FC2ブログ

伯耆大山を目指して(番外編)

 こんにちは! のぼうです。
 
 七月豪雨災害から1ヵ月経過しました。
 ここ当分、バイクに火を入れることもなく鬱々と過ごしていましたが、気持ちを切り替えるべく、8月5日(日)伯耆大山まで駆けて来ました。

 きっかけは、「植田正治写真美術館」での水鏡に映された大山の姿(まっぷる参照)です。
 なんだか、無性に大山の姿を見たくなり・・・・。


 朝6時に出発、気温はまだ24度程度、久しぶりのメッシュジャケットに涼しい風を受けながら、一路大山を目指します。
 R183の県境にある道後山高原クロカンパークで小休止です。

IMGP2666.jpg

IMGP2670.jpg
 やって来ました伯耆大山、ここ当分、高気圧に覆われて猛暑の日々ですが、おかげで大山がしっかり見れます!
 ここは、江尾からR482、さらに県道315の途中になります。段々の田んぼが青々としています。

IMGP2674.jpg

IMGP2683.jpg

IMGP2694.jpg
 県道315から県道45に入り、木谷沢渓流にちょっと立ち寄ります。
 癒やされます・・・。
 涼しい・・・はずでしたが、この時、時間は11時前、やっぱ日陰でも暑いときは暑いっ!!
 と言うわけで、早々に退散します。


IMGP2704.jpg
 鍵掛峠から見る大山です。

DSC_9946.jpg
 県道45文殊堂の手前から見た大山です。

IMGP2706.jpg

IMGP2709.jpg
 桝水高原から見る大山です。
 恋人の聖地・・・最近、あちこちで見かけます。全国にどのくらいあるんだろ(謎です。)
 小屋にいるのは山羊さんです。(独り身のようでした。)

IMGP2714.jpg
 大山まきばみるくの里(の前の道路)から見た大山です。
 ひまわりが夏らしいですね。

 そして、いよいよ目的地の植田正治写真美術館へ
 

続きを読む

スポンサーサイト

西日本豪雨災害被災地を訪ねて ~冒険号発掘編~

 こんにちは! のぼうです。

 
 一昨日、土砂に埋まったままの冒険号を、為す術もなく後にしました。

 昨日は、のぼうの実家の買い物支援のため、東広島市から東に位置する竹原市へ
 のぼうの両親は健在ですが、車での自損事故、自転車で転倒など、まあお年寄りにありがちな課程を経て、買い物が困難になり、ほぼ毎週、買い物のため訪問しています。(のぼうの世代では有りがちな話です。)
 7日(土)は、いくつかのルートを回りましたが、道路が寸断され断念しました。翌8日(日)は、広島空港までなんとか行けたので、そこから回り込んで行きました。(最も、竹原市内のスーパー等では、パン、牛乳、卵、生鮮食品が売り切れ状態。卵は3軒回ってゲット!)

 15日(日)は、国道2号線で行けました。(品物もまずまず有りました!)
 途中、目についた被災場所をちょこっと紹介します。

DSC_9884.jpg

DSC_9888.jpg
 竹原市西野町の被災状況です。(国道2号線から撮影) 
 家屋が押し流されていますが、奥の山は決して急な斜面ではないように見えます。
 奥には砂防ダムのような構造物も見えます。
 被災時は、一帯が土砂に埋もれたそうです。
 歩道に落ちていた電話機(廃棄物搬送の際に落ちたものと思いますが)・・・なんとも言葉がありません。

DSC_9900.jpg
 国道2号線の下三永「本頭(ぽんず)」バス停から見た土砂崩れの状況です。
 画像中央の山間から流れてきたようですが、どこまで奥があるのか国道からは分かりませんでした。
 ただ、決して急な斜面の山には見えません。
 

DSC_9882.jpg

DSC_9883.jpg
 国道2号線から竹原市に向かう国道432沿いにある、和賀神社(小早川神社)です。
 毛利元就の三男、小早川隆景を祭った神社だそうです。
 以前より荒れているという話でしたがトドメを撃たれた感じです。(どうなるんだろう?)

