fc2ブログ

ハンターカブで阿蘇をぶらぶら!(前編) 

 こんにちは! のぼうです。

 新緑の5月中旬になりましたが、blogは未だに有休消化の3月末を彷徨っています。(笑)

 ツーリングの目的地は”阿蘇”です。 今回はハンターカブを駆り、しまなみ海道経由で四国へ、愛媛県佐田岬の先にある国道九四フェリー三崎港から大分県佐賀関港に渡り阿蘇を目指します!



 早朝、忠海港発7時30分の始発フェリーを目指します。
 雲は多かったですが、この後は晴れる予報なので安心です。



P3270410.jpg

 いつもの忠海港に到着しました。
 あちこちお色直しがされていて寄る度に表情が変わっています。(とても田舎の”待合所”にみえない)



P3270414.jpg

 忠海港の堤防の先っちょにいた釣り人さんです。



P3270415.jpg

 大三島の道の駅多々羅しまなみ公園にある”しあわせの鐘”です。
 雲も少なくなってきました。



P3270419.jpg

 道の駅よしうみいきいき館から望む来島海峡大橋です。
 大三島盛港から約30分、来島海峡大橋を渡れば四国上陸です。

 しまなみ海道を抜けて今治市へ上陸後、R317で松山市へ、R56、R378”夕焼けこやけライン”を駆けて佐田岬を目指します。



P3270425.jpg

 伊予市双海町にある道の駅ふたみで小休止。

 双海町は「日本の夕陽百選」に選ばれているそうで、道の駅に隣接するふたみシーサイド公園内の階段式護岸は焼けに染まる伊予灘の景色を楽しむのにぴったりの場所だそうです。
 ふたみシーサイド公園にはきれいな砂浜が広がっていますが、砂浜のほぼ中央になる恋人岬には”夕日のモニュメント”↑があり、春分・秋分の日の前後数日間には、モニュメント中央の穴に夕日がすっぽり収まる様子を見ることができるそうです。



DSC_0458_2022051120305166b.jpg

 続いて、双海町大久保にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線(愛ある伊予灘線)の下灘駅(しもなだえき)はに立ち寄りました。
 ホームから伊予灘を眺めることができて、国道378号が開通するまでは、ホームの下にすぐ波が打ち寄せるほど線路と海岸が近接した「日本一海に近い駅」だったそうです。

 訪問するのは3回目ですが、週末はいつも観光客で賑わっているようです。



P3270427.jpg

 観光客が切れたところでパチリ。恋人達?は伊予灘を眺めながら、何を語らう・・・。



HORIZON_0002_BURST20220327114413360.jpg

 大洲市長浜甲にある長浜大橋です。
 昭和10年に竣工した古い橋で、全体が赤く塗られていることから、地元では「赤橋」の愛称で呼ばれているそうです。 
 橋の下に船を通すため、中央部の18メートルの区間を跳ね上げて開閉することができるバスキュール式(跳ね上げ式)可動橋で、日本で現存する道路開閉橋としては最古とのこと。
 まだ跳ね上げている姿を見たことがないので、ちょっと気になるところです。



HORIZON_0002_BURST20220327125003312.jpg

P3270439.jpg

 R378からR197へ、佐田岬半島にはいりました。

 画像は、西宇和郡伊方町にある”せと風の丘パーク”にある展望デッキです。
 北に瀬戸内海、南に宇和海が広がる佐田岬半島の尾根に風力発電用の白い風車が並んでいます。
 
 しばし、眺めてホッコリします。



続きを読む

スポンサーサイト



パロディづくしの大山ツーリング(後編)

 こんにちは! のぼうです。

 さて、大山ツーリングの後編です。

 はじめに、タイトルにある「パロディ」ですが、前編でネタが尽きてしまったので、後編に新ネタはありません(^_^;



 だから、ないんだってば(睨むなよ)(笑)



 さて、宿営地”皆生温泉”にやって来ました。
 今宵のホテルは、”湯快リゾート 皆生温泉 かいけ彩朝楽”さん、安価なれど定評のあるバイキング形式の夕食、朝食に関心があったので、お試しと思い宿泊しました。

 さて、その夕食ですが”春の絶品まぐろフェア料理集合”↓キャンペーンをしているという・・・。

0040_600.jpg


 で、その内容ですが・・・


DSC_0425_202204260524117c4.jpg

 ちゃんと画像のメニュー(ちょっと彩りが違うけど)がしっかりとありました。美味しくいただきました(笑)

