとかあったりします。)

 夕食を済ませ、オーナーの熱い小豆島への思いを聞いた後、ホームシアターへ(笑)
 オーナーのお勧めで、夜は「ゼロ・グラビティ」(画像なし)、朝に↓を鑑賞しました。

DSC_6447.jpg

DSC_6448.jpg
 HEART&SOULSはオーナーお勧めNO1とのことでしたが、確かに、魅入ってしまいました。
 なんか一日が楽しくなりそうな気持ちにしてくれる映画でした。

 オーナー、こんな感じで良いですか(笑)

 DSC_6454.jpg
 さて、小豆島二日目の、朝です。
 朝食はオーナーの入れてくれた香り豊かな珈琲とピザ。
 ホームシアター、堪能しました。
 癖になります。

 二日目は秋の瀬戸内芸術祭、オーナーとお勧めの作品を観て回ることに・・・。(つづく)
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

小豆島




内地から渡ると往復有料ですが、四国は高松から渡ると片道料金で往復できる



http://takanee3.blog129.fc2.com/blog-entry-3153.html


さすが香川県の島


No title

むらさん、コメントありがとうございます。

 何という、えこひいき(怒)

 小豆島ラインで現状を確認すると、むらさんの記事では有効期限2日間でしたが、昨年12月に復活した同キャンペーンでは、有効期限3日と
さらなるサービス向上(えこひいき)が計られてました。

 出来れば岡山県民から怒りの声を上げて欲しい・・・。

おはようございます。

小豆島に来ていただいて有難うございま・・・

ていうか、(お帰りなさい)感が出てきましたね(笑)

みんなのセカンドハウス、(ライハのツボ)です。

にしても、映画村に行きたいのに入場料が勿体無い私にとって、この画像は貴重!
有難うございます。海洋堂、見たかったんです。
他にもセトゲーの新作も有るんですよね。
地元民に対しては大幅な割引を是非実施して欲しいです。

でもでも、この日のハイライトは(Heart&Souls)ですよね?
この先、どんな映画を見ても、ずっとマイベスト3に入り続けると思います。

(のぼう)さんにとっても、そうであったら感無量です。

でわでは、今日も良い一日を!

No title

ライツボオーナー様、コメントありがとうございます。

 オーナーのお陰で3ヵ月連続で小豆島を訪問してしまいましたが、いやぁ~見どころ盛りだくさんで、楽しいです。
 まだ、お勧めのお店を全部回ってないし、まだまだ通わなければと思っています(笑)

>でもでも、この日のハイライトはでもでも、この日のハイライトは(Heart&Souls)ですよね?
>この先、どんな映画を見ても、ずっとマイベスト3に入り続けると思います。

 「Heart&Souls」は、心を爽やかにさせてくれる映画です。
 また次回、是非ともオーナーのお勧めを(ホームシアター独り占めで)見せてくださいね!

 それにしても、高松から片道料金で往復できるのはちょっとショックでした(笑) 

No title

こんばんは、のぼうさん。私も一度行ってみたい島です。

No title

  kawakouさん、コメントありがとうございます。

 次回、今年4回目の小豆島訪問の際は事前にご連絡しますね!

 見どころをご案内しますよ。
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数