 前置きが長くなりましたが、15日(日)夜にkawakouさんに連絡したところ、バイクを掘り起こしたとのこと。(良かったぁ~!)
 16日(月)、kawakouさん家の土砂搬出のお手伝いに再び訪問することに! 

DSC_9925.jpg
 おお~っ! 冒険号にハンターカブが掘り起こされているぅうううう!

DSC_9922.jpg

DSC_9924.jpg
 冒険号の電気系統は生きているとのこと。(良かったぁ)
 エンジンを掛けるまでには、まだまだ砂とか除く必要はありますが・・・。(それは今後に期待してます!)

 今日は、一昨日の反省点(張り切りすぎて午後はガス欠)を踏まえて、午前中までということでお手伝いしました。
 そのうち、ご家族や友人、飛び込みのボランティアの方も一緒になり、土砂の搬出を行いました。

 さすがに暑さが厳しく稼働は30分が限界・・・というより、次第に短くなってしまいましたが、みんなで協力して、ひとつの目標に向かって作業するというのは気持ちの上では充実しました。(kawakouさん、ありがとう!)

 お昼に駐車場に帰るときに、多くのボランティアの方々の姿を見かけました。
 親子連れ、学生さんの姿も多かったです。
 皆さん一様に泥だらけでした。
 飲料水やお弁当も持参で頑張ってました。
 その姿に、少し元気をいただいたような気持ちになりました。

 kawakouさん、はじめ被災地の皆さん、頑張ってください。

 のぼうは、明日から仕事で頑張ります! 

西日本豪雨災害被災地を訪ねて ~冒険号埋没編~

 こんにちは! のぼうです。

 7月5日(金)から降り始め、西日本豪雨災害となった大雨も降り止み、昨日(14日)は、一転猛暑となりました。
 のぼうは、家族も家屋も被災を免れましたが、近隣には避難指示がでるなど緊張した1週間でした。

 また、東広島から広島へ向かうのに、国道2号線、JR山陽本線が土砂崩れ等で不通となり、その他の道路も陥没等で通行止めが相次いだことから、JRは新幹線で代行輸送を行う(今後も当分の間)など、前例を見ない被災状況です。

 そんな折り、今年初めに初代冒険号(BMW R1200GS-AD)の新たな主となったkawakouさん(←ブログ)から、
  「実家に置いていたバイクが、土石流で埋没してしまった。申し訳ない。」
 とのLINEが・・・。
 心配でしたが仕事を休むわけにはいかないので、週末となった昨日、少しでも支援できればと訪問してきました。


DSC_9878.jpg

DSC_9864.jpg
 kawakouさんのご実家のある町は、相当な被災を受けていると報道で知っていましたが、目の当たりにすると、被害の大きさに愕然とするばかりです。
 画像は、途中で撮ったものですが、画像下に写っている車は、原型もとどめておらず、災害の凄まじさが分かります。

1531605491407.jpg
 kawakouさんから提供を受けた画像です。
 左手のバイクは冒険号です。
 門扉を押しのけて土砂が流入しています。木製のベンチなどでバリケードを張りましたが・・・。

1531605645251.jpg
 満潮時の画像です。
 門扉の向こうには、路地と空き地です。
 水位はす少なくとも1m以上と思われます。バリケードは水没して見えません。(もとより押し流されてました。)
 ご近所では1階におられた方が水死されたそうです。

1531605067321.jpg
 水が引いた後・・・。
 土砂の堆積は、80cmから1m位でしょうか。

DSC_9873.jpg
DSC_9872.jpg
 土砂に埋もれた冒険号です。

DSC_9875.jpg
 同じく、土砂に埋もれたCT110ハンターカブ・・・。

 kawakouさんにお掛けする言葉も見つかりませんが、お父さんは避難してご無事だったのが幸いです。
 家屋の被害は甚大でした。まずは、勝手口から門扉までの道を確保するため、微力ながら一緒に土砂の掻き出し作業を行いました。
 昨日は、朝から気温が急上昇、久しぶりに、汗が噴き出すという体験をしましたが、土砂の量があまりにも多く、作業はなかなか進みません。そのうちにkawakouさんのご家族や知人も応援に駆けつけ、更に学生さんのボランティアも参加し、午後も過ぎて、道を確保できました。
 しかしながら、バイクの掘り起こしには至りません。
 土砂に埋もれて1週間を過ぎましたが・・・。
 kawakouさんの無念さをひしひしと感じます。