 そうそう、直ぐ近くに歓楽街があり、(通りがかったときに)おっちゃんが手を振ってくれましたが、残念! のぼうには、もう必要がないのです。(あと10年若かかったらなぁ。)

 夕食と温泉を堪能して、早々に就寝しました。


P3250355.jpg

 皆生温泉を後にして、倉吉市を目指して東進します。
 北栄町から望む”大山”です。
 


P3250359.jpg

P3250360.jpg

 北栄町といえば”名探偵コナン”ですね。

 ”青山剛昌ふるさと館”を要する北栄町、街角のあちこちにコナンが潜んでいます。(笑)




P3250361.jpg

 公衆トイレにもコナン!(笑)



DSC_0435.jpg

DSC_0434_20220504184605edc.jpg

 やって来たのは、倉吉市関金町にある旧国鉄倉吉線の廃線跡です。
 画像は、泰久寺駅(たいきゅうじ)跡です。

 以下はHPから「かつて倉吉駅から関金の山守駅まで約20キロを結んでいた国鉄倉吉線。昭和60年3月末で廃止となり72年の歴史に幕を閉じました。廃線から月日がたった今でもレールやホーム跡が残り、関金周辺をはじめ倉吉市内各所にその遺構を残しています。関金にある泰久寺駅跡から山守トンネル入口付近までは竹林の中に廃線跡があり、幻想的な風景が広がります。旧国鉄倉吉線廃線跡は山守トンネルを除き、自由に散策していただけます。」とのこと。

 今もレールが残存しているのは泰久寺駅の東西と西隣の山守駅の間に一部残っているだけだそうです。



P3250367.jpg

TRIANGLE_0001_BURST20220325115517670_COVER.jpg

 泰久寺駅から山守駅方向に歩いて行くと、まもなく竹林に囲まれた線路跡に出会います。
 線路の間から3本の竹が伸びており、年月の流れを感じました。



P3250375.jpg

 こちらは、泰久寺駅から東方向にある関金駅方面に残っているレール跡です。



P3250376.jpg

P3250378.jpg
 
 廃線跡を後にして、お昼御飯にやってきたのは、倉吉市関金町関金宿にある”やまびこ”さんです。

 注文したのは”黒いカレー”です。最初は、あまり辛くないかなと思いながら食べていましたが、次第に程よい辛さが広がってきました。美味しくいただきました。

 先の廃線跡もやまびこさんの黒いカレーも、岡山のむらさんのblogから情報をいただきました。(感謝)



P3250381.jpg

 昼食後、帰路につきます。
 画像は、R313とR412の交差点にある蒜山展望台からの展望です。



P3250384.jpg

P3250398.jpg

 帰路、野中地蔵さんにお参りしました。
 R482沿いにある道の駅「風の家」から西進1kmほどに右に折れる脇道があり、ここから2km程進んだ先になります。
 ここからの展望はなかなかよいですよ。

 まず誰も居ません。(笑)



HORIZON_0002_BURST20220325132921332.jpg

 野中地蔵さんはこの木の下にひっそりと佇んでいます。


 ”野中地蔵さん、どうかあと20年くらいはバイク乗りでいられますように!”


 その後は、R180~R183~R375を経由して、無事に帰宅しました。


 今年初めての大山、美しい大山が見れてよかったぁ。



 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。


 
 

パロディづくしの大山ツーリング(前編)

 こんにちは! のぼうです。

 今回は、弘法山キャンプから中一日空けての3月末の有休消化期間中のこと。
 久しぶりにVストを駆って、春の大山に行ってきました。

P3240299.jpg

 東広島市を出発して北上します。
 世羅町抜けてR432を北進し、立ち寄ったのは「備後矢野駅」です。
 
 これまでR432を駆けることは幾度もありましたが、備後矢野駅に立ち寄ったのは初めてです。
 先日、キャンプしたむらさんの話の中に、備後矢野駅のお蕎麦屋さんの話があり、立ち寄ってみました。
(ちなみに、むらさんはまだ立ち寄っていない・・・(笑))

 それにしても、駅舎の前に黄色い(幸せを呼ぶ)ポスト、ただ者でない雰囲気がある!



P3240306.jpg

P3240301.jpg

 駅舎に入ってみると食堂がありました。「びんご矢野駅内食堂」というらしい。
 名物は3色のお餅が入った「福縁阡うどん」です。



P3240302.jpg

P3240309.jpg
 
 勿論、名物のうどん・・・いや蕎麦を注文しました。
 よもぎ、きび、梅もちと3種類のお餅がのったお蕎麦です。
 価格も縁起を担いだ「555」縁でした。
 美味しかったですよ。普通にお腹一杯になります。


P3240303.jpg

 落ち着いた雰囲気の店内でした。



DSC_0396_20220426052357cb0.jpg

 駅舎の中には、いろいろな当時物な展示されています。が・・・・



P3240310.jpg

 これは当時物では・・・ないですね。(笑)
 写真を取っていると、食堂のお姉さんが「上下駅」にはもっと面白い物がありますよ!と



P3240315.jpg

P3240304.jpg

 線路側から見た備後矢野駅舎です。
 さて、なかなか目の据わった猫・・・。 お蕎麦をいただいている間、駅のホームから微動だにせずにのぼうを見つめて(睨んで?)いました。(笑)
 


P3240319.jpg

 お姉さんに教えていただいた上下駅にやって来ました。
 
 面白い物とは・・・。



P3240322.jpg

 「ガンダム 上下に立つ!」(笑)



P3240320.jpg

P3240321.jpg

 備後矢野駅に展示してあったガンプラと同じ制作者の作品とのこと。

 それにしても、モビルスーツをお雛様になぞらえるとは・・・。(その発想に驚愕する)

 機動戦士ガンダムがはじめて放映されたのは、のぼうが高校三年生の時でした。あれから42年、いまだに連邦とジオンを舞台に映画が作られています。(これも驚愕に値しますね)

 大山に向けて出発です。



P3240333.jpg

 途中、R181沿い日野郡日野町根雨にある「金持テラスひの」でトイレ休憩です。



P3240327.jpg
 
 やっぱり雛人形でパロってた。(笑)



P3240325.jpg

P3240330.jpg

 時節ネタに敏感な人形達、でも人形達の言うとおりですね。(しみじみ)

 

P3240338.jpg

 大山の麓にやって来ました。
 のぼうは、県52から望む大山が好きです。
 


P3240340.jpg

 添谷展望駐車場にて



P3240344.jpg

 県52と県45の交差点から少し北上した地点です。

 まだしっかりと雪を被った大山が美しいです。

 しばし、まったりと眺めます。



HORIZON_0001_BURST20220324150714247_COVER.jpg

 ムーミンが出てきそうな「Cafe ふるーるの丘」に立ち寄りました。

 もう幾度も立ち寄っていますが、未だにオープンしているところを見たことがない・・・。(笑)

 大山を横目に見ながら、今宵の宿へ向かいます。 
 今宵は皆生温泉泊♪
 宿の近くにファッションビルらしきものがあり、強面のオッサンがのぼうのバイクに手を振っていたぁ(笑)

 後編につづく
 





おっさん二人でゆるキャン(後編)

 こんにちは! のぼうです。

 再開と銘打ちながらも、やっぱりのんびり更新しています。(汗)

 さて、オッサン二人でのゆるキャンの翌日です。 


1649710962536.jpg

 三次市にある奥田元榮・小由女美術館で開催された藤井フミヤ展のポスターですが、なぜオッサン二人のゆるキャンに出てくるのか・・・。(後ほど)



P3220277.jpg

 夜中にけっこうな雨が降りました(予報どおり)が、屋根付きキャンプ場で助かりました。 
 ただ、夜半から翌朝にかけてけっこう冷え込みましたが、厚着+シュラフの2枚重ねでなんとか凌ぎました。

 吐く息が白いっ!むらさんです。(笑)



P3220279.jpg

 こんな朝はやっぱり焚き火ですね。
 朝から鉈を振るうむらさんです。



P3220280.jpg

P3220284.jpg

 朝食は、日帰り参加してくれたともチンが差し入れてくれたヨーグルトとパンを温めます。
 ヨーグルトは昨日寄った世羅高原ファームランド ジェラート工房 Donnaのヨーグルトです。とても濃厚でした。



P3220281.jpg

 濃厚だなぁ、のむヨーグルトなのになかなか飲めないとのぞき込むむらさんです。


P3220287.jpg

 次いで、コーヒー豆をゴリゴリして美味しいコーヒーを入れてくれるむらさんです。


 なんだか、blogがオッサンの生態記録みたいになってきた。(笑)
 
 コーヒーを飲みながら焚き火で暖をとり、昨夜の話の続き・・・やっぱり介護ネタっ(爆)