 現在も、安否不明の方捜索活動が猛暑の中続いています。
 早くご家族の元へ帰れますように・・・
 亡くなられた方のご冥福並びに被災された方々の生活が一日でも早く日常に戻れますよう祈念しつつ帰路へ

  

西日本豪雨災害

 こんにちは のぼうです。

 親父のブログに訪問いただきありがとうございます。

 先週末からの西日本豪雨災害で、広島県も多くの方々が被災され、亡くなられ、未だ被害の全容も掴め
ない状況です。
 猛暑となった今日も、安否不明の方々の捜索も昼夜を問わず、行われています。

 東広島市は、このブログを書いている現在でも避難指示を受けて、学校の体育館などで不安な夜を過ご
されている方々がおられます。
 
 のぼうは、幸いにも家族、親兄弟とも被災を逃れ家屋共々無事です。

 
 
 先日、訪問した愛媛県の大洲市や宇和島市も多くの被害が出ており、ニュースの映像に心が痛みます。

 この災害で亡くなられた方のご冥福を、安否不明の方々が早く、できれば無事に発見されますよう祈るばかりです。

 
 言葉足らずの文章で申し訳ありません。

 近況報告まで
 

 



 
 
 
 
 

古き町並みを訪ねて~伊予国へ~(前編)

 こんにちは! のぼうです。

 週間天気予報(2週間前の話です。)を見ていたら、この週末晴れそうじゃないですか! と言うことで前日に宿を予約し、6月16日(土)、17日(日)で愛媛県の宇和島(方面)を訪問してきました。(もちろん、100名城スタンプと御朱印帳を持参して!)


 いつものように、竹原市忠海港7:30発のフェリーで大三島盛港へ
 それにしても、来る度にオシャレになっていく忠海港です。

DSC09879.jpg
 うさぎの郵便ポストを発見・・・どう見てもただのポストにしか見えないけど・・・。

 盛港上陸後、しまなみ海道を経て今治へ上陸、今治からR317で松山へ

DSC09887.jpg
 途中、玉川ダム(再掲)でダムカードをゲット!!

 松山市内からR56で、最初の古き町並み、内子を目指します。

DSC_1815_20180627200736a87.jpg
 道の駅「内子フレッシュパークからり」で昼食です。

DSC_1816_201806272007375c0.jpg
DSC_1817.jpg
 お昼は、内子豚もろみバーガー(並)とじゃからサイダー(HPから「主原料の「じゃばら」には花粉症などのアレルギー症状を緩和するといわれている「ナリルチン」が豊富に含まれています。花粉症の季節に、またスッキリした飲み心地は暑い夏にもぴったりです。」)だそうです。サイダーはすっきりとした喉ごしでした。

【古き町並み①内子】
DSC_1818_20180627200740b3f.jpg
 いきなり観光HPから「大正期の思いが伝わる、本格的な現役の芝居小屋、大正5年(1916年)に大正天皇の即位を祝い創建された内子座。木造2階建ての瓦葺き入母屋作り、純和風様式の本格的な芝居小屋として建設されました。回り舞台や花道、桝席、楽屋などがあり当時の建築技術の粋が集められた建造物です。昭和60年(1985年)に復原工事が完了し、芝居小屋として再出発を果たしました。今では、町内外の芸術文化活動の拠点として活用されています。」
 たしかに現役でした。
 この日は公演があり、建物内の見学は不可、でも100年余り、芝居小屋として現役で使われている風格は画像からも伝わります。