P3220291.jpg

P3220292.jpg


 さて、いこいの森弘法山キャンプ場ですが、三次市の施設ですが管理は↑「あみん」さんに委託されているとのこと。
 予約の受付はあみんに連絡するようになっています。

 軒下に薪が置かれています。ひと籠500円です。
 夜中でも、薪が切れたら備え付けの缶にお金を入れて持ち帰れるので便利でしたよ。
 
 撤収に向けて片付けをしていたら、お昼近くになったので、あみんで昼食を取ることに・・・。



P3220295.jpg

P3220294.jpg

 平日でしたが、地元の方々も利用されているようで、何人かお客さんがおられました。

 あみんのおばちゃん 「寒かったじゃろう」、
 オッサン二人 「ちょっと(寒さが)厳しかったぁ」 「しっかり焚き火をしましたよぉ」「夜中、大雨でしたぁ」
 薪を補充にきたおっちゃん 「こんな寒いときによう(キャンプ)するよのう」
 あみんのおばちゃん 「沢山、薪を買ってくれたそうよ」
 薪を補充にきたおっちゃん 「おお~ありがと~の~」

 こんな会話を交わしながら、注文したカレー(大盛り)をいただきました。(美味しかった)

 
 はじめにある藤井フミヤ展ポスターの話はここからです。

 あのポスター、あみんの店頭に貼ってあったものです。

 おそるおそる、あみんのおばちゃんに 「入り口に貼ってあるポスターって予備とかないですよねぇ」 と聞いてみる。
 「余分はないけど,あれで良かったらあげるよ。もう終わったからええよ」とポスターを剥がして持ってきてくれました。(大感謝!)

 「庄屋の娘も口説いてみねば知れぬ」というのはオーバーですが、言ってみるもんだなぁとしみじみ・・・。 

 実を言うと、日帰り参加のともチン、大の藤井フミヤファンでフミヤ展に5回も通った強者です。
 昨日も店頭のポスターを見つけて、キャアキャアと歓声をあげていました。


 
 さて、食事を終えたオッサン二人、ここで解散です。

 むらさん、焼き鳥美味しかったですよ。ごちそうさまでした。
 お世話になりました。


 さて、頂いたポスターですが・・・。



1649764513381.jpg

 額に入れられ、リボンも付けてもらい、ともチン家で大切に飾られているそうです。
 (ところで、1枚目の画像はポスターではなく、リーフレットだよ!ともチンから突っ込みがありました。)


 なんかオチのない話になりましたがおしまいです。

 親父の備忘録ブログにご訪問いただきありがとうございました。

(再開) おっさん二人でゆるキャン(前編)

 こんにちは! のぼうです。

 前回の更新から当分の間、ご無沙汰していました。
 コロナ禍でなかなか動けないこともありましたが、昨年末に入院した両親の介護問題が浮上し、転院や入所の準備、手続きに奔走していました。
 また、私自身は、3月末に定年退職しまして、社宅からの引っ越し、再就職等々の対応もあり、なかなか更新等できずにいました。3月下旬、それらがひと区切りしたことからあれこれと活動(遊び)を再開しました。
 今後とも宜しくお願いします。

 今回は、岡山のむらさんとのゆるキャンです。(笑)

P3210218.jpg

 3月21日(日)の春分の日、この日はお昼は晴れですが夜半から雨という予報。むらさんは車で来られるということで、のぼうも車で合流場所へ向かいます。

 やってきたのは、三次市甲奴町小童にある「手打ちそば山菜料理わらべ」さんです。
 この場所を指定したむらさん曰く、座敷わらしが出るらしい・・・。
 確かに、相当な年季が入っている。

 ちょっと早く着いたので、むらさんを待っているとLINEに連絡が入りました。

 「はづき着」との内容・・・?

 はづきは、尾道市の山あい、原田町にある「手打ちそば はづき」さんのこと。
 むらさんも、はづきに着いて、どうみても座敷わらしが出そうにないと気づいたようで・・・。(笑)
 まあ、勘違いというオチでした。

 ということでそれぞれ食事をして、次の場所で合流することに・・・。



P3210217.jpg

P3210225.jpg

 11時のオープンと同時に店内に入りました。
 店内では、蕎麦打ちの状況を見ることができます。



P3210227.jpg

P3210229.jpg

 注文したのは、親子丼+蕎麦のセットです。
 画像が2枚に別れているのは、親子丼と蕎麦がかなりの時間差で出てきたからです。
 順次打っているのでしょうから、美味しいお蕎麦をいただくには仕方ありませんね。

 食事を終えて、次の合流地点に向かいます。(笑)



P3210241.jpg

 やって来たのは、世羅郡世羅町にある「世羅高原ファームランド ジェラート工房 Donna」さんです。

 

P3210230.jpg

P3210233.jpg

P3210243.jpg

 建物の隣では、馬や山羊?に餌やりをすることができます。
 餌は干し草を固めたもので、財布を出したところから、馬たちがジッと見つめてきます。(3枚目画像)
 餌が切れると、もっとよこせ!とばかりに餌皿?のドラム缶の端をくわえて左右に揺らし、ガツンガツンと音をたてて催促してきます。(笑)



P3210234.jpg

 ご紹介が遅れました。
 一緒によく遊びに行く仲良し4人組のひとり、ともチンが日帰りで参加してくれました。
 馬好きらしく、餌の大盤振る舞いから、なでなでタッチとフルコースで楽しんでいました。

 ここで、むらさん登場(画像なし)



P3210240.jpg
 
 三人で美味しくジェラートをいただきました。



P3210252.jpg

 合流後、近くにある「四季の里キャンプ場」(府中市上下町)の下見に行くことに。



P3210246.jpg

P3210247.jpg

P3210245.jpg


 春の開業に向けて、掃除や点検をされていました。
 バイクならフリーサイトで1100円とまずまず良心的な価格でした。
 ピザ釜も事前に予約すれば利用できるとのこと。

 4月にはオープンするとのことでした。



P3220296.jpg

 四季の里を後にして、やって来たのは三次市甲奴町にある「いこいの森弘法山キャンプ場」です。

 このキャンプ場の最大の特徴は、画像にあるドームがあることです。地面が固いのがやや難点ですが、全天候型サイトです。
 夜半からは雨予報だったので、迷わずドーム内に幕営しました。



P3210256.jpg

P3210257.jpg

 翌日は平日とあって、皆さん引き揚げられました。ドーム内は我々と先に見えるソロキャンパーがひとりだけ。
 下の画像はむらさんの「ショウネンテント」です。実戦初投入とのことで、見せて頂きましたが、居住性抜群ですね。ポリコットン素材なので、少々嵩張ることと重いのが唯一の難点(バイクツーリングの話。車なら関係ないですね)でしょうか。



P3210258.jpg

 むらさん、どてらを着込んで万全の防寒対策(火にも強い)です。
 この日は、斧と鉈を持参していて、早速に焚き火の準備です。



P3210262.jpg

 ひと落ち着きしたところで、恒例の儀式です。(笑)
 横で見ていたともチン、大爆笑でした。



P3210260.jpg

 さあ、乾杯! 楽しい宴の始まりです。(日帰りのともチンは、もちろんノンアルですよ。)



P3210264.jpg

 しっかりと細い薪を用意したので焚き火もしっかりと燃え上がりました。(むらさん、どや顔です。)



P3210263.jpg

 のぼうの料理は、いたってシンプルな鹿肉炒めです。
 淡泊な味わいであっさりと食べれました。



P3210267.jpg

P3210269.jpg

 焚き火台で炭をおこしてから、炭火焼鳥の「火曜水曜どうでしょう」が開店しました。
 むらさん、前日から仕込んでいたとのこと。お肉も柔らかくて美味しくいただきました。(ご馳走様!)

 このほか、ともチンが差し入れてくれたお握りを頬張りながら、あれやこれやとお酒と話(専ら介護、健康、老後)が進みます。



P3210272.jpg

 しっかり盛り上がっているところに、不意に車が進入してきてパッシングをするじゃあないですか!(誰じゃい!)

 この日、夫婦水入らずで旅行に行かれていたマダイさんご夫妻が帰り道に寄ってくれました。(お酒の差し入れもいただきました。)
 みんな揃って記念撮影です。
 しばしの歓談の後、解散です。マダイさんご夫妻に続いて、ともチンもお別れです。(お握り、お酒の差し入れありがとうございました。)



P3210275.jpg

 その後は、むらさんと焚き火を挟んで酒を飲み交わします。
 話題は、やっぱり介護、健康、老後の話が中心ですが、しっかり人生を楽しもうという話で締めくくり、就寝しました。

 翌朝につづく


 
プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT、ハンターカブCT125、XTZ125(中華製)を駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数