DSC09910.jpg
DSC09919.jpg
 八日市護国重要伝統的建造物群保存地区(明治の町並み)です。
 内子町は江戸時代後期から明治時代にかけて木蝋(もくろう)の生産によって栄えた町。その面影が今も色濃く残っているのが、この町並みです。伝統的な造りの町家や豪商の屋敷が、当時のまま軒を連ねていて落ち着いた雰囲気です。

DSC09897.jpg旭館元活動写真館 旭館
 元活動写真館 旭館です。
 往年の名作のポスターに時が止まったような雰囲気が溢れてます。

DSC09907.jpg
 散策していて見かけた郵便受けの中の「的」???
 誰が狙って撃ってくるんだろう(不思議)

 内子の町並みを散策していたとき、自転車に乗った女子高生(女子中学生?)が道行く観光客(もちろん、のぼうにも)に「こんにちは!」と元気に挨拶していました。(男子は恥ずかしそうに無口でうつむいてました)
 内子の町並みは、清々しい気持ちにさせてくれました。(ほっこり)

 内子の町からR56で大洲を目指します。

【古き町並み②大洲】 
DSC_1825.jpg
 町並みを巡る前に、大洲城に立ち寄りました。(ここで100名城スタンプをゲット!)
 向かって左側の天守は平成16年に再建されたものですが、右側の台所櫓(だいどころやぐら)は、江戸時代の遺構です。

DSC_1826.jpg
 大洲城に入ってみると、建設当時のジオラマがあります。働く人々の表情が豊かで、思わずパチリ。

DSC_1832.jpg
 天守から望む肱川です。右手に大洲の街が見えます。

DSC_1833.jpg
 大洲藩鉄砲隊のポスターがありました。
 鉄砲隊は、大洲城天守木造復元10周年記念として、平成26年(2014)8月に結成され、現在、鉄砲隊の隊員は14名だそうです。  毎月第3土曜日午後2:00から大洲藩鉄砲隊公開練習を開催しているそうです。・・・って今日じゃん!(このとき13:30でした。)
 と言うわけで、公開練習を見ていくことに。

DSC_1829_20180627200757ca6.jpg
DSC_1828_201806272007559aa.jpg
 城内を回っていると、鉄砲隊の方々が準備されてました。
 鉄砲は、江戸時代に造られた実物とのこと。使われているのは、当時と同じ黒色火薬(成分は少し違うと思うけど)です。

DSC_1841_2018062720082139e.jpg
 いよいよ公開練習の開始です。
 火薬を扱うので、皆さん表情は真剣です。左手に持っているのは火縄です。
 赤い胴丸は女性隊員です。この日は4人参加されてました。

DSC_1866.jpg
 「弾込めぇ~」
 
DSC_1854_20180627200823036.jpg
 「構えぇ~」
 
DSC_1855.jpg
 「放てぇ~」の号令で一斉射撃です。
 「ドォ~ン」と轟音が響きます。思ったより大きな音です。鉄砲は人を殺すための道具であることを思い出しました。

DSC_1863.jpg

DSC_1865_20180627200827dde.jpg
 この日は5発発射しました。
 皆さんの凜々しい若武者振りに感動です。

DSC_1878.jpg
DSC_1880_20180627200833086.jpg
 ついつい写真を撮り過ぎました(笑)
 そうそう、最後に隊長(?)が説明されていましたが、女性隊員が4名もいる鉄砲隊は大洲藩だけだそうです(笑)

 さあ、大洲の町並みへ・・・
 






続きを読む

プロフィール

のぼう

Author:のぼう
のぼうは、広島県東広島市在住の親父ライダーです。
Vストローム650XT(2018年式)とクロスカブを駆って、もっぱら中国・四国地方を走っています。有名でないけど景色の良いところ、走って楽しい道、美味しいランチを紹介できればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブロとも一覧

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ムルティで行くキャンプツーリング・テゲテゲ日記

ときには星の下で眠る

バイクと日々の出来事・・・

しんのじの備忘録

あどべんちゃんわーるど GT
訪問